川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユ釣りステップアップ/加藤達士さんに学ぶ混雑河川で釣果を伸ばす方法 :第3回

人の釣った後のポイントをどう釣るか

文◎加藤達士
07

加藤達士さんは8.5mのミディアムショートロッドを操り、的確なポイント攻略が得意技。オトリの付き場を実に細かく見極めて好循環を生み出す。釣技に磨きをかけたのはエキスパートが揃う長良川である。激戦区の場荒れ河川もなんのその。どうすればオトリの回転率は上がるのか? その効率的な着眼点とオトリ演出とは―――。


第1回:激戦区でのポイントの選び方
第2回:追い気の弱いアユをいかに掛けるか

サオ抜けは必ずある!


 解禁日でも大会でも時間が経つにつれ周囲で移動する人が増える。動く余地ができるのだが、動くべきか留まるべきかの判断を迫られる。私は基本的には動けるなら動いたほうがよいと思う。人がやった後でも攻め方が変われば掛かるアユがいると思う。自分が攻めつくしたポイントでは、そこからさらにひねり出すのは難しい。ただ、留まる判断をする時もある。判断基準は周りの釣れぐあいとの比較である。周りをよく見て、自分を含め特定の数人しか釣れていないようなら動かないほうが得策だ。特定の人しか釣れていないなら場所ムラを意味する。こういう時は下手に動くとハズレを引く。周りの人がある程度まんべんなく掛かっているなら、どこにでもアユがいて動いても掛かるだろう。

08-2 大石底の長良川はアユの筋にきっちりとオトリを通すことが難関であり面白さ。加藤さんは操作性の高い8.5mロッドをテキパキとさばき、筋をきっちりトレースする

 では、人の釣った後のポイントをどのように攻めるかだが、先ほども述べたように、追い気の強いアユは特別な操作をしなくても近くにオトリを通せば掛かる。簡単にオトリを通せるポイントはすでに釣り切られているはず。アユが残るのはオトリを入れ難いポイント、つまりサオ抜けである。釣り人が多いからといってサオ抜けがないと思ってはいけない。細かく探ればオトリが通っていないピンスポットはあるのだ。

①石のアタマ(図A)


 アタマというのは頂点ではなく水の当たるオモテ面のこと。下流からオトリを引き上げていき、大きめの石に差し掛かるとオトリが石裏のポケットに入って動かなくなる。ここで下流へ差し返してしまう人が多いため、この石のアタマにサオ抜けが生まれる。ここをねらうにはオトリが立ち止まったところから、さらに上流に引き上げてやる必要がある。

56-61kato4a

②石の向こう側(図B)


 オトリを送り出すとき、多くの人は手前からオトリを放して沖へ送り出すことが多いだろう。時には沖から引き寄せながらオトリを引く場合もあるが、圧倒的に前者のほうが多い。手前から沖へ出していき、大きめの石があるとオトリはそれを乗り越えられない。石の向こう側にオトリを通そうと思ったら意図的に操作をしなければならない。

56-61kato4b

③石の隙間の細流(図C)


 分流というほど規模が大きくない、本流から外れた脇の流れ。規模が小さければ小さいほど人は見逃がしやすい。見逃さなくてもオトリを入れ難い。幅15㎝長さ30㎝の流れがあればアユが付いている可能性は充分ある。

56-61kato4c
 取材当日の郡上解禁日も、朝のうちは1つのタナでナワバリアユも群れアユも交えて30尾ほど確保した。その後は動きながら上記のようなサオ抜けをねらっていった。このようなポイントを攻略するために、私は8.5mのサオとソリッド穂先を使用している。

02 1番上りと思しきヌルヌルの黄色い良型が日の出とともにヒット

 8.5mも私が使い始めた7年前は異端扱いだったが、最近は多くの人が使用しすっかり市民権を得たようだ。使いやすさが広く認知され、効果が認められた結果だと思う。最大のメリットは操作性のよさである。これがサオ抜けのピンスポットねらいに威力を発揮する。ねらったポイントに空中輸送で打ち込む、オトリを沈めるためサオを寝かす、といった動作の正確さ、早さは9mザオの比ではない。他の人が入れ難くてあきらめるポイントでもオトリを入れていけるのだ。

a-1 この日使ったサオはダイワ「銀影競技スペシャルAH-85」

a-2 ソリッド穂先「センサーオートマ」が加藤さんのオトリ操作に欠かせない

 もうひとつがソリッド穂先である。先ほど挙げた3つのサオ抜けポイントに共通しているのが、水流を直接受けるオトリを止めにくいポイントであること。しかしこういうポイントはできるだけオトリをゆっくり通過させたほうが野アユの反応はよい。この相反する条件をクリアできるのがソリッド穂先だと思っている。チューブラ穂先だとグイっと素早く引き上げるのは簡単だが、尾ビレを振らせながらゆっくり引き上げるには絶妙なテンションコントロールが必要なのだ。それに比べゼロの範囲の広いソリッド穂先はソリッドを効かせながら引けばゆっくりとオトリが付いてくる。

 感度を重視するならSMTソリッドだが、このようなピンポイントで尾ビレを振らせる操作をするには、テンションに応じて段階的に曲がってくれるカーボンソリッドのセンサーオートマが使いやすい。この日は「銀影競技スペシャルA H85」にセンサーオートマの組み合わせで使用した。


a-5 愛用の水中イトはダイワ「メタコンポヘビー」0.05号。長良川では4mで使用することが多い

08-3 オトリを投げ込むキャスティングはサオが短いほど正確に行ないやすい

09 解禁日の混雑するなかで50尾近い釣果を揃えた加藤さん


加藤達士(かとう・たつし)
1975年生まれ。三重県三重市在住。ダイワ鮎マスターズ’15年、’17年と準優勝。激戦区でも釣りまくる理論派エキスパート

wakaayu-banner 加藤達士さんも講師として参加します! 詳細&参加申し込みはバナーから。申し込み締め切り:7月31日(金)

◆関連記事一覧はこちら!
友釣り情報充実! アユ釣りステップアップ記事11選

 
この記事は『つり人』2018年8月号でも読むことができます。

 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。




2019/6/21

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年11月号

「これで分かる! 秋の素朴な釣り 始め方Q&A」。暑さが一段落し、どこかほっとすると、心癒される身近な釣りに出かけたくなる。タナゴ、マブナ、オイカワ、ワカサギ、コイ、ハゼ。今号の特集は、行きたい水辺がきっと見つかるシンプルで奥深い釣りのベーシック集。その釣りの基本的な知識、道具選び、仕掛け作り、釣り方、生態などを幅広く紹介。 そのほか、秋シーズンを迎えたカワハギ釣り、タチウオ入門、キハダマグロ挑戦記、秋磯入門などをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中