編集部2022年5月18日

神奈川県/城ヶ島・水っ垂 三浦半島で見つける穴場 シケ日に輝く 小磯のクロダイ その2(全3回)

全国おすすめ釣り場 神奈川

都心から1 時間で本格的な磯釣りが楽しめる三浦半島。休日になるとメジャー釣り場はよほどの悪天候でない限り満員御礼となってしまう。そこで三浦をホームグラウンドにするベテランの穴場捜しを拝見!

穴場を見つける思考法

写真と文◎上坂哲史

こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

 

 

三浦で穴場を見つけるための考え方、目の付け所

ここで登場していただくのは、三浦半島長井に生まれ育った原田浩行さんである。原田さんはこれまでに数々の穴場を開拓してきた人。雑誌のポイントマップにも載っていない穴場を、どのように見つけるのか聞いてみた。

02-May-17-2022-04-13-15-48-PM

原田浩行さんは1965 年生まれ、神奈 川県横須賀市在住。海にほど近い横 須賀市長井で生まれ育ち、幼少時から サオを握る。社会に出てから本格的に クロダイ釣りを始め、三浦半島の地磯 や堤防へ精力的に釣行する。混雑した 釣り場が苦手で、人と争うことも好まな い性格。マイボートやウエーダーを使っ て釣り場を開拓し、地道に釣果を上げ てきた。ノベサオによるウミタナゴの立 ち込み釣りも得意。そしてこの日も価値 ある1 尾をキャッチした

 

「積極的にポイントを捜していた若い頃は、魚の通り道となる溝や、魚の付 き場となる場所が至近にあるかどうか を常に意識していました。魚の付き場 とは、消波ブロック帯や藻場、沈み根 などです」

気になる場所が見つかると、夏場は 潜ってみたり、マイボート で地形を観察するなどしたそうだ。そして目星を付けた場所で 実際にサオをだして検証する。こん な作業を繰り返していた。

現在は空撮写真が容易に手に入る ので、ここまでする必要はない。地 元の釣り人がよく釣ってくる場所な どがあれば、空撮写真を見ながら答 え合わせをしてみるのもよい。沖か ら溝が入っている、至近によい根が あるといった「釣れる理由」が見つ かればしめたもの。似たような地形 の場所があれば、同じように魚が釣 れる可能性があるのだ。

ウエーダーを履いて穴場を探せ!

穴場捜しのツールとして、ニ ーブーツやウエーダーをおす すめしておきたい。近年は シューズタイプのスパイ クが流行しているが、 こと地磯においては、ちょっとした溝を渡って沖の岩 に乗るだけで、ねらえるポイントと釣 果が劇的に変化するケースが少なくな い。ソルトルアーでは一般化したウエ ーダーもウキ釣りではいまひとつ馴染みが薄いが、これを活用することによ って、聖域に一歩近づくことができるといえるだろう。a-1-May-17-2022-04-13-16-64-PM

遠浅な三浦の磯で穴場探索の一 手となれば足もとはニーブーツかウエーダーがおすすめ

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。