編集部2019年11月29日

カワハギ釣りの仕掛け/神奈川県・城ヶ島&剱崎沖

カワハギ 釣りの仕掛け集

「タナをつかむ宙釣りのキモ」記事内、城ヶ島&剱崎沖で使用。

つり人2018年2月号より、飯田純男さんの仕掛け

つり人編集部=まとめ

2017年の初冬、神奈川県・松輪港出港のカワハギ釣りで飯田純男さんが使用していた仕掛けです。

飯田さんが実践してくれたのはオモリを底から1mほど浮かせて誘う宙の釣り。

カワハギがハリを吸い込んでいる時間を伸ばすことをねらって、小さめの「カワハギ糸付鈎吸わせ(シマノ)」6.5~7号を合わせた。

オモリは細長い形状の30号「ドロップシンカー投棚(シマノ)」。潮の抵抗が小さいため宙の釣りがしやすい。

好奇心旺盛なカワハギの興味を引くために仕掛けの上下に集寄をセットしている。

◆関連記事
船釣り超入門 カワハギ釣り編

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!