編集部2016年6月11日

吉田幸二が片手でキャストする理由 :第2回(全4回)

Basser バス釣り

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。
今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、
頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。
彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、
その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。

10m離れたところに置いたペットボトル(太さ7㎝)に見事命中

シングルハンドキャストならではのアキュラシーのよさ

Basser編集部=写真と文

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。
今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、
頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。
彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、
その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。
この記事はBasser2014年7月号に掲載されたものを再編集しています。

DSC_2548 解説=吉田幸二(よしだ・こうじ)
吉田幸二さんのブログ「熱血! 幸運児

1951年3月16日生まれ。日本で最初にバスプロ宣言をしたアングラー。昔ながらのシングルハンドキャストを貫く。日本のバスフィッシング黎明期から培った圧巻のクランキングで1998年のオールスタークラシック優勝を筆頭に、数々のトーナメントで輝かしい成績を収める。NPO水辺基盤協会代表

 

メリット① アキュラシー

 
吉田さんはシングルハンドキャストの利点のひとつとして、アキュラシーが高いことを挙げた。

記者のイメージではダブルハンドでロッドをしっかりと保持したほうが、精度の高いキャストができると思っていたのだが、間違っていたのだろうか。

「ダブルハンドキャストだと、キャストに必要な動作が大振りで複雑になるから、余計な力が入ってしまいやすいし、振ったときの支点が定まらないんだよな。シングルハンドキャストは片手のヒジから先だけを使って、ロッドの反発力で投げるから余計な力は必要ないし、支点は手首に定まるんだ」


キャストのアキュラシーを上げるには、同じフォーム、同じ力加減でキャストしたとき、毎回同じところにルアーを落とせるのが前提だ。

同じように投げているのに着水点がバラけてしまうのは論外。


とはいえ、アングラーがサイボーグでない以上、毎回寸分違わぬ力でキャストするのは不可能だ。

力みや緊張でアングラーが意図しない力が加わったとき、ロッドはブレ、ルアーはアサッテの方向に飛んでしまう。

その点、シングルハンドはロッドをブレさせにくいのだという。

そのブレを生じさせにくいのがシングルハンドキャストなのだ。

DSC_1602吉田さんのキャストを正面から見る。シングルハンドはスイングがブレにくいのだという

ダブルハンドキャストは両手を使って投げる分、当然動作は複雑になる。

両腕の肩から先の筋肉や関節をうまく連動させなければならないし、上体をひねる動きも加わる。

コントロールすべき身体の部位が多くなれば、それぞれを毎キャスト同じように連動させるのは難しくなる。

また、ロッドを振るときの支点は1点に定まっていたほうがロッド先端のブレを小さく抑えられるが、シングルハンドと比較して、投げるのに大きな動作が必要なダブルハンドキャストでは、支点も大きく動いてしまい、方向性を定めるのが難しくなってしまうのだ。

結果として、着水点はバラけやすくなる。もちろん、ダブルハンドで正確なキャストを決める人も大勢いるが、そのスキルを得るまでの道のりは険しかったはずだ。

吉田さんのキャストの連続写真を見ると、非常にコンパクトな手の動きで、ロッドの反発力を使ってルアーを飛ばしているのがわかる。

スイングの支点は手首の1点に定まる。

アングラーはロッドがルアーを押し出すのを補助するだけでよいので、ロッドをブレさせるような力も加わりにくいのだ。

つまり、ロッドが毎回同じようにルアーを運んでくれるため、機械のように毎回同じところにルアーを落とせるわけだ。


01 02 20m先に置いた紙皿の的(直径18㎝)をねらって吉田さんにキャスティングシンカーを投げてもらった。1投ごとにシンカーが最初に地面に落ちた地点を赤い紙でマーキングした。1投がやや陸側に流されたが、それを除けば左右方向(キャスト地点から見て)におよそ20㎝の幅に着弾した。方向の定まったキャストで、若干の飛距離の調節をすれば着弾点が1ヵ所にまとまるだろう。ちなみに青いマーカーは記者のキャスト(ダブルハンド)。方向、飛距離ともブレブレで、着弾点は前後左右へ2m以上の範囲に散らばった。また、無駄に力んでいたせいか、すべてのキャストが的を飛び越えてしまった。バンクの際をねらったキャストなら確実にブッシュに引っかかってしまっただろう
 

 

明日使えるテクニックから
国内外のトーナメント情報まで

Basser
最新刊好評発売中

2016/06/15

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。