編集部2021年10月6日

千葉県/夷隅川・一宮川 河口干潟でワクワク五目釣り その2(全3回) ~トップウォーターで楽しむ、ミャク釣りで楽しむ~

ハゼ クロダイ-海 海の岸釣り 全国おすすめ釣り場 千葉

大海原が見える砂浜もいいけれど、河川の最下流部にある干潟がとっても素敵な場所なのをご存じだろうか。アオイソメを這わせばハゼが入れ食いになり、ルアーを投げればクロダイやマゴチ、時には80㎝クラスのシーバスが食ってくる。トップウォーターのメッキやキビレねらいもエキサイティング。何でもアリの河口干潟へご招待!

ルアーで、エサで、ワクワク釣査!河口干潟は五目パラダイス!

写真と文◎編集部  


 大海原が見える砂浜もいいけれど、河川の最下流部にある干潟がとっても素敵な場所なのをご存じだろうか。アオイソメを這わせばハゼが入れ食いになり、ルアーを投げればクロダイやマゴチ、時には80㎝クラスのシーバスが食ってくる。トップウォーターのメッキやキビレねらいもエキサイティング。何でもアリの河口干潟へご招待!

この記事は『つり人』2021年11月号に掲載したものを再編集しています。

higata-tyousa (24)

 

こちらの記事は好評発売中の月刊つり人2021年11月号に掲載されています。青物、アジ、コロダイ、ハマフエフキ、サメなどサーフの釣りを多角的に紹介しています。読み終わったころにはサーフの知識が幅広く見に付く1冊。ぜひご覧ください↓↓↓

夷隅川・江場戸川でポッパーに水面爆発×4

 当日の朝、2人はまず夷隅川の河口干潟に向かった。干潮の潮止まり直後で、潮位は低い。堆積した泥砂が広がるこれぞ干潟! というフィールドだ。佐々木はポッパーを結ぶ。サオをチョンと動かすと口のカップが水を掴み、音と水しぶきで魚を誘う。活性がよければ早い動かし方で食うはず……と連続的に動かして探る。すると3投目でさっそく「バシャ!」。

 

higata-tyousa (1)広大なシャローフラットはルアーで探るのが効率がよい

 

 上がってきたのは10cmほどのコトヒキ。小さいけれど、アタックの瞬間が見えれば最高に楽しい。

 

higata-tyousa (15)開始早々にコトヒキがバイト! ポッパーとほぼ同じ大きさだが果敢にアタックしてくる。トップは決して一発ねらいのルアーではなく、魚のサイズを問わず楽しめるのだ

 

higata-tyousa (13)ヒットルアーはダイワのシルバーウルフ チニングバグ

 

 このあと、近くの江場戸川に移動すると、川底に石が沈んでいるエリアでキビレが4〜5尾群れているのが確認できた。ボラの稚魚も多く見られる。ここで佐々木のポッパーに1投で3バイト。いずれも乗らなかったが、30cmクラスの立派なキビレが連続でアタックしてきた。キビレやクロダイは干潟のなかでも石が入ったエリアが有望といわれるが、トップウォーターでもそのセオリーは変わらないのだと実感した瞬間だった。次は乗せるぞ〜!

 

 

higata-tyousa (17)

higata-tyousa (16)江場戸川の河口干潟。ウォーターシューズやサンダルで気軽に立ち込むことができる

 

 

higata-tyousa (20)キビレのバイトがあった石の沈み場。クロダイとキビレはゴロタが大好きだ

 

一宮川のハゼは良型揃い!

 次に2人が向かったのは一宮川河口付近。九十九里ビーチラインの橋脚周辺に入ると、川幅は100m程で左岸が砂泥地になっており、右岸は護岸されている。

 

higata-tyousa (21)

higata-tyousa (22)一宮川の河口付近。左岸が泥砂になっており、右岸は護岸されている。地元の釣り人に話を聞くと、シーバス、クロダイ、キビレ、ハゼ、マゴチがねらえるという

 

 黒羽は立ち込みながらハゼをねらう。2.7mのノベザオにミャク釣り仕掛け、エサはアオイソメだ。居食いの繊細なアタリが取れるようにミチイトはPE0・8号にしてハリスを1㎝にした。地形が遠浅なので、仕掛けを入れたいポイントまで立ち込んで近づくことができる。泥底が一段深くなっている場所を見つけて仕掛けを入れるとコンコンという小気味のよいアタリ。12 cmのハゼが釣れた。このあとも12〜15cmが連発! 一宮川のハゼは型がよい。

 

DSC_2217遠浅なので仕掛けを入れたい場所まで近づける。干潟はノベザオと相性抜群

 

higata-tyousa (2)ハゼは汽水域に多く生息し泥底の地形変化を好む。干潟はうってつけのハゼ釣り場だ。この日のアベレージは12 ~ 15cmと大きかった

 

 泳がせ釣りのエサにするには少し大きすぎるけど、引き味を楽しめる!なんともうれしい誤算である。このあと、潮が満ちてきたので移動し、せっかくなので対岸の護岸エリアも探ってみる。岸際は階段状になっており、水門周りの段差をねらうとゴンゴンという強いアタリ! 釣れたのは20cm級のウロハゼであった! 古代魚チックなルックスと鋭い歯にうっとり……。そういえばウロハゼはルアーでもねらえると前号(2021年10月号)のつり人に書いてあったっけな……。ハゼクラでマハゼ&ウロハゼをねらうのも楽しそうだ。

 

higata-tyousa (1)_1

higata-tyousa (6)ウロハゼはエサのほかにもハゼクラやバイブレーション、ミノーなどに果敢にアタックしてくるという。その引きは超強烈!

 

次回はフリーリグでクロダイとマゴチをねらいます!ぜひご覧ください。

千葉県/夷隅川・一宮川 河口干潟でワクワク五目釣り その3

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。