編集部2020年9月28日

2020年9月/岐阜県・長良川でタックルインジャパン(ヤマワ産業)のフィールドテスターに密着

アユ 河川・湖の釣り 全国おすすめ釣り場 岐阜

タックルインジャパン(ヤマワ産業)のフィールドテスターに密着。郡上八幡在住のエキスパートである金子哲也さん、鷲見冬彦さんに、シマノジャパンカップで近年お立ち台常連の凄腕、椿隆明さんの3名と一緒に郡上大和の和合橋上流に入りました。

金子哲也さん、鷲見冬彦さん、椿隆明さんを取材。トップ釣果は金子さんで約5時間25尾

石が点在するような平場を早引きで攻略(2020年9月27日)

レポート◎サトウ(つり人編集部アユ担当)




 前日に引き続き、長良川で別冊『鮎釣り』(来春発売予定)の取材です。

 必然性と実用性のみを追い続けるアユブランド、タックルインジャパン(ヤマワ産業)のフィールドテスターに密着。

 郡上八幡在住のエキスパートである金子哲也さん、鷲見冬彦さんに、シマノジャパンカップで近年お立ち台常連の凄腕、椿隆明さんの3名と一緒に郡上大和の和合橋上流に入りました。

 早々から掛かりますが、ポツポツのペース。午後は風が強くなってさらにペースダウン。しかし周囲が沈黙する中もエキスパートたちはサオを曲げ、およそ5時間の実釣で金子さんが25尾、鷲見さんが20尾、椿さんが19尾のアユを掛けました。

 前日に50尾掛けたという金子さんによれば、昨の夕立と朝の放射冷却の影響か石についているアユが少なくなったとのこと。それでも掛かる場所を見つけ出し、常に動きを止めないオトリ操作によって野アユを引き出します。特に椿さんは砂地に石が点在するような平場を早引きする釣法。つい泳がせてしまうポイントを引くことで掛ける。そんなスーパー釣法を見せてくれました。

 郡上アユはまだ若い魚ばかり。一雨毎に落ちるでしょうが大雨が降らない限り、10月半ばまでは余裕で楽しめそうです。

image0
古田社長と鷲見さん

image1金子さん

image2
椿さん

image4
この日は郡上大和の和合橋上流。高速橋前後を釣った

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。