編集部2016年6月28日

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第3回

Basser バス釣り

Basserオールスタークラシックの歴史を振り返ります。河口湖開催の第2回大会を制したのは、当時28歳の沢村幸弘選手! バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

河口湖開催の第2回大会を制したのは、当時28歳の沢村幸弘

Basser編集部=写真と文


第2回大会・河口湖(出場43名)
Place Name Total weight(g)
1 沢村幸弘 2340
2 下野正希 2120
3 小山隆司 1900
4 河辺裕和 1870
5 秋林義継 1820
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 1988年10月30日に開催された第2回大会には、トーナメントで活動中のアングラーだけでなく、雑誌とTVで活躍中の故・西山徹や、NBCのジュニアアングラーも迎えて計43名で競われた。


 当日は小雪が舞うコンディションで、出場選手の半数が大石沖ディープ、水深8mラインにねらいを定めていた。

 しかし、この試合を勝った沢村幸弘のエリアは鵜ノ島の南西にある寺下。沢村はここでドロップオフを挟んで隣接するシャローとディープを効率よくねらい、前回の雪辱を果たして初優勝を遂げた。ウイニングルアーはバイブラシャフト1/4oz・シングルウイロー。持ち帰ったバッグリミット(7尾)のうち1尾がキーパーサイズの25cmに満たず、冷や汗ものの検量となったが、それでも勝利の女神は沢村にほほ笑んだ。

allstar02cd
掲載は1988年冬号
b-1988-12-01-02-01-L

2016/6/28

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。