編集部2022年3月22日

全国おすすめ釣り場ガイド 北海道 道央/寿都湾 マガレイ

カレイ 全国おすすめ釣り場 北海道 PICKUP

  ご紹介するのは千葉県の利根川右岸に広がる木間ケ瀬周辺のホソです。大小さまざまに広がる網目状の水路でタナゴ釣りを楽しみましょう!

北海道の投げ釣りでねらえる花形ターゲット「マガレイ」

レポート◎小林亮

この記事は『つり人』2020年5月号に掲載したものを再編集しています。

小林亮
昭和55年生まれ。北海道札幌市在住。好きな釣りはルアーフィッシング全般、アユの友釣り、氷上ワカサギ釣りなど。姉妹誌「ノースアングラーズ」で道内の釣り場紹介記事を担当。釣って食べて浸かって北海道の生活をどっぷり満喫中。

今も昔も投げの花形ターゲット

 北海道では投げ釣りといえばカレイが一番人気のターゲットだ。理由はシンプル、いっぱい釣れるからにほかならない。北海道の海を簡潔に説明すると、生息している魚種は本州より少なくても(温暖化で近年は増加か!?)、いる魚はこれでもかというくらい魚影が濃い傾向にある(笑)。

 記者がそのことを最初に感じたのがカレイ釣りだ。道内全域に多種のカレイ類が生息しており、最盛期なら港、磯、サーフ、どこでもねらえるのはカレイ釣りファンにとってはかなり恵まれた環境だ。

tba5_ph_01_02-1

メインターゲットはマガレイ。20~25㎝クラスでも引きが強い

p-096-107-01--1

 

 日本海は真冬から釣果を聞くが、日本海、太平洋ともに好機は春から初夏。それゆえ、道央の投げフリークは最盛期が早い日本海で始動し、5~6月になると太平洋に向かう人が多い。

 4月は道央日本海の有名なカレイ釣り場が本格化を迎える。「日本海のカレイの魅力はやっぱり数釣りできることです。ポイント選択がハマったときは開始から納竿まで、アタリ続けることもありますから。メインターゲットは引きが強く、食味もよいマガレイです。サイズは以前こそ手のひらサイズが多かったけど、最近は大型化しているのか、35㎝オーバーも珍しくないです。なかなか浮かせられなくて、焦ることが結構あります」とは千歳市の清竿堂の二橋翔大さん。

tba5_ph_01_03

40㎝クラスのマガレイは迫力充分。合わせた後のズシンとくる手応えも最高だ

 

遠投と誘い

 おすすめのエリアは寿都。コの字を横倒ししたような寿都湾は好ポイントが点在していて、東向きと西向きの海岸があるので風向きに応じて入る場所を選ぶこともできるメリットもある。特に西向きの海岸は日本海では希少なので、山中海岸、樽岸海岸などは、ほかが大荒れで釣りにならないときでも大丈夫なこともけっこうある。ただ、北寄りの風は全域厳しくなる。

tba5_ph_01_09

ゲストはホッケが一番多い。春のホッケは脂が乗っていて旨い!

 

 磯からのアプローチを考慮すると、タックルは遠投性能を重視したほうがいい。もちろん近投で釣れるポイントもあるが、釣り座選びでの選択肢は広いほうがいい。手前に荒根ゾーンがあるポイントなどは、掛かった魚を早く浮かさないと仕掛けを根に取られるリスクが高いので、硬いサオがマッチする。その一方、足もとから砂地なら、食い込みがよく、釣り味も楽しい軟らかいサオを選ぶのも手だ。また、高活性で好奇心旺盛なマガレイは、頻繁にサビいて誘うと釣果があがりやすい。25㎜ストロークの小型軽量リールをセットしたタックルを一本用意しておくと、軽快に誘えるしとてもラクだ。

 仕掛けはドウヅキ、遊動式、テンビンの3タイプがポピュラー。エサはイソメが一般的で、遠投派は塩で締める人が多い。このほかサンマの切り身などの身エサも面白い。釣ったマガレイがコウナゴなどの小魚を吐くことは珍しくなく、意外に魚食性が強い。

tba5_ph_01_07

マガレイはコウナゴを吐き出すことが結構ある。仕掛けの装飾などのヒントにしたい

 

 

イチオシギア

ベルモント『アルミ補強付き折り畳みショベルS』

tba5_ph_01kakomi01-1

渓流をサポートする便利グッズとして、本誌前号でも何点か紹介されていた折り畳みスコップは、クルマに積んでおくと何かと便利。北国の冬は長くて寒いけど、氷代フリーな時季も長いのはささやかな恩恵。記者の場合はクーラーボックスに保冷用の雪を入れる時に重宝している。春先の硬い残雪も先端でザクザク崩せるし、素手より断然仕事が早い

 

 

フィッシングショップ清竿堂

tba5_ph_01kakomi02

住所=北海道千歳市青葉8-2-1

営業時間=10~19時半(日曜祝日19時まで)

問合先=0123・24・0303

 

◆釣り場情報

 

交通●後志道、余市IC からR5、R229 で南下。または道央道から黒松内新道を利用し、黒松内南IC からR5 で北上するルートもある。どちらも札幌からは2 時間半~ 3 時間

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。