編集部2021年10月5日

一誠(issei)村上晴彦さんが語る 影響を受けたルアー・バイブレーション編

ブラックバス Basser バス釣り

一誠(issei)でルアーデザインを担当する村上晴彦さんに、影響を受けたルアーを伺いました。バイブレーション編です

「ブザービーターの背中が見えた気がしたんや」

 一誠(issei)でルアーデザインを担当する村上晴彦さんに、影響を受けたルアーを伺いました。バイブレーション編です

この記事は「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」を再編集しています

 

murakami-haruhiko

村上晴彦(むらかみ・はるひこ)

1968年生まれ。類稀なるセンスと柔軟な発想で、日本のバス釣りを大きく牽引してきた凄腕。一誠(issei)でルアーデザインを担当

一誠(issei)  https://issei.tv/

こちらの記事は 「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」に掲載されています。バスプロ、ルアービルダー、釣具店の方々が自信を持っておすすめするヘビロテルアーを忖度なしで大掲載!!!本当に釣れるルアー教えます↓↓↓

 

 

 

村上さんが着目したブザービーターの引き感

 

 「Kグッドプランニング」でワームを出していた村上晴彦は「株式会社 常吉」を経て、現在は「一誠」で、ルアーデザインとプロモーションを担当している。その一誠を立ち上げる際、トレードマークとして描いたのが「グリーンクレイフィッシュ」というザリガニのイラスト。彼はルアーを作るなら、クランクではなくミノーでもなく、このザリガニの形のバイブレーションプラグを作ると心に決めていたという。その目標となったルアーが、バイブレーションの名品、ブザービーターだった。

 

インスパイアカスタムルアーズ/ブザービーター

murakami-haruhiko04全国でビッグバスを叩き出してきたバイブレーションの名品。由来はバスケットボールで、試合終了のブザーと同時に決まるシュートのこと

 

 「もともとのきっかけは、知り合いにブザービーター使いがおった。その人に『ブザービーター使ってみたら釣れるよ』と言われて使ったら、釣れた。それが悔しくて(笑)。これに勝てるバイブレーションを作りたくなった」

 釣れて悔しくなるという天邪鬼ぶりが、ある意味、村上晴彦という釣り人の真骨頂だろう。では、ブザービーターの何がそんなによかったのだろうか?

 「ブザービーターのよかった部分? そんなことは決めない。ただブザービーターを引いてる時の引き感がよかったんだから、同じ引き感を僕のルアーでも感じ取れたらええわけや」

 形状、構造、アクションに着目して、それをマネようという思考は浮かんでこない。着目したのは「引き感」だ。この直感的なコンセプトも彼が「天才」と評されるゆえんだろう。

 

 「ただブザービーターを真似するだけなら、形から真似すればいいやんか。でも僕は、一誠の立ち上げの時期だったこともあって、どうしてもザリガニ型のバイブレーションを作りたかった。だから、オモリの位置も違うし、動きだって違う。でも、巻いた感じはブザービーターと同じにしようと思って、まずは引き感をちょっと強めにして、そこからいろいろと煮詰めていった」

 同じ引き感のルアーを作る。これはかなりの難題に違いない。しかし、意外にもあっさりと、その引き感はクリアできてしまったという。謙遜しているのか、村上晴彦はそれを偶然の産物と表現した。

 「偶然の産物やったけど、その瞬間にブザービーターの背中が見えた気がしたんや」

 それが大きなモチベーションとなり、ザリバイブの開発に没頭した。すると、ブザービーターに追いついただけではなく、予想外の副産物まで生まれたと話す。

 

 

ザリバイブのシミーフォール。そして自己記録更新 

 

「シミーフォールし始めた。これは勝ったと思ったね」

 シミーフォールとはフリーフォール中にウォブリングするアクションのこと。抜群の安定感を誇るブザービーターはフロントへビーのウェイトバランス。それにくらべて、ザリバイブはセンターバランスなので、時にはイレギュラーな動きも見せる。しかし、そのセンターバランスが功を奏して、美しいシミーフォールを生み出したのだ。シミーフォールは人間の操作を加えないで起きる自発的アクションになる。それは、ある意味ネコリグで、動かしたワームが元の形に復元しようとする動きと同種の動きだ。村上によると、バスを釣るには、この人間の手を介さない動きが、大きな価値となる。ネコリグがヘコヘコと曲げたり戻ったりする動きと、リフト&フォールするザリバイブは、本質的に同じ動きなのだ。

 「完成したザリバイブで、僕は自己記録のバスを釣った。64㎝の5700g。僕にブザービーターを勧めた人も、今はザリバイブをバンバン使ってるよ」

 その知人が、ブザービーターよりもザリバイブをよく投げるようになった時点で、村上晴彦の野望は達成された。

 

一誠/GCザリバイブ

murakami-haruhiko05カチャカチャと音を立てながら、艶めかしいアクションでシミーフォールする、村上晴彦入魂のバイブレーション。人気も高い

 

 

  • 1
  • 2

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。