編集部2021年11月20日

趣き深きABU丸型リールの世界:第4回(全4回)

釣りの仕掛け集 タックル Basser

クラシックタイプのアンバサダーは昔から人気が高い。なかでも80年代前半までにつくられたオールドアンバサダーは垂涎のアイテムだ。6000番のハイギアモデルのコレクターとして知られる山中康嗣さんの秘蔵コレクションを拝見。

6600C Black Thumbar/6500A/6600FL

文=山中康嗣

 クラシックタイプのアンバサダーは昔から人気が高い。なかでも80年代前半までにつくられたオールドアンバサダーは垂涎のアイテムだ。6000番のハイギアモデルのコレクターとして知られる山中康嗣さんの秘蔵コレクションを拝見。

こちらの記事は『ABU for LIFE』に掲載されているものをオンライン版として特別公開しています。この記事のほかにも、アブとともに楽しむ極上のフィッシングライフを楽しむための記事を多数収録。ぜひチェックを!↓↓↓↓


※注:今回ハンドル、ハンドルロックナットについてはパーツ変更点として記述していません
1-2-1

6600C Black Thumbar

クラシック系ハイギアモデルのラストを飾ったのが6600C黒ベロ
●フットナンバー/810400

21-Nov-20-2021-09-11-23-49-AM
22-4
6600C FN.810400 Black Thumbar

 わずかな期間で生産を終えた6600Cが再び世に送り出されたのは80年のこと。フラットリム式サイドプレートが採用され登場した。

 同年の6500Cにも採用されたリム形状だが、6500Cと大きく違なる点はフェイスステッカーを採用せず、両サイドプレートにリムステッカーを貼付したことである。
22-1triming image
 前モデル最大の特徴であった赤いサムバーは黒に変更され、それにともない形状や材質も変更された。また、紛失などの問題があったのか、サムバーテンションスプリングが左サイドプレート内から右サイドプレート内(ブレーキプレート上)に移設されたことが、機構上での変更点となる。外観ではハイスピードステッカーが黒金セリフ体から黒金筆記体へ変更された。

 6600Cブラックサムバー(黒ベロ)は、6600Cレッドサムバー(赤ベロ)の進化版とは位置付けられていなかったのか、00というバージョンナンバーが与えられた。現在「801000」「810200」「810300」などのフットナンバーも確認されている。

 そして81年、6600Cは生産を終了する。それは同時に72年から続いた6000番のクラシック系ハイギアモデルの終焉でもあった。

6500A

軽量パーツを採用することで304gという自重を実現したパーミングモデル
●フットナンバー/801000

23-Nov-20-2021-09-11-23-85-AM
24-Nov-20-2021-09-11-24-14-AM
6500A FN.801000(前期型)

 6500Cに対して6500が存在するように、6500CAのブロンズ・ブッシングバージョンが6500Aである。パーミングモデルとしては6500CA、ストライパーに続く3機種目となり、およそ1年後の80年に登場した。

 最大の特徴は自重。フレーム(アルミインナープレート)、ドラグホイール(アルミプレート)、メインギア(高硬度アルミ)……ほか、軽量パーツを採用することによって、これまで数多くリリースされた6000番ハイギアモデルの中で最も軽い304g(実測値)を実現した。

 モデルとしては84年まで存在し、その間外観だけでもフレームピラー、フレームインナープレート、ドラグホイール、ステッカー……など、数多くのパーツ類の変更が行なわれた。また、ストライパー同様、左サイドプレート上のクリックスイッチの有無で前期型と後期型に区別される。

 後期型もブロンズブッシング搭載機ではあるが、そのサイズが10㎜×3㎜×4㎜に変更され、それにともないピニオンギアなどがボールベアリングモデルと共通となる。

 この頃からグラファイト素材や丸型ではないサイドプレートを採用した新世代アンバサダーが次々と発表され、昔ながらの丸型アンバサダーは徐々に行き場を失っていく。

6600FL

日本製のリールを牽制するがごとく最新機能を盛り込んで登場した名機FL
●フットナンバー/85-0

25-Nov-20-2021-09-11-23-52-AM
26-Nov-20-2021-09-11-24-09-AM
6600FL FN.85-0

 70年代終盤から日本製リールが勢力を拡大しはじめ、アンバサダーもさまざまな新機能が盛り込まれた新型モデルが登場する。80年代に入ると、フローティングレベルワインド、バヨネット機構、フリッピング機構、非丸型サイドプレート、アクセルレススプール……など、現在のリールにも採用され続ける機能が数多く発表された。

 その流れのなか、84年に4600FL、5600FL、翌年には6600FLと、FLシリーズがそれぞれデビューする。注目すべきはSAAB社(スウェーデンの航空機・軍需品メーカー)の戦闘機に採用されていたとされるグラファイト・コンポーネント製サイドプレート。このサイドプレートにウルトラマグ系のブレーキシステムをさらに進化させたスピードアジャストマグネティックブレーキなどの機能を搭載。最新機能と伝統の融合といった触れ込みであった。

 しかし、最新機能を盛り込みながら伝統を引き継ぐ試みは、決して世間に受け入れられたとはいい難く、苦戦を強いられることになる。

 記憶に残るブラック、ゴールド、グリーンという斬新な色使いの名機は、アブの「迷走期」とも揶揄される時代の流れに翻弄され、わずか2年あまりで姿を消すことになった。

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。