編集部2021年10月10日

12月の亀山湖で目撃した小林明人さんのビッグベイティング 前編

PICKUP ブラックバス Basser バス釣り

近年、コアなアングラーの間で注目が集まっている低水温期のビッグベイトテクニック。ビッグバスの実績のあるリザーバーだけでなく、霞ヶ浦のようなマッディーシャローレイクでも実績があり、さまざまなフィールドで応用可能だ。今回は、O.S.Pのビッグベイト「火蓮(カレン)」の開発者でJB TOP50にも参戦中の小林明人さんによる12月の亀山湖での実釣を振り返ってみよう。

「ビッグベイトで1尾」への最短距離はただ巻き

写真と文◎編集部 

 近年、コアなアングラーの間で注目が集まっている低水温期のビッグベイトテクニック。ビッグバスの実績のあるリザーバーだけでなく、霞ヶ浦のようなマッディーシャローレイクでも実績があり、さまざまなフィールドで応用可能だ。今回は、O.S.Pのビッグベイト「火蓮(※発売は2022年4月予定)」の開発者でJB TOP50にも参戦中の小林明人さんによる12月の亀山湖での実釣を振り返ってみよう。

この記事は『Basser』2021年3月号スイムベイト特集号に掲載したものを再編集しています。Basserのバックナンバーは定期購読をお申し込みいただくとデジタル版バックナンバーが4年分以上読み放題! 詳しくはこちらをどうぞ

■関連記事
センドウタカシさんによるビッグベイト・インプレション29連発!


小林明人(こばやし・あきひと)
O.S.Pでルアー開発を担当。JBTOP50の選手でもある。クローズドフェイスリールを用いたパワーフィネスをはじめとしたカバー攻略が得意。ドライブビーバーやHP3Dワッキーなど釣れるソフトベイトを世に送りだす。

リトリーブスピードへの対応幅が広い「火蓮(カレン)」

 O.S.Pのルアーは、ハードベイトからソフトベイト、ワイヤーベイトに至るまで、そのどれもが同社が掲げる「10年品質」に恥じない実釣性能を備える。そのなかにあって同社初のビッグベイトとして完成したのがハード素材のヘッドとソフトなボディーをもつハイブリッド構造の「火蓮(カレン)」(※発売は2022年4月予定)だ。

火蓮
kobayashi-osp-karen (12)
180㎜、50g。フローティング

 

小林「カレンはただ巻きするだけで釣れるビッグベイトです。リトリーブスピードへの対応幅が非常に広く、スローから高速巻きまでバランスを崩さず泳ぎます」

 ただ巻きをメインにするビッグベイティングにおいては、巻きスピードをバスやフィールドの状況に応じて変えていく必要があるが、小林さんは基本的には以下のような基準で使い分けているという。

●低~中速巻き
・バスにプレッシャーが掛かっていないとき
・水が濁っているとき

●高速巻き
・バスにプレッシャーが掛かっているとき
・水がクリアなとき

 バスが高活性なときや水が濁っている状況では、バスにルアーの存在をしっかり見せたいため、速巻きをする必要はない。超低速巻きでI字ルアーとして使ってもいいし、デッドスティッキングもアリだ。その反対の状況では、バスにルアーを見切らせないため高速巻きをしてやる必要がある。低水温でバスが速く動くルアーについてこれない状況のハイプレッシャーレイクでは、「グルグルグル→ピタッ」という高速巻きとストップの組み合わせも有効だ。

 基本的にはカバーや立ち木、岩盤など、何かしらのストラクチャーに着いたバスをねらうが、雨のあとで濁りが入っていればバックウォーターやサンドバーなどのフィーディングスポットでも爆発的に釣れることがあるという。

kobayashi-osp-karen (9)

左右に揺れるヘッドが強く水を押し、ボディー後方は柔らかい波動と動きで泳ぐ


後編:12月に高速巻きが効いた理由は?

 

  • 1
  • 2

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。