川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

メバル・アジ釣り×温泉/長崎県長崎市・野母半島と軍艦島

軍艦島を望むメバル&アジングで非日常へトリップ

小田部修久◎レポート

この記事は『つり人』2017年2月号に掲載したものを再編集しています。

034-041onsen_guide_cs6 (28) デカメバルマニアの間で穴場とささやかれる茂木の沖波止


 長崎市街からおよそ40分南に下ると野母崎。そこは東の天草灘と西の五島灘とを分つ細長く突き出た半島となっている。周辺には入り組んだ地形に漁港や波止、地磯や水道が点在し、さまざまな表情を持つ釣り場が集まっている。沖にも島々が浮かび、瀬渡し船を利用すれば釣行可能。中でもその威容がひときわ目を引く端島、通称軍艦島が五島灘に浮かぶ。実はこの島、世界遺産として注目される遥か以前から磯釣り愛好者にはなじみの島で、現在も瀬渡しでの釣りが可能である。さらに、世界遺産に登録されてからはクルーズ船も出ているので、旅を充実させるオプションとして選択も可能。

 天草灘に面した東側は冬期の季節風の風裏になり、メバルやアジの好釣り場が多い。長崎市内方面に少し戻ることになるが、茂木周辺はマニアの間でメバルのサイズがよいとささやかれている。特に、茂木港から瀬渡し船で渡る沖波止はスレていない良型が多い穴場だ。瀬渡し船を利用するといっても、釣り場まで近いので手軽で料金もリーズナブルである。

 オカッパリではメバルとアジがともに最高のシーズンを迎え、メバルは日中でも可能。沖波止に渡ればサイズアップが期待できる。アジは波止や漁港の外灯が点いてからがよく、割り箸サイズならコンスタントに釣れる。

 この周辺のアオリイカもまた、他のエリア同様に春と秋がベストシーズンだが、この界隈は周年エギングをやる人を見かける。特に今期はアオリイカが多く、まだまだ期待できる状況にある。

 野母三ツ瀬、軍艦島、高島、伊王島などでの磯のメジナ釣りは盛期の真只中で、クチブトとオナガの両方がねらえる絶好機。ロックフィッシュのハタ類は夏が本格シーズンだが、冬期は一発大型の夢がある。

 メジナなら40㎝前後で数は状況や釣り方次第。中には50㎝近くの良型もヒットするが、地形と浅めの水深の兼ね合いでバラシが多発する。

 沖の流れがあるところに藻場が広がるカケアガリがベストポイントだが、テトラ際や波止や岸壁の足もとにもいるので隈無く探りたい。沖の流れは小型バイブレーションやメタルジグなど飛距離が稼げる自重のルアーを選択し、総じて横方向の釣りとなる。一度着底させたのちに巻き上げてくるが、ときおり巻くのをやめるかスピードを緩めてルアーをフォールさせたり軌道を変えたりして食いを誘う。

 テトラ際や壁際はジグヘッド+ワームやメタルジグを使い、ジグヘッドでは上から下へと探りの手を広げ、メタルジグでは着底させたあとに上に誘い上げて必ずフォールを交えて誘っていくとよいだろう。

034-041onsen_guide_cs6 (29) 野母崎の樺島港はアジやアオリイカ、メバルの好釣り場

alega軍艦島
℡095・893・1133
034-041onsen_guide_cs6 (30) 034-041onsen_guide_cs6 (31)
 軍艦島が浮かぶ五島灘を一望するリゾートホテルの温泉は、まさにくつろぎの空間で、立ち寄り湯だけではモッタイナイ。

 温泉は、高濃度の二酸化炭素を含む炭酸水素塩泉が新たに湧き出した天然温泉。美肌効果に注目の成分であるメタケイ酸が豊富に含まれ、美人の湯として人気がある。景色も最高で、晴れた日には五島灘に沈む夕陽を眺めて湯に浸かるという贅沢な時間をすごせる

住所●長崎県長崎市野母町692-1
営業時間●10~21時(入館は20時30分まで)
料金●大人410円、小人200円(4歳以上)
034-041onsen_guide_cs6 (6)
交通●長崎道・新戸町ICを下りて県道237号を経てR499号を南下。市街から約40分で野母崎
問合先●ポイント長崎新地店(℡095・824・6041)



===

2017/12/25

つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中