編集部2022年4月25日

北海道 積丹半島沖のサクラマスを釣って食べる!食べる編

全国おすすめ釣り場 北海道 サクラマス

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎中川 貴宣
こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

レポート◎中川 貴宣(なかがわ・たかのり)
北海道余市郡在住。姉妹紙ノースアングラーズで活躍する釣り好きサラリーマンライター

 

北海道 積丹半島沖のサクラマスを釣って食べる!釣る編◀◀◀前回の記事はコチラ 

サケより旨いと家族にも好評

 サクラマスはサケやカラフトマスと同じサケ科の魚で、脂の乗りもよく、焼いても身が硬くならず、とても美味しい。富山の鱒寿司の原料として取り引きされることもあり、北海道内でも希少価値が高く、町のスーパーで見かけることは少ない。だからこそアングラーの間ではねらって釣れるターゲットとして人気が高く、「サケより美味しい」と家族にも好評だ。クセがなく、いろいろな料理に合うが、本来の味を楽しむのなら塩焼きがオススメ。脂の旨みと、ふっくらフワフワの身はサケよりも上品な味わいだ。

 ちゃんちゃん焼きは漁師料理で、鉄板の上に魚と野菜を乗せ、味噌を塗って豪快に焼くのが元祖。今では、『ジンギスカン』『石狩鍋』とともに、北海道を代表する郷土料理として観光客にも人気だ。

 

ホットプレートちゃんちゃん焼き

材料を切って焼くだけなので超簡単で失敗も少ない

tsurishinboua-11-2

 

 作り方

tsurishinboua-12-2

1.ウロコとヌメリを取ってから三枚におろし腹骨をすき取ったら、ちゃんちゃん焼き用と塩焼き用に分けておく。ちゃんちゃん焼き用の身に軽く塩コショウを振ったら油を引いてホットプレートの上に皮を下にして乗せる。入れる野菜はタマネギ、ニンジン、カボチャ、シメジ、パプリカ、アスパラガスなどで火の通りの悪い野菜から焼いていく。魚の皮に焼き色が付いたら裏返して残りの野菜を入れる。

 

tsurishinboutobira_a-2

味噌2に対して砂糖1、みりん2、酒1の割合で調合したタレをかけたらフタをして2~3分蒸し焼きにする。火を止め、バターを入れて余熱で溶かしたら完成。好みで生姜や大葉を乗せるのもいい。

 

塩焼き

サクラマス本来の風味を味わうならこれが一番!

tsurishinboua-14-2

 

作り方

tsurishinboua-15-1

塩焼きの三枚おろしの身を食べやすい大きさに切ったらバットに並べて塩を振り、1時間ほど寝かせる。ドリップが出てくるのでキッチンペーパーで拭き取り、ガス台の魚焼きグリルやフライパンで焼く。表面に焼き色がついたら出来上がり

 

  • 1
  • 2

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。