川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

コイ釣り
神奈川県 横浜市・鶴見川

障害物をタイトにねらえ

森田光昭◎レポート
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=森田光昭
昭和36年生まれ。神奈川県伊勢原市在住。京浜大鯉倶楽部所属。自作ボイリーをメインにコイ釣りを楽しむ。エサ作りやリグ作り、ポイント捜し、攻略法などあらゆる面でオリジナリティーを重視している。一生懸命楽しむことを信条とする

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。

tokyo_kinko (4) 水路からガレキの山が広がり、コイの付き場になっている

 コイ釣りファン待望の春がやってきた。あちこちでコイが乗っ込み、大型の釣果が聞かれるようになる。都市河川である鶴見川でも春は大型を釣りやすい時期だ。しかしながら、この川はかなり上流まで汽水域となるため、藻は見られない。そのためコイはストラクチャーなどに産卵しているようだ。今回紹介するポイントは、すぐ近くにそんな場所を控えた、産卵待機の個体がいる可能性が高い場所だ。

 場所は鶴見川に架かる末吉橋の下流にある水門付近になる。すぐ上流の末吉橋周辺は浅場が広がる中にガレキや障害物が多く沈み、人工的なストラクチャーもある。都市河川の産卵場所としての条件を備えている。

 その下流にあるのがこの水門ということだ。水門の上手あたりから少しずつ深くなっていくが、その中でもこの水門付近の地形は独特だ。

 水門のすぐ下手脇に大きなガレキの山があり、その下には二列の杭が並んでいる。ガレキの山によって水路状になっており、産卵を待っているコイにとって、エサ場としては恰好の場所だ。またガレキ下手の杭付近は流れの変化によって多少浅くなっており、ここもエサ場になりうる。

 決して広いポイントではないので、水門内に続く水路に1ヵ所、ガレキと杭の間に1ヵ所、そして杭付近のヘチに1ヵ所の合計3ヵ所しかねらえる場所がない。そのため、最大でも2人しか入ることができない。

 カカリを避けるのではなく、カカリのすぐ際をねらいたい。これができれば結果につながるはずだ。サオのそばで待機してすぐにサオを取れるようにして待ちたい。

 また少し深い場所であるため、サオをだすタイミングも重要だ。潮位が高いと水底は比重がある海水の層になっており、アタリは遠くなる。時合は短いが、干潮時にサオをだすのがよいだろう。足場が高いことにも注意が必要。特に潮位の低いタイミングでアタリが出る場所だけに、タモの柄は最低でも3mのものを用意したい。

03sturumi 交通●環八通りとR1(第二京浜)の交差点を川崎方面へ。多摩川、鶴見川を渡って下末吉交差点を右折。上末吉郵便局前交差点付近のパーキングへ。ポイントまで徒歩5分。
問合先●キャスティング鶴見駒岡店(℡045・584・7201)










2017/4/25

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中