編集部2022年1月29日

松本幸雄さんに教わる! エリアトラウトの基本 第2回 スプーンとクランクの基本の釣り方編

ヤマメ イワナ ニジマス 魚種別釣りガイド ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場ガイド

クランクベイトは入門者にうってつけ。重要なタナのキープは巻くのを止めたらすぐに沈んでしまうスプーンだと入門者には案外難しいものだ。しかし、フローティング、もしくはシンキングでもゆっくり沈むクランクベイトなら難しいことは考えずにゆっくり一定に巻けば誰でも同じ層を探りやすく、結果として魚も釣りやすくなる。

初心者にオススメはクランク。「ナリ」と「グリ」を覚えよう

文と写真=編集部

 ニジマスをルアーでねらう管理釣り場(=エリアトラウト)は初心者向けのイメージが強いが、実はエキスパートもハマる奥深さがあった。これから始める人や今までなんとなく釣ってきた人へ奥が深いエリアトラウトの基本を紹介。

◆この記事の内容を動画でチェック!

◆関連記事
トラウトロッドおすすめ人気ランキング18選

管理釣り場でのスプーンの使い方

 管理釣り場ではド定番のスプーンは誰にでも使いやすい入門者向けかと言われれば実はそうではなく、一番奥が深いルアーだそう。

 その理由は重さやカラーの使い分けにリトリーブ方法のバリエーションが組み合わさることで膨大なパターンが生まれるからだ。そんな奥が深いスプーンだが基本は巻くだけの「ただ巻き」で充分釣れる。

 

trout-area-satio (3)
松本さんが選んだスプーンはロデオクラフトのNOA。蛍光ピンクとオレンジ/金で派手なカラー。スプーンは活性が高い個体を手返しよく釣るために使うのでまずは派手な色で充分だ

trout-area-satio (4)
ロッドは握り込まずに下から支える程度でよい。引っ張られたらサオが動くくらいがベスト

trout-area-satio (5)
ロッドティップとラインの角度は160度前後をイメージ。直角や一直線だとヒット率が落ちる

 キャストしたらまずはフリーフォールのカウントダウンで水深を秒数で確認する。そうしたら次のキャストではそれよりも短いカウントでただ巻きを始める。アタリがあればその秒数がその時のタナなのでそこをキープして探っていこう。アタリがあったけど掛からなかった場合はその場でフリーフォールさせて着底までの秒数を確認してキャスト時の秒数と比較するとより正確なタナをイメージできるだろう。アタリがなければ別の秒数でただ巻きをしていこう。

 注意する点はロッドティップとラインの角度とロッドの持ち方だ。ティップとラインの角度は160度前後になるようイメージすると食い込みを弾きにくく掛かりやすい。ティップとラインが直線(180度)でも直角(90度)にもならないように心がけよう。アタリは手もとに伝わったりロッドティップに表われたりする。はじめのうちはとにかく変化を感じたら合わせてみよう。ロッドの握り方はとにかく力を抜くこと。握り込まず、親指もロッドから離して下側から支えるだけで充分だ。このくらい自由に動く状態にしていないとアタリがあるのに掛からないことが格段に増える。

管理釣り場でのクランクの使い方

 一方のクランクベイトは入門者にうってつけ。重要なタナのキープは巻くのを止めたらすぐに沈んでしまうスプーンだと入門者には案外難しいものだ。しかし、フローティング、もしくはシンキングでもゆっくり沈むクランクベイトなら難しいことは考えずにゆっくり一定に巻けば誰でも同じ層を探りやすく、結果として魚も釣りやすくなる。クランクベイトには表層を探りやすいフローティングタイプと中~下層を探りやすいシンキングタイプがあるが、まずは全層探れるシンキングから使うとよい。探りやすいクランクベイトの基本的な巻き方には松本さんがナリ(一定速度巻き)とグリ(早巻き)と呼ぶ2種類があるのでそれらをまずは覚えよう。

trout-area-satio (7)
初心者はクランクベイトから始めるのが釣りやすくておすすめ。スプーンは定番のルアーだが、実は思いどおりに泳がせにくい

trout-area-satio (8)
クランクベイトはフローティングとシンキングの2種類を用意すればOK。今回使ったのはロデオクラフトの「モカ」シリーズ。まずは広く探れるシンキングから使おう

 釣り開始でタナがわからない時はナリからスタートしていく。ナリは最初から食わせるためのゆっくりした一定速度で巻き続ける釣り方だ。ブリブリとサオ先が動いたり手もとに伝わる振動を感じたりする最も遅い速度で巻き続けるのが基本。クランクベイトの場合、巻いた分だけ潜るのでタナはハンドルの回転数を数えることで管理することになる。たくさん巻いたところでアタリが出た、つまりタナが深い場合はそこに到達するまでのタイムロスがあるので次のキャストからはグリを使っていくとテンポよく釣っていくことができる。

 グリとはナリでアタリが出た回転の数だけ最初に早く巻くことで目標のタナまで急速に潜らせてしまい、あとはナリと同様にゆっくり一定に巻いていく釣り方である。ナリが有効なのはタナを探す時や広範囲に魚が散っていて特定のタナがない時で、グリが有効なのはタナが決まっている時や深い層に魚が多い時だ。まずはナリで探ってみてどちらが効率的か状況に応じて使い分けると釣果アップにつながる。

ボトムとトップの釣り

 中層のスプーンやクランクで反応が悪くて釣れない時もあるだろう。そんな時に助けてくれるのがボトムを探れるメタルバイブや水面で使うトップウォータープラグだ。メタルバイブの使い方はボトムを跳ねさせるだけ。

 

trout-area-satio (9)trout-area-satio (10)
メタルバイブは底と同じ色を、トップウォータープラグはクリアを選ぼう

 投げて着底したらブルブルとした振動を感じながらロッドを小さくゆっくり持ち上げて、一気に落とす。上げる時にリールを少し巻いて余分なラインのフケを取るとよい。アタリは手もとに来たりたるんでいたラインが一瞬張ったりするので即座に合わせよう。ロッドを持ち上げた頂点でアタリが出ることもあるから気を抜けない。手首を返して持ち上げるのではなく腕全体を持ち上げるようにするとそういった場合でも手首で合わせることができる。はじめの数投は反応がなくても同じところに投げ続けていると徐々に反応が出てきてポイントが育っていくのでおもしろい。1尾がメタルバイブをつついて周辺に砂煙が広がると他の魚も集まってきてアタリが増えだすのだ。メタルバイブの色は基本的に底の色に似せた茶色や緑色系がどこでも有効。

 トップウォータープラグは水面を使って食わせるルアーで暖かい時や魚がよく跳ねているときに使うと他のルアーよりもはるかに釣れてしまうこともあるルアーだ。使い方としてはロッド操作で音や水しぶきを出して誘っていくことになる。泡やゴミが溜まって帯状になっている場所や魚がよく跳ねている場所をねらうとより釣れやすい。カラーは下から見てシルエットがはっきりしないで透けるクリアカラーが基本だ。

 

第1回:ルアー、ライン、タックル編

第3回:応用編/大物狙いと釣果に差がつくグリップの握り

 


 

trout-area-satio (11)
取材でお世話になったジョイバレー(tel047・978・1811)
●料金:日釣券(大人・平日/土日祝日)5430円/6080円のほか女性・中学生料金や時間券もあり
●放流魚種:ニジマス、ロックトラウト、イトウなど
●アクセス:東関東自動車道・成田ICから空港方面・芝山・多古方面へ。左手奥にファミリーマートが見える交差点を左折する。200m程でY字路となるので右側へ進んで行くと到着。

 

 

 

こちらの記事は『つり人』 2021年4月号に掲載したものをオンライン版として特別公開しています!

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。