編集部2018年9月17日

多摩川フィッシングフェスティバル2018ハゼ釣り開催

月刊つり人ブログ

公益財団法人日本釣振興会主催の「多摩川フィッシングフェスティバル2018」が開催されました。

200名の定員をはるかに上回る申し込みがあり
スタッフを含めると300名以上が朝8時に会場に集まりました。

多摩川下流部で彼岸ハゼが入れ食い!

つり人編集部=写真と文

9月17日、多摩川下流部殿町エリアで
公益財団法人日本釣振興会主催の「多摩川フィッシングフェスティバル2018」が開催されました。

釣り開始は午前9時。

参加した1〜2家族に講師が一人付き、ハゼのウキ釣りを手取り足取りレクチャー。

この日の満潮は午前10時40分。

釣り開始時刻が上げ7分という時合いに重なったこともあり
開始早々から、あちこちでよく肥えた彼岸ハゼが上がりました。

人気釣りガールのみっぴも参加!


10時30分からは、小学4年生以上の希望者を対象に
多摩川河口探検を実施。

多摩川最下流部まで歩き、渚に立ち込んでの釣り。

DSC_8315
ここでは、ハゼの他コトヒキなども姿を見せてくれました。

DSC_8407
終了時刻の正午まで、参加者はハゼの小気味いいアタリに一喜一憂し
中には一人で50尾以上をキャッチされた方も。

2019年度も、多摩川フィッシングフェスティバルが実施される予定です。

2017年にスタートした同イベントは、上流部のオイカワ、ウグイ釣り、中流分のコイ釣り、下流部のハゼ釣りを
5〜9月の間で3回開催。

tamagawa2018pdf
2019年度も、3回開催を予定しているとのことなので
これから釣りを始めてみたいと考えている方は、ぜひ日本釣振興会のサイトをチェックしてみてください!

  
 

 

東京近郊ハゼ釣り場ガイド収録!

 

月刊つり人10月号

つり人編集部

2018/9/17

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!