編集部2017年12月25日

アオリイカ釣り×温泉/宮崎県延岡市・北浦

アオリイカ 全国おすすめ釣り場 宮崎 温泉

日豊海岸と呼ばれる九州屈指のリアス式海岸は、九州東岸の大分県中南部から宮崎県北に位置している。この時期に九州北部に吹きつける北西から北の風に強く、大小さまざまな規模の入江が織りなす地形は風を遮り、冬期でも穏やかさを保つことが多い。

護岸と地磯が隣接して探るところが多い宮崎市北浦の浦城港はアオリイカの好釣り場

小さな旅館と冬期のアオリイカ釣りを楽しむ

小田部修久◎レポート

この記事は『つり人』2017年2月号に掲載したものを再編集しています。

 日豊海岸と呼ばれる九州屈指のリアス式海岸は、九州東岸の大分県中南部から宮崎県北に位置している。この時期に九州北部に吹きつける北西から北の風に強く、大小さまざまな規模の入江が織りなす地形は風を遮り、冬期でも穏やかさを保つことが多い。

 それぞれの入江には波止や漁港がのどかにたたずみ、ランガンして回るにも打ってつけ。海域的には太平洋の黒潮の影響を受ける日向灘と大分の豊後水道の境界付近に当たり、潮の動きもよく、アオリイカのほかにメバル、アジ、カワハギ、ブリで賑わい、沖磯ではシーズン最高の時を迎えたメジナで賑わっている。

 一般的に寒い時期はアオリイカのオフシーズンだが、宮崎県北から大分県南が一年の中でもっとも光彩を放つのは、この冬期。温かい流れの黒潮や豊後水道の地理的な恩恵を受けている。毎年この時期になると九州各地からアオリイカを求めてアングラーが集まるが、リアス式海岸特有の長い海岸線が多くのアングラーを受け入れてくれる。局所的に混雑することはあってもおしなべてのんびりと釣りを楽しむことができる。「今年は全国的なアオリイカの当たり年」の評判に漏れることなく、当該エリアも順調な釣果が続いている。

 釣り場はたくさんあるので活性の高い個体をねらって各入江の波止や漁港をテンポよく転戦していきたい。
エギング超思考法
「イカ先生」のニックネームで多くのファンをもつエギングの第一人者・富所潤さんが、中級前後レベルで足踏み中のアングラーに上達のアドバイスを贈る思考と技術の解説書。オカッパリの春の釣り、秋の釣り、そしてティップランエギングの3章から成るその内容は、「今イチ釣果が伸びない、安定しない、だけど理由が分からない」アングラーにとって、まさに目からうろこが落ちること請け合いです!

Kindle版あります!

 ねらい方は基本に徹して底取りから始め、高低差のあるシャクリ、逆に移動幅の短いスラックジャーク、小刻みな連続ジャークを織り交ぜて誘い、シャクリのあとはフォールまたはポーズを入れてアオリイカの出方をうかがうこと。いれば反応はすぐに出るが、反応がなかなかないときはシャクリのあとの待ち時間やポーズ時間を長くしてみる。

 また潮が引くと狭あいな砂利浜が露出し、足場になるような場所が道路脇のあちこちに出るので、そこからねらうのもよい。ただし、しかるべき場所に駐車するのはいうまでもない。また、有料だがイカダからもエギングができる。

 それでも渋いと感じる日は大抵の場合海の色がどんよりとしていることが多く、そんなときは大きく移動することをすすめる。その選択肢のひとつに瀬渡し船を利用した沖磯エギングもある。島浦島などの離島に定期船で渡るのもありだ。

034-041onsen_guide_cs6 (33) オカッパリエギングなら、護岸に陸行できる平磯が広がり、浦城港と条件が似ている北浦の宮野浦港も要チェック

旅館さざれ石高島
℡0982・45・2268
034-041onsen_guide_cs6 (34) 034-041onsen_guide_cs6 (35)
 1日に6組限定、全6室の小さな旅館だが、高台からの眺望や樹々に囲まれた和モダンの建築美は来訪者に安らぎと憩いを提供する。

 さざれ石温泉の泉質は厚生省認可の準天然ラジウム温泉。ラジウムにより軟水化され、水あたりが柔らかく肌に潤いを与える。またミネラル分も含まれているため発汗を促し、体内の老廃物を排出してくれる。ぜひ宿泊してお湯に浸かっていただきたい。

住所●宮崎県延岡市北浦町古江2535-2 
営業時間●6時半~9時は好きな時間に入浴可能。15時15分~23時は貸し切り使用でチェックイン時に要予約
料金●各種プランあり。ホームページ参照
034-041onsen_guide_cs6 (7)
交通●東九州道・北浦ICで下りてR388や県道122号で海沿いに走ると転々と釣り場がある。北上すれば大分県南で南下すると延岡市街
問合先●ポイント延岡店(℡0982・32・4651)



===

2017/12/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。