編集部2021年10月18日

吉田撃さんが語る 影響を受けたルアー バイブレーション編

ブラックバス Basser バス釣り

吉田撃さんに影響を受けたルアーを伺いました。バイブレーション編です。

「ウィードから魚を呼ぶパワーが強いルアー。」

吉田撃さんに影響を受けたルアーを伺いました。バイブレーション編です。

この記事は「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」を再編集しています

 

musontaku_070-071yoshida_geki00

吉田 撃(よしだ・げき)

1982年生まれ。強いルアーセレクトで魚に媚びない釣りスタイルを得意とする人気アングラー。メディアにはあまり取り扱われない真面目な一面が見られるYouTube「撃チャンネル」でも注目を集める。ガンクラフトのプロスタッフとしても活躍

撃チャンネル  https://www.youtube.com/channel/UCgwc2CHm1HBKHaZA7elWZqw

こちらの記事は 「俺たちのヘビロテBASSルアー大全」に掲載されています。バスプロ、ルアービルダー、釣具店の方々が自信を持っておすすめするヘビロテルアーを忖度なしで大掲載!!!本当に釣れるルアー教えます↓↓↓

 

 

 

琵琶湖で出会ったバイブレーションの名作

 

エバーグリーン/ブザービーターTG

musontaku_070-071yoshida_geki05「TGのゴトゴトサウンドがいいっていう人がけっこういると思うけど、自分の場合はルアーが飛ぶという意味でTGを使い始めた。ただ、サウンドも効いてるなという感触もある」

 「早春の琵琶湖のオカッパリで出会ったルアーで、かなり影響受けたルアーがブザービーターそれもタングステン。

 三寒四温の寒の日に当たると、シャローを意識して動いてる魚は、ウィードの中に入って出てこないケースがあるんだけど、それをどう釣ればいいのか、試行錯誤してたのね。

 琵琶湖の沖のブレイクまでみっちりウィードが生えてて、沖のブレイクとウィードのエッジに魚が着いてるような状況。そこで、ウィードを超えて、ブレイクに届くというのが条件になったと。そして、その日は寒くてウィードトップにサスペンドするのではなく、中に入っている状況だったので、ルアーパワーも必要だったことに加え、寒さで素早いルアーだと追いきれないという厳しい条件下だったのね。

 

ブザービーターのよいところ

 

 「それを打破したのがブザービーター。頭が水を受ける構造で、ゆっくり引けて、引き感も強く、パワフルなアピール力を持っていたのがこれしかなかった。そして、このブザービーターがその日、バイブレーションで初の50cmアップを連れて来たこともあって、今も使い込んでいるルアーになった。レンジキープ能力も高くて使いやすいし、飛ぶという点でも最高のルアーだね」

 

◆関連記事

吉田撃さんが語る 影響を受けたルアー トップウォーター・ノイジー編

吉田撃さんが語る 影響を受けたルアー ビッグミノー編

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。