編集部2017年4月25日

メジナ釣り 神奈川県真鶴半島・琴ヶ浜奥の小磯・二番

メジナ 全国おすすめ釣り場

日に日に暖かくなってきて釣りやレジャーに最適なシーズンが到来。とはいえ、実は海の中まだ冬。地上がポカポカ陽気でも海の中はようやく春に向かって準備が始まる時期なのだ。

足場がよくビギナーにもおすすめだ

お手軽釣り場で春磯を満喫

鷲尾 純◎レポート

 
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=鷲尾 純

昭和47年生まれ。神奈川県川崎市在住。幅広く釣りを嗜むが、特に好きなのが磯のメジナ、クロダイと夏のアユ、ヘラ。競技会にも積極的に参加。違うジャンルのノウハウを応用するのがこだわりの釣りスタイル

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。

 日に日に暖かくなってきて釣りやレジャーに最適なシーズンが到来。とはいえ、実は海の中まだ冬。地上がポカポカ陽気でも海の中はようやく春に向かって準備が始まる時期なのだ。

 この時期はウキ釣りでねらえるターゲットに変化が起きる時でもある。それは乗っ込み。釣り人のいう乗っ込みとは産卵前に荒食いすることを指していることが多く、大型サイズが高確率でねらえる時期だ。

 当然、時期的に魚たちもナーバスになっていて難易度も高いことが多いが、夢のサイズに出会えるチャンスともいえる。小~中型のメジナやメバル、ウミタナゴなどの小気味よい引きを楽しみながら、夢の大ものに思いを馳せる……。まさに、うららかな春の釣りにぴったりなシチュエーションではないだろうか。

 今回紹介する釣り場は真鶴半島にある二番と呼ばれる場所。琴ヶ浜の遊歩道から海岸に沿ってエントリーできる手前側の釣り座と、林を抜けるルートの奥側の釣り座の2ヵ所は、深い溝で隔たれていて磯伝いに行き来できない。奥の釣り座はライトなロープ場があるので、手前の釣り座のほうがビギナー向き。昔から磯釣り道場といわれる真鶴の中でも、ここは入門におすすめで足場もよく釣りやすい。

 釣り座の周りは浅く根が見えるので、その根の先の落ち込んでいる場所や、沖にできる潮筋がねらうポイントだ。仕掛けはハリス1・5号を3mほど。根が多くタナを決めにくいが、仕掛けが馴染んだらウキがゆっくり沈むようにオモリ調整して広くタナを探るか、こまめにウキ下を調整して探るとよい。

 付けエサはオキアミメインでよいが、メバルも多い場所。メバルは動くエサによく反応するので、虫エサなども持っていけばおもしろい釣りができるだろう。

 お手軽釣り場とはいえ磯釣り。フローティングベスト、スパイクシューズなどの安全装備をしっかり身に着けて楽しんでいただきたい。

07niban 交通●東名高速自動車道・厚木ICより小田原厚木道路へ。西湘バイパスを経由し石橋インターを降り、R135で真鶴方面へ。真鶴駅前を左折し琴ヶ浜駐車場へ
問合先●あおき釣具店(℡0465・68・3001)

2017/4/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。