編集部2016年8月5日

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第4回(最終回)

Basser バス釣り

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

「先入観を捨てて、何も考えずにトップから入る。実はそれがトップウォーターを活かし、釣るためのコツです」と山岡計文さん

先入観を捨てることがトップウォーターで釣るためのコツ

Basser編集部=写真と文

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

この記事はBasser2012年9月号に掲載されたものを再編集しています。

ピクピクの操作法

山岡さんは前回、水面ピクピクの実演で58㎝をキャッチして見せてくれた。そんな山岡さんのピクピクの操作法を紹介する。


249-oka-019着水直後(ワームが遠くにあるとき)はロッドを立ててピクピク。ティップでワームの重さを感じずに、ラインの振動をワームに送り込んでピクピクさせる

249-oka-020ワームが手前に寄って来るに従って、ロッドを寝かせていきながらピクピク。一定のリズムを乱さずにピクピクし続けることで、見に来たバスが焦れてバイトすることも多い

249-oka-018ピクピクシェイクのグリップ(ちなみにミドストと共通)。人指し指と親指の2本をガイドにすることで安定したシェイクが可能

取材時はこんなシーンも!
249-oka-0161尾のときは至近距離まで寄って来てもガン見しているだけだったのだが……

249-oka-017どこからともなく2尾目が現われた瞬間にバイト! これがいわゆる競争心を煽られてスイッチが入った状況



YAMAOKA’S FAVORITE SOFT BAIT for PIKU-PIKU


スーパーシャッドシェイプ4in(ティムコ)
249-yama-001 市販の状態

249-yama-002 表面のコーティング(意外と分厚い)にツメなどでキズをつけるとベロリと剥ける。快感

249-yama-003 脱皮完了。フィニッシュのときにテールをちぎらないように注意。抜けがらがちょっと気持ち悪い

249-yama-004 セット完了。フックはショットリグ♯5(デコイ)。ちなみに山岡さんは「ヨコヨコ」(※水面シェイクによる横移動メソッド)では使わないので、フックを掛ける向きにはこだわらない

マルチスティック4.5in(ティムコ)+ショットリグ♯5(デコイ)
249-yama-005 山岡さんは、より高比重のヘビー・マルチスティック4.5inもピクピクに使用している

ワッキーワーム6in(ティムコ)+ショットリグ♯4(デコイ)
249-yama-006 249-yama-006bキャスト切れしやすいワームをワッキー掛けする場合、山岡さんはワームにねじ込んだバネにフックを通している。バネはホームセンターで購入


シェイキーバグ(ティムコ)
フックはショットリグ♯4
249-yama-009 トップウォーターのソフトベイトメソッドのなかでも、ムシパターンに特化したエラストマー製ベイト。手間の掛かるラバースカートチューン済みで、パッケージから出してすぐに使えるのが嬉しい


YAMAOKA’S TACKLE

●スーパーシャッドシェイプ4in用
ロッド:テクナPMX TPMX66SLJ Power Mid Strolling(ティムコ)
4930843900990

リール:ヴァンキッシュ2500S(シマノ)
product1_s

ライン:エクスレッド3Lb(東レインターナショナル)
bass_p_f021a


●マルチスティック4.5in用
ロッド:アイアンホーク・フックセッターIHHS-SF65SLJ(ティムコ)
4930843901119-1

リール:ヴァンキッシュ2500S(シマノ)
ライン:エクスレッド4Lb(東レインターナショナル)


●高比重ロングワーム・ロングキャスト用
ロッド:テクナPMX TPMX610SLP+J(ティムコ)
4930843863387-1

リール:ヴァンキッシュ2500S(シマノ)
ライン:ソルトラインメバリングPE 0.4号 + パワーゲームルアーリーダー4Lb(どちらも東レインターナショナル)
mebaring_p_p001a




2019/06/19

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。