編集部2021年11月14日

初心者応援! ニジマスの釣り堀入門! 第2回(全3回)

ニジマス 魚種別釣りガイド ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場ガイド

今、アウトドア人気が急上昇中だが、そのひとつである「釣り」にも注目が集まっている。とはいえ、初心者がいきなり釣りを始めるにはわからないことがいっぱい……。そんなときにおすすめなのが、手軽にエントリーできる「管理釣り場」。今回は食べてもおいしいマス釣りにスポットを当て、その楽しみ方をご紹介!

ニジマスのエサ釣りってどんな釣り?

写真&文◎編集部 

 今、アウトドア人気が急上昇中だが、そのひとつである「釣り」にも注目が集まっている。とはいえ、初心者がいきなり釣りを始めるにはわからないことがいっぱい……。そんなときにおすすめなのが、手軽にエントリーできる「管理釣り場」。今回は食べてもおいしいマス釣りにスポットを当て、その楽しみ方をご紹介!

 

近年人気のルアー釣りは動画でチェック!

 

ニジマスのエサ釣りってどんな釣り?

 マス(ニジマス)は河川や湖に生息する雑食性の魚で、水生昆虫や川に落下した陸生昆虫、小魚などを食べて暮らしている。ルアーやフライへの反応もよくテクニカルな釣りも人気のターゲットだが、エサを使えば簡単に釣れるので、まずはこちらから始めるとよい。

kantsuri_MG_0663 (3)

 

釣り堀でのニジマスの釣り方

 サオと仕掛けは図にあるような組み合わせが一般的。ノベザオは渓流用または万能の4~5m程度で、仕掛けはサオと同じ長さにするのが基本。仕掛けは短いほうが取り回しがよいが、抜き上げる際に魚を手もとでキャッチしにくくなるので注意したい。

p 099-101 tackle

 

 流れのある河川型では目印の動きや手もとに来るアタリを取る「ミャク釣り」が主流だが、初心者ではイトを張って仕掛けを流したり、目印を見てアタリを取ることが難しい。そこでおすすめなのが「ウキ釣り」だ。

 玉ウキの付いたウキ仕掛けなら、イトの操作を頻繁にする必要はなく、タナ(エサが水中を漂う層)さえ注意しておけば、食い気のある魚がエサに食いついてくれるのを待つだけ。

 

illust03

illust06

illust05

 釣りが初めてならば、とにかくタックルは釣り場でレンタルするのがおすすめ。万が一サオを折ってしまっても、補償金がレンタル料に含まれていれば安心だ。丈夫な竹ザオを使用している釣り場も多いので、サオの扱いに慣れていないならレンタルにしたい。セットの仕掛けはウキタイプが多いので、タナの合わせ方やアタリの取り方は前もって覚えておきたい。

kantsuri_MG_0663 (7)
レンタル用のサオは丈夫な竹を利用したものが多い。仕掛けは玉ウキが付いたウキ釣りタイプが初心者には扱いやすい

 



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。