編集部2021年9月20日

釣り針入門 フックの曲がり(ベンド)によるメリットとは!?

魚種別釣りガイド タックル 知らなきゃ困る超基本

  釣りには数多くの道具や仕掛けが存在します。中でも釣りバリは魚との接点となる大変重要な要素です。この記事では、釣りになくてはならない釣りバリについて解説していきます。今回は「ハリの曲がり(ベンド)」について紹介します。

まとめ◎つり人社書籍編集部  

この記事は『釣りバリのひみつ』に掲載したものを再編集しています。

 釣りには数多くの道具や仕掛けが存在します。中でも釣りバリは魚との接点となる大変重要な要素です。この記事では、釣りになくてはならない釣りバリについて解説していきます。今回は「ハリの曲がり(ベンド)」について紹介します。

 

こちらの記事は 書籍「釣りバリのひみつ」に掲載されています。数万年もの歴史をもち、時代とともに進化してきた釣りバリ。世界を代表する釣りバリメーカー・(株)がまかつの全面協力を得て、その「ひみつ」に迫ります。釣果アップ必至、全ジャンル釣り人必読の書。コチラからチェック↓↓↓

 

ベンドを制するものは掛かりを制する!?

おさらい!フックの各部名称はコチラ→→→  釣り針入門 知っていますか!?各部の名前 

 

 一般的にフトコロ幅が狭いハリは身切れが起こりやすく、広いハリほどキープ力は高くなります。

 キスバリやカレイバリなど、投げ釣り用のハリはおおむねフトコロが狭いですが、これはキープ力よりも魚の口の中への吸い込まれやすさを優先しているからです。対して魚体にハリを掛ける友釣り用のハリは、掛かりやすさ+身切れを防ぐためにフトコロ幅が広く設計されています。強度的にはフトコロ幅が狭いほうが強くなります。

 また、フトコロが深いほうがキープ力は高く、浅いほどハリが外れやすくなります。友釣り用のハリで早掛けタイプのものは、ハリ先が短く掛かりが早い傾向にあります。

 そのフトコロを形成するのは「曲げ」ですが、曲げのパターンについては明確な呼称があるルアーやフライフックのベンドを例に説明します。

 

bend

 

 ベンドには大別してリテイナーベンド、ラウンドベンド、スプロートベンドの3パターンがあります。

 これらはシャンク(軸)を垂直にしたとき、フトコロ幅のセンターに対して、フトコロ最深部がどちら側にあるかが分類の基本です。最深部がフトコロ幅のセンターよりシャンク寄りにあるものがリテイナーベンド、ポイント(ハリ先)寄りにあるものをスプロートベンド、フトコロ幅のセンターと最深部が同じ位置にあるものをラウンドベンドと呼びます。特徴としては同じ軸、同じポイント位置のハリと仮定し、魚が掛かり負荷が掛かったとき、よくたわんで粘るためハリが折れにくいのがスプロートベンド、逆にたわみが小さく折れやすいのがリテイナーベンドです。逆にいうとスプロートベンドのハリは伸びやすく、リテイナーベンドのハリは伸びにくいということになります。

 またハリが魚に刺さり込んだとき、身を保持する部分、つまりハリ先からフトコロ最深部までの距離が長いリテイナーベンドのほうがキープ力が高くなり、ハリ先まで長い分、ハリが抜けにくくなります。ラウンドベンドは、すべてその中間です。

 

 

jigging-hook-1

 ジギングフック貫

 たとえば青ものをメインターゲットにした「ジギングフック貫つらぬき」はバレにくさを優先したリテイナーベンドです。折れ対策として太軸にすることで強度を出しています。ほかにもライトゲーム用で太軸のジグヘッド「ミニフットボール」やフライフック「R10-B」「R19-1F T」は、いずれもバーブレスでありながらバレにくいようにリテイナーベンドを採用しています。

 

mini-footballミニフットボール

 

r10bR10-B

 

r19-1ftR19-1FT

 

 日本のエサバリでは一部のカワハギバリや餌木のカンナなどを除いてリテイナーベンドは少なく、ほとんどがラウンドベンドかスプロートベンドです。グレバリなど磯用のハリは、極端ではないもののスプロートベンドです。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。