編集部2019年9月19日

「幸せになれるシーバス釣り」を提案します!

月刊つり人ブログ PICKUP

シーバス釣りをしている皆さんは、一日釣りをして、どれぐらい釣れたら満足されていますか? 3匹ですか? 5匹でしょうか? 

『シーバスライフ』創刊号、9月13日発売!

編集人 RIVER-WALK 若林 輝


CS_366 
定価:本体1,400円+税
A4変型判116ページ



シーバスって一日に何匹釣れば満足しますか?

シーバス釣りをしている皆さんは、一日釣りをして、どれぐらい釣れたら満足されていますか? 3匹ですか? 5匹でしょうか? たとえばガイド船のボートフィッシングだったら10匹ぐらいは釣りたいと思うかもしれませんし、数はともかく60㎝を超えるような良型を一匹でも釣りたいと考える人もいるかもしれません。

釣り雑誌の多くは「魚を釣るための情報」をたくさん集めて載せています。「よく釣れるルアー」や「釣るための上手な人のテクニック」や「釣れる場所の情報」などなど。釣りをする時に「魚が釣ること」はとても大事なことですから、そのニーズに応えようとさまざまな角度から釣るための情報を集めて提供しようと試みます。

_S4Q0507
_S4Q0160
『シーバスライフ』もまた「魚を釣るための情報」に多くのページを割いています。入門者向けの記事から、中級者以上を対象としたややマニアックな記事まで、色々な角度から「釣るための情報」を写真と文章で紹介しています。

◆関連記事
トップウォーターでシーバスを釣るための基本 4か条!

ですが今回、日本でただひとつのシーバスフィッシング専門誌を前身の『ザ・シーバス』より受け継いでリニューアル創刊するにあたり、「魚を釣るための情報」よりも、意識していこうと決めたことがありました。

それは「シーバス釣りをして幸せになること」です。

目的は「幸せになれるシーバス釣り」の提案

もちろん、そのひとつが「たくさん魚を釣ること」であるのは間違いのないことでしょう。でも遊びである釣りの場合、「たくさん魚を釣ること」は楽しむため、幸せを感じるための手段であって、目的じゃありませんよね。

_P1I2667
_P1I6767
目的はやっぱり「シーバス釣りをして幸せになること」じゃないでしょうか?

たとえばとても小さい魚でも、ねらったとおりの釣り方で釣ることができた瞬間とか、大好きなルアーで釣れたとか、水に浸かりながら心地よい風を感じてロッドを振っているだけでも幸せを感じる瞬間ってありますよね。仲間との釣り場での時間だったり、週末の釣りを楽しみにしてあれこれ道具を用意している時間だったり……。

_S4Q0577
21
そんなさまざまな「シーバス釣りをして幸せになること」を詰め込んだ一冊。シーバス釣りを日々楽しんでいる人の拠り所となるような一冊ができたらいいなと考えています。

「毎号が保存版」を目指します!

メインフォトグラファー松本賢治の臨場感あふれるエキサイティングな写真に加え、しっかりと読んでもらえる記事作りも『シーバスライフ』の目指しているところです。パラパラッとめくってオシマイ‥ではなく、本棚にしまっておきたくなるような、毎号が保存版のような気持ちで作っていきたいと思っています。

ぜひ、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします!


日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌
リニューアル創刊第一号!! 特集 水面に誘え!
CS_366
 日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌『シーバスライフ』がいよいよ発進!! 「シーバス釣りのある生活」を、今もっと楽しく魅力的にする一冊。 特集は「水面に誘え!」。ハイシーズンだからこそ、迫力のある トップウォーター&サブサーフェスのシーバスゲームにこだわりたい! シーバスの魅力を120%感じられるスタイルのヒントが満載です!! 他にも今多くのアングラーが大注目しているシーバスのビッグベイト戦略や ドリフト、バラシを減らす秘訣など入門向けのハウツー記事もバッチリ収録。 素晴らしきシーバスの魅力と、迫力のあるシーバス釣りのシーンの数々を、 臨場感あふれる写真とじっくり読みこめる文章でお届けします。

定価:本体1,400円+税
A4変型判116ページ



2019/9/12

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!