編集部2019年8月24日

マグロ釣りの結び方/ハワイアンフックの接続

魚種別釣りガイド キハダマグロ

相模湾のキハダマグロ釣りはただいまシーズン真っただ中!! マグロと渡り合うためには20~40号と極めて太いハリスが必要になりますが、締め込みにくい太糸は結びの勝手も当然異なります。

絞りきらずにスリーブ圧着。強度倍増の大もの専用

大杉季史 ◎講師


 相模湾のキハダマグロ釣りはただいまシーズン真っただ中!! マグロと渡り合うためには20~40号と極めて太いハリスが必要になりますが、締め込みにくい太糸は結びの勝手も当然異なります。糸が潰れず弱点のない接続はどうするのか? ビギナーにはハードルの高い極太糸の結び方を、クロマグロをはじめとする大ものを周年手にしている大杉季史さんに教わりました。今回はハワイアンフックのスリーブ止めです。

◆マグロ釣りの結び方
ビミニツイスト
・ハワイアンフックの接続
坂本結び


ハワイアンフックのスリーブ止め

▼ハリス用(今回用意したのは40号)の強化チューブを15cmくらいに切っものと、ハワイアンフック4号、#2のダルマスリーブを2個用意
b-1

▼スリーブを2つハリスに通し
b-2

▼強化チューブを通す
b-3

▼ハワイアンフックを通す
b-4

▼強化チューブの真ん中辺りから片結びをする
b-5

▼片結びの輪を絞りきらずに端糸をハワイアンフックに通し
b-6

▼片結びの輪に端糸を通す
b-7 b-8

▼両端の糸を引っ張って絞り込む
b-9

▼スリーブに端糸を通して
b-10

▼強化チューブの際まで持っていきスリーブ用のペンチで噛みつぶす
b-11

▼もうひとつのスリーブも端糸に通す
b-12

▼余分な端糸をライターで焼いてから
b-13

▼2つ目のスリーブもペンチで潰して完成
b-14
大杉季史
【マグロ釣りの結び方/坂本結び】大杉季史さん 昭和47年生まれ。神奈川県横浜市在住。46フィートのプレジャーボートを操り、クロマグロをはじめカンパチ・モロコなどの大ものをねらう。クロマグロは多い年で15尾ゲットし100kgクラスも手にしている。写真は50kgクラス。こうした大もの釣りのほか、磯の上もの・底もの、沖堤でのクロダイ落とし込み釣りや親子でハゼ釣りも楽しむマルチなエキスパート。


この記事は月刊『つり人』2014年9月号でも読むことができます。


2019/8/24

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!