編集部2021年6月30日

70オーバーのニジマスがドライで出る!6月1日洞爺湖解禁 大型ニジマス&サクラマスの釣果パターンを学ぶ!

ニジマス 全国おすすめ釣り場 北海道 NorthAnglers

今回は洞爺湖での大型ニジマス&サクラマスの釣果パターンを学びます!


2021年の洞爺湖釣り場情報有り!

image-5-1

洞爺湖のトラウトフィッシングといえば、ベイトとしてワカサギを意識した釣りが長く定番とされてきたが、近年、新たなタクティクスが見出され、選択肢が広がっている。

それもあってか数年前からは、ルアー&フライともエゾハルゼミが注目され、6月にシケーダパターンで数々の良型がキャッチされているようだ。

6月70オーバーを釣ったドライフライ

pasted image 0-Nov-22-2021-02-22-23-99-PM

モンカゲロウのダン(亜成虫)へのライズをねらう釣りで、昨年の6月には73cmのニジマスをキャッチしたのだ。洞爺湖でも古くから、モンカゲロウのハッチがあることは知られていたが、それが好んで捕食される光景は少なかった。

なぜそんな釣りが成立したのか?

昨シーズンはワカサギが不漁だったため、シャローエリアのトラウトは別の捕食対象を求め、上(水面)を向いたのではないか。さらに、解禁日はベタナギ~さざ波という、モンカゲの釣りに向く条件だった。ということが要因として考えられる。

しかしながら、“見たことのないほど” のハッチが起こった理由については不明。それが今年も起こるのか、要注目だ。ワカサギの漁獲は今年、昨年以上の不漁が伝えられている。トラウトは今年も、上を向くかもしれない。

ニジマスの70cm超は道内でも大台といえ、それがドライフライでねらえるフィールドは貴重だろう。

昨年のサクラマスの釣果状況は

pasted image 0 (1)-4

直近の解禁期間である12月1日~3月31日、サクラマスは不調だった。解禁日、釣果はふるわず、水温が高めで岸寄りしていないことが予想される。

その後、水温の低下とともに上向くことが期待されたが、低調なまま推移。例年3月、終盤に向けて活気づくが、残念ながら、その盛り上がりもないまま終了してしまった。

サクラマスの不調の原因は不明。単純に、今年産卵する年級群が少ないのか。不漁のワカサギが沖の深場に集中し、広く回遊していないのか。

いずれにしても、禁漁期間の2ヵ月を経ても状況は大きくは変わらないと予想され、サクラマスはふるわないシーズンになるかもしれない。

一方で、2014年を最後にストップしていたニジマス幼魚の放流が、2019年から、数は少なめながら再開されていおり、40cmを超える個体もいるという。今夏はさらに成長したニジマスが姿を見せてくれることが期待されている。

サクラマスの不調が気になるが、もしその流れが続くようなら、ニジマスを意識したねらい方にシフトしてみるのもよいだろう。ニジマスはサクラマスに比べ岸寄りでのヒットが多く、定番はカケアガリの前後。

ときにシャローエリアもねらいめといえる。いずれの場合も、不用意なウエーディングに注意し、静かに釣ることを心掛けたい

洞爺湖 コロナ禍での釣り場状況

pasted image 0 (2)-4

古くから同湖屈指の人気ポイントとして親しまれてきた仲洞爺キャンプ場前が今夏、“釣り禁止” になってしまった。

コロナでキャンプ場の運営を中止していたところ、今夏は開場することになったが、運営上、これまでにない人数制限を行なっている。また、以前からキャンプ場内の釣りの樹種区を呼びかけていたにも関わらずほとんど周知されていなかったため、今回、釣り自粛のお願いの厳格化、事実上の “釣り禁止” にすることになった。

しかし、ルール上、場内での湖の釣りはできないものの、キャンプ場の敷地内に入らなければ、公共の水面で釣りをするのは、何ら問題はない。

コロナ対策のための急場の対応という点を考慮すれば、今夏は致し方ないのかもしれない。ちなみに、12月1日~3月31日の冬季解禁時は、キャンプ場は営業していない。

冬の釣りはOKになることを期待したいが、同町役場によれば、冬のキャンプ場営業を検討する案が浮上しており、冬も一律、“禁止” になる可能性もある。

まとめ

ニジマスの大ものが狙えることが期待できるので、準備をしておけばチャンスがくるはずだ。

その半面、釣り人のマナーの問題がクローズアップされている。近年、道内各地で、釣り人の目に余るマナー違反により、立ち入りが制限されてしまう例が散見される。

釣り場での節度のない行動は、地元の方々に迷惑を掛け、釣り人皆の不利益になってしまう。自身の行動を、今一度省みたい。

北海道の釣り情報誌ノースアングラーズでは北海道の川釣り海釣り湖釣りについてやビギナーのための情報も発信している。

またYouTubeのつり人チャンネルではバス釣り、フライフィッシング、海釣り、魚のさばき方など、釣りの楽しさ、釣りの素晴らしさを伝えられる動画を毎日アップしている。

こちらもぜひ参考にしていただきたい。

関連記事:

ノースアングラーズがおすすめする北海道トラウト用ルアーのメーカー&新作ルアー紹介

屈斜路湖のニジマス実績ストリーマー・マテリアル完全紹介!

2021/06/30

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    THE WILD...

    THE WILD...

    THE WILD...