編集部2019年6月14日

アユ釣り/今さら聞けない要点を解説! ポイント選び篇

アユ 魚種別釣りガイド

いよいよ開幕したアユ釣りシーズン。 友釣りの超基礎項目からレベルアップ項目までを一気におさらい。今回はポイントの選び方についてです。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

つり人編集部=写真と文

いよいよ開幕したアユ釣りシーズン。 友釣りの超基礎項目からレベルアップ項目までを一気におさらい。今回はポイントの選び方についてです。 otori-banner

saosabaki-banner



解禁初期のおすすめポイント


 アユ釣りは「1に場所、2にオトリ、3に腕」と言われるようにポイントを知ることが釣果を伸ばす第一歩だ。初めての川であれば、まず実績の高いポイントをオトリ店に聞いてみよう。なお、放流量の多い釣り場の一例としては、漁協やオトリ店の前である。オトリ店は釣りのベースとなる駐車場所になる。このため多量のアユが放流されやすいのだ。

 オトリ店の情報だけでなくその川に通じる仲間と知り合えるとなおよい。名手は「友(仲間)を釣るのも上手い」と言うベテランもいるくらいでアユ釣りは情報戦。まずは鮮度のよいポイント情報を仕入れること。



深瀬や掘れ込みに注目


 アユは瀬を好む。水通しのよい瀬には新鮮なアカが付く。いわば一級のエサ場である。ただし瀬と一口に言ってもチャラ瀬、早瀬、荒瀬と流速や規模はさまざま。その中で初期はずばり「深瀬」をねらうのがおすすめだ。目安としては腿から胸程度の水深で川底に一抱えほどの大きな石が詰まっていると最高。1ヵ所で釣れ続く可能性が高い。なお解禁初期によく釣れる放流河川は上流域や支流が多く、こうした細流はヘチに多くのポイントがある。川の両岸を丁寧に探りたい。

032-039kaikin-osarai_cs6 (10) 水深のあるヘチ=深瀬。こんな場所が解禁当初はおすすめ。上流域や支流などの小河川はヘチに生えるヤナギの際にこうした深みが多く有望なポイントとなる

 前後に大きな淵がある瀬も有望ポイント。淵はアユの「補給源」と言う名手もいるくらいで、淵近くの瀬肩、もしくは瀬落ち付近はいち早く差し返すアユがいる。淵の近くでアユの通るよい筋が見つかると1ヵ所で入れ掛かりになるケースも多い。

032-039kaikin-osarai_cs6 (11) こうした緩やかな落ち込みから続く深瀬も多量の魚が入りやすい

032-039kaikin-osarai_cs6 (17) 淵に挟まれた瀬肩付近はオトリが差し返しやすい

 瀬を細かく見た時に注目してほしいのが「掘れ込み」である。周囲よりも水色が濃く見える小深く掘れた溝である。瀬脇やヘチのヤナギの際などに多く見られ、野アユが集まりやすく、密度が濃い。数尾釣った後も入り直すと再び掛かる釣り返しの効くポイントだ。なおチャラ瀬やヘチの浅場にもちょっとした掘れ込みはある。こうした川底の変化を見逃さず、丁寧にオトリを入れると好釣果が望めるだろう。

032-039kaikin-osarai_cs6 (12) 野アユが溜まりやすい瀬の掘れ込み

032-039kaikin-osarai_cs6 (2)
『超親切アユ釣り入門』
 アユ釣りは、複雑な仕掛けや一見特殊なその釣り方から、入門者には敷居の高い釣りにも思われていた。本書は、そんな従来のイメージをきれいさっぱり取り払ってくれる。 アユ釣り未経験者の素朴な疑問に応える1章から始まり、道具の基本、そしてアユとアユ釣りのメカニズムを超明快に解説する1冊。

その川の光った石色を知る


 アユが食んだ石は磨かれている。腐ったアカの付いた石、もしくは泥や砂を被った石とは明らかに異なる輝きを放つ石である。多くの河川でよい石色とされるのが「黒光りする石」。だが、当然ながら川によって石の色は異なる。よく例に挙がるのが岐阜県馬瀬川。この川には白い石が多く、黒く見える石はアカ腐れしていることが多い。ただ反対に真っ白の石がよいかといえば、単純にアカが飛んでいることも多い。理想の石色はビールのような黄金色。うっすらとアカの付いた石である。馬瀬川に限らずビールのような黄金石がよい川は各地にある。まずは川底にどんな石が多いのか注目してオトリを通してみるとよい。

ハミ跡で見分けるアユの付き場


 ポイントの目安となるハミ跡だが、たとえば瀬肩にハミ跡があるなら、その下の瀬にもしっかりとアユが入っている。また岸際にハミ跡が多く見られるなら、アユの活性が高く広範囲に食みに出て、ねらう水深も浅場がよいケースが多い。夕マヅメはチャラ瀬で入れ掛かりになるかもしれない。逆に岸近くにハミ跡が見られない場合は水深のある瀬、深瀬を中心に釣りを組み立てたほうがよいだろう。

032-039kaikin-osarai_cs6 (14) 馬瀬川の川底を俯瞰する。黒と白い石がよく目立つが、この中で注目すべきは黄色く見える石

032-039kaikin-osarai_cs6 (16) 馬瀬川はビールのような色の石が密集するポイントがアユの付き場であることが多い。どんな石色にせよ、よい石色のポイントは川底が総じて輝いて見える

『アユ釣り超思考法』
 アユ釣りを始めて何年も経った。雑誌やDVD等で最新情報や釣り道具をゲットし、 それなりに経験を積んでいるハズなのに、今ひとつ釣果が…。 「実は釣れなくて困っています!」と本当は言いたい。けれども今さら誰に、何を訊けばいい? そんな方に贈る、とっておきのステップアップ本。 アユ釣り界最強ブラザーズのお兄さん=小沢聡名手が、あなたの固まっていた思考を変え、行動パターンを変え、実技を向上させて、釣果UPにつなげます!



サオ抜けを意識した釣り


 解禁日のように混雑する状況では探れるポイントが限られる。この場合は先述の深瀬などアユのストック量が多い場所に入るのがベター。解禁から数日が経ち、混雑が落ち着いたころからはサオ抜けを意識した釣りをする。サオが抜けやすいのはオトリが入りにくい急流帯や段々瀬などの流れが複雑なポイント。また流れの一筋、ひとつの石周りにオトリが入りにくい場所は点在する。たとえば次のようなスポットである。

・流れのトイ(瀬の落ち込みなどに見られ
る流れが窄まった急流帯)
・石の横
・石の前

 急流にオトリを入れ込むには、いきなりピンスポットをねらうのではなく、緩流帯にオトリを入れて川底に馴染ませてから誘導する。たとえば流れのトイもその脇に緩流帯のヨレができているケースが多く、ヨレの川底に入れてからトイにスライドさせる。石の前は表層こそ流れが強いものの底層は緩流帯になっている。こうした急流を攻略するには背バリやオモリを積極的に活用する。特に大石底のエリアは流れが複雑で攻略しにくい。ポイントを細かくとらえることが重要になってくる。

032-039kaikin-osarai_cs6 (18) 流れの窄まったトイは急流でサオ抜けになりやすい

 もうひとつサオ抜けを意識するには釣り人の立ち位置を観察する。たとえば右岸からサオがだしやすい場所は川の真ん中はもちろん、規模によっては左岸のヘチまでオトリが入る。しかし釣り人が立っている右岸のラインは攻めきれていないもの。ここで流れの真ん中に立って右岸のヘチを釣ってみると反応する野アユがいることも多い。また同じような筋をねらっているようでも右岸立ちと左岸立ちでオトリの侵入角度が変わる。これだけで追うケースもある。

032-039kaikin-osarai_cs6 (3)

◆関連記事
2018アユ釣り開幕速報!

山本高義さんに学ぶ上飛ばしコントロールの極意

野生を惑わす複合メタル0.01号の泳がせ術


『鮎釣り2020』
 創刊から35周年を迎えた別冊『鮎釣り』。3月13日発売の最新号では特別DVD付録「7名手のオトリ循環の作法」とともに現代の友釣りシーンを濃縮してお届けします。 「最強のリアクション誘発」と題した特集は、野アユが思わず飛び付いてしまうオトリ操作術をクローズアップ。名手が名手の技をひも解くレポートや長年アユを観察し続ける研究者の証言、35年の間に話題になったオトリ操作などを交え、野アユの追い気を挑発する最強の釣技を多角的に考察します。



2018/6/14

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!