編集部2022年4月24日

サーフのショアジギング入門! 回遊をねらえ! 後編

タチウオ マダイ シーバス-海 海の岸釣り イナダ 魚種別釣りガイド ブリ

釣り座は岬状に出っ張っているような地形が少しでも変化している場所に構えたい。離岸流が生じていれば確率は上がる。ベイトが溜まりやすく、捕食が楽に行なえるとあってフィッシュイーターの寄りもよい。ちなみにベイトとして好ましいのは、あらゆる魚を引き寄せるカタクチイワシだ。

探り方の基本:ナブラがあるとき、ないとき

写真と文◎伊藤 巧

 フィールドとして高いポテンシャルが認知され、ここ数年で盛り上がってきたサーフの釣り。ショアジギングに始まり、エギングやウキフカセ釣りなど、現在はさまざまなジャンルが追随して発展を遂げている。この記事ではその中でも手軽に始められてさまざまな魚種がねらえるショアジギングを紹介!

この記事は月刊『つり人』2020年6月号に掲載したものを再編集しています

◆関連記事
ショアジギングロッドおすすめランキング18選|長さ・硬さの選び方も! >>

天候が崩れかけると青ものが回遊してくる

 釣り座は岬状に出っ張っているような地形が少しでも変化している場所に構えたい。離岸流が生じていれば確率は上がる。ベイトが溜まりやすく、捕食が楽に行なえるとあってフィッシュイーターの寄りもよい。ちなみにベイトとして好ましいのは、あらゆる魚を引き寄せるカタクチイワシだ。

01_06
回遊の鍵はベイトの有無にかかっている。カタクチイワシの群れが回ってきたらチャンス到来。ハマチやワラサはもちろん、ブリの回遊も期待できる

 基本的にどの魚も朝マヅメに時合が訪れるが、青もの回遊の情報が広まると朝は混雑するので慣れない人は釣り場が空く午後の釣行がおすすめ。そのまま夕マヅメからタチウオねらいに転進できる。なお、ショアジギングは快晴の日に楽しむイメージが強いが、他の釣りと同様に天候が崩れて気圧が下がってくるタイミングが抜群に釣れる。ただし、雨濁りが回っているような日は期待できない。

 釣り方の基本は、ナブラが確認できなければ底から上にチェックしていく。ジグを潮のヨレや潮目に向かってキャストして、潮の流れぐあいとジグがマッチしているか潮乗りを確認しつつボトムまでカウントを数えながらフォールさせてみる。着底したらハーフピッチで軽くフワフワと誘いを入れながら巻き上げる。底近くでは根魚やハタ類がヒットしてくることが多い。次から巻きはじめるカウントを徐々に減らしていき、タナを上に刻んでいく。そしてアタリがあれば、次からそのタナを集中的に探ってみる。

 

01_04
トリヤマ・ナブラをねらい撃ち!

 

 ナブラが沸いていたら、進行方向を見て先回りするようにキャスト。ジグの着水音に反応して青ものがアタックしてくることが多いので、着水したら素早くイトフケを巻き取って高速リトリーブに移ることでヒット率が上がる。アタリはガツンと明確なので、そのまま腰を入れて合わせてファイトを楽しんで浜にズリ上げる。ナブラが通過するまでの勝負なので、効率よくキャストして数を伸ばす。そして太陽が沈んで光量が落ちてきたら大きな誘いからフォールを多用する釣りに切り替える。ターゲットはタチウオ。釣り方を変えることで釣り分けできるのはLSJならではだ。まずは気軽に始めてみよう。

 

キャンプ用ローチェア

01_10-1
ナブラが沸くまではサーフに腰を下ろして待つことの多いショアジギング。折り畳み式のローチェアがあると重宝する

 

01_08
ハマチと並んで人気のターゲットがタチウオ。フォールに好反応を示すので、ジグの動かし方に工夫したい

01_07
カタクチイワシの群れには青もののほかマダイやシーバスが付いている。ナブラが沸いているからといって、何が食うか分からない


  • 1
  • 2

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。