編集部2019年6月10日

初夏の堤防は竿1本で楽しめる! 仕掛けを替えていろんなターゲットをねらってみよう :第1回

アジ 魚種別釣りガイド

海釣り入門に最適なのが堤防だが、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

朝マヅメは、サビキ仕掛けでアジ釣りがオススメ!

写真と文◎時田眞吉

海釣り入門に最適なのが堤防だが、アジやイワシを釣るならサビキ釣り、クロダイ、メジナならウキフカセ釣り、回遊魚やマダイならカゴ釣りと、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

ワンタックルでOK


 用意するタックルだが、キャスティングが可能な3~4mのサオを選びたい。具体的にはエギングロッドやシーバスロッドが使いやすい。これにPEラインの1~1.5号が100mほど巻ける小中型スピニングリールをセットすればOK。

01_IMG_0132 エギングタックルなどが1セットあれば、多彩なターゲットをいろいろな釣り方で楽しむことができる

 そして、必ずライフジャケットは着用するようにしたい。また濡れていたり、ノリが付着している堤防も中にはある。そんな場所は非常に滑るため、滑り止めの靴(スパイク)が必要となる。ライフジャケット同様、釣り人の命を守るアイテムの1つだ。

 また、これから気温の上昇する季節となるため帽子と偏光グラスは必需品。特に偏光グラスは目の保護だけではなく、海面の乱反射を防ぎ水中が見やすくなるため、ポイントを捜す場合にも役立つのだ。

 そのほか、飲食物や釣れた魚を保冷しておくクーラー、手を洗いたい時に海水を汲み上げるロープ付き水汲みバケツなどもあると便利だ。

朝マヅメは、投げサビキでアジ!


01_IMG_4499 手軽な堤防は海釣り入門にも最適。丸1日釣りを満喫しよう!

 釣ってよし! 食べてよし! の堤防フィッシングターゲットがアジ。夏から秋にかけて、関東沿岸どこでもアジを釣ることができる。もちろん、房総半島や伊豆半島など、潮通しのよい地域ならなおさら。東京湾内でも大黒海釣り施設や、本牧海釣り施設など、手軽な釣り場でも釣果が手にできるのだ。

 ただし、いつ行っても必ず釣れるという訳でもない。アジは回遊魚。魚の群れが回ってこなければ、もちろん釣れない。いつ回遊してくるかは魚しだいなので、できるだけ回遊してくる確率の高い時間帯に釣行するのが肝心。

02_IMG_9589 アジは回遊魚。群れが入ってくれば数釣りも夢ではない

 その時間帯とは日の昇る直前と、沈む直前……そう朝夕のマヅメ時。回遊魚たちが一番活動的になる時間帯である。使用するのはサビキ仕掛け。寄せエサのアミエビは必要なし。サビキ仕掛けは、寄せエサとして撒くアミエビに似せた擬似バリで魚を掛けるルアーである。だから、サビキ仕掛け単体使用でも魚は掛かってくる。

02_IMG_0698 朝マヅメがチャンスタイム。堤防の先端から思いっきりキャストしよう

 投げサビキに使用する仕掛けは市販品のアジねらい用でOK。ただし、沖釣り用ではなく堤防、波止用と明記されたサビキを選びたい。注意したいのがハリの大きさと幹イトの太さ。近ごろでは投げサビキ専用の太ハリス仕様などもリリースされている。アイテム的に魚皮とスキンをそれぞれ各1種類ずつ持参すると万全だ。

02_IMG_0845 近ごろでは投げサビキ専用の市販仕掛けも手に入る

 また、市販のサビキ仕掛けはハリ数が6本前後と長いため、2~3本の枝バリをカットしたほうがキャストしやすくなるはずだ。そのサビキ仕掛けをミチイトに装着し、ナス型オモリの3~5号をセットすれば準備OK。

 ポイントは寄せエサを使用しないため、アジの魚影の濃い場所を捜すことが大切。基本的に潮通しがよく、水深があるところをねらう。水深のある堤防先端から外向き、コーナー部にかけては、潮の動きに変化のある1級ポイントだ。

 釣り方は至極簡単。仕掛けをキャストして着水後ただ巻きするか、海底近くまで仕掛けを沈めてから、シャクって落として、シャクって落としてを繰り返して足もとまで探ってくる。基本的に、アジはサビキ仕掛けが落ちていくヒラヒラに反応して食いついてくるので、シャクってばかりではヒットは望めない。仕掛けがオモリに引っ張られて落ちる時間を与えてやることが大切だ。

02_IMG_0093 投げて巻くだけでアジが食ってくる。女性でも簡単にトライできる


この記事はつり人2018年7月号でも読むことができます



 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。




2019/6/10

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!