編集部2019年5月6日

身近な川の大物釣り ボイリーでねらうコイ釣り入門 :実際に釣ってみよう

コイ 河川・湖の釣り 魚種別釣りガイド

近年人気が上昇しているのが、ボイリーと呼ばれる人工エサを使ったヨーロッパスタイルのコイ釣りだ。シーズンはサクラの咲くころスタートし、今がまさに絶好の時である。コイは多彩なフィールドで楽しめるが、入門はアタリの多い都市河川がおすすめ。身近な大もの釣りを楽しみに近くの川へ行ってみよう!

ポイント選びからエサ撒き、ランディングまで

講師◎内藤祐介


近年人気が上昇しているのが、ボイリーと呼ばれる人工エサを使ったヨーロッパスタイルのコイ釣りだ。シーズンはサクラの咲くころスタートし、今がまさに絶好の時である。コイは多彩なフィールドで楽しめるが、入門はアタリの多い都市河川がおすすめ。身近な大もの釣りを楽しみに近くの川へ行ってみよう!

◆道具編はこちら
◆ボイリーとヘアリグの準備はこちら

釣り始める前にフィーディング(エサ撒き)


 釣り始める前にフィーディングと呼ばれる寄せエサ撒きを行なう。撒きすぎるとアタリが遠くなるので注意。仕掛け投入地点にボイリーを一掴み、多くて二掴みほどをパラパラと撒く。

05DSC_1867-jitsuga 仕掛けを投入するエリアにボイリーを撒く。専用の道具もあるが、都市河川のポイントはたいてい近めなので、手でも撒ける。だいたい1~2掴みでOKだ。撒きすぎるとアタリが遠くなってしまうので注意


 フィーディングを終えたらボイリーをセットした仕掛けを投入し、置きザオでアタリを待つ。この時ドラグをフリーにしておくのを忘れないように。ドラグを締めたままだと魚が食った時にサオごと持って行かれるので注意してほしい。1~2時間待ってもアタリがない時は仕掛けが絡んでいる可能性もあるので、いったん回収。仕掛けをチェックして再度投入。この時、最初の投入点より少し沖に投げたり、逆に手前に投げたりして探るとよい。

p 077-082 ooo
03DSC_1818-jitsuga 釣り場に到着したらすぐにサオをだすのではなく、観察することが大事。魚のハネやモジリがあった期待できる。生命反応がまったく感じられない場合はポイント移動するのも一手

06DSC_1995-jitsuga 今回サオをだしたのはカーブになった内側。流れが緩やかでコイのエサ場になっていると思われる

07DSC_2215-jitsuga ほとんどの場合チョイ投げでOKだが、アタリがない時は思い切って遠投してみるのも一手

PVAバッグの使い方

PVADSC_2313-jitsuga PVAバッグと呼ばれる袋もできれば用意したい。PVAとはポリビニールアルコールの略で水溶性である。この袋に付けエサと寄せエサのボイリーを一緒に入れて仕掛けを投入。水の中で溶けて、仕掛けの周りに寄せエサのボイリーが散らばる。

kakomi0301DSC_2281-jitsuga PVAバッグにヘアリグを入れる

kakomi0302DSC_2290-jitsuga ボイリーを3~4粒入れたら袋の上から潰す

kakomi0303DSC_2293-jitsuga PVAを接着面から割く

kakomi0304DSC_2295-jitsuga 割いた部分を使って結ぶ

kakomi0305DSC_2299-jitsuga ツバで湿らせてPVAの角を接着させる。空気抵抗をなくすためだ

kakomi0306DSC_2304-jitsuga 余分なPVAを切る

kakomi0307DSC_2308-jitsuga ハサミで穴を空けるようにして空気を抜いたら完成

コイがかかったら無理に巻かずにポンピングで寄せる


 スプールが反転し、ドラグ音がなったらアタリの合図だ。サオを手に取り、ゆっくりとドラグを締めてファイトスタート。ドラグは締めすぎるとラインブレイクの原因になるので魚が突っ込んだらラインが出るくらいに調整する。

 よほど大きくなければサオをためていればコイは自然と浮いてくる。あとはポンピングで寄せてくればよい。コイは浅場を嫌がるのとネットを差しだすと驚いてまた走ることが多い。最後まで気を抜かないようにしよう。

 ランディングを終えたらアンフッキングマットやシートに載せてフックを外してあげよう。ダメージを少なくしてリリースしてあげれば、また大きくなって釣り人を楽しませてくれるはず。魚は大切な資源であり、大事に扱いたい。

 専用の道具を一度にすべてそろえようと思うと敷居の高い釣りになってしまう。しかし、手持ちのタックルにプラスアルファでも充分にスタートできるのがカープフィッシング。まずは、ヘアリグとボイリーを準備して挑戦してみてはいかがだろうか?

09DSC_2022-jitsuga 無理なやり取りは避け、サオに魚の引きをしっかり乗せながらやり取りする

10DSC_2060-jitsuga コイは浅場を嫌がるので、ランディング前に最後の抵抗を見せることが多い

11DSC_2110-jitsuga 釣ったコイはアンフッキングマットに乗せて、ハリを外す

12DSC_2199-jitsuga 魚へのダメージを最小限に抑えて釣りを楽しみたい


この記事はつり人2018年6月号でも読むことができます



 

つり人2019年6月号 4月25日発売!

 


特集は「渓流 小川 堤防 地磯 ゴロタ浜 とびきりのポイント見つけよう! 穴場探釣」。まもなくゴールデンウイーク。夢の10連休という人も、多少は休めそうという人も、次の休日は、新しい釣り場に足を向けてはいかがだろう。川も海も、季節がよくなり、人出も増える季節。その中でも、視点を少し変えたり、歩く労力をいとわなければ、理想的といえる釣り場は、意外なほど身近にある。巻頭の舞台は東京都の奥多摩、小川谷、大丹波川。ゴールデンウイークでも、都心部から渋滞を気にせず行けるこのエリアには、きれいなヤマメやイワナが棲む支流が数多くある。そのほか、伊豆、三浦の穴場攻略、真鶴の空撮ガイドなど充実の内容でお届け。



2019/5/6

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!