川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

友釣り情報充実! アユ釣りステップアップ記事11選

オトリの選び方から手練れの思考法まで!

つり人オンライン=まとめ
 いよいよ今年もアユ釣りシーズンに突入! 今年の夏、さらに釣果アップにつなげるためのおすすめアユ釣り記事を集めました!

アユ釣り/今さら聞けない要点を解説!

001a
第1回:オトリ篇
第2回:ポイント選び篇
第3回:足取りとサオさばき篇

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答

QA_ph_00title
第1回:友釣りの基本と、解禁初期の対策
第2回:瀬釣りの対策。オモリの打ち方やねらうべきポイントについて
第3回:キャスティングと引き抜きについて
第4回:トーナメントに出場する際のアドバイス

場荒れ河川で平均釣果を上げる!! 小沢聡の超思考法

044-049ozawa-satoshi_cs6 (1)_1a
解禁後1ヵ月の場荒れ河川で釣果アップを導く思考法

複合メタルラインを使って繊細にオトリアユを泳がせる方法

024-027yamamoto-takayoshi_cs6 (5)
山本高義さんに学ぶ上飛ばしコントロールの極意

野生を惑わす複合メタル0.01号の泳がせ術

028-031kozagawa-metaking_cs6 (1)_2
0.01号の複合メタルで古座川の野生アユを掛ける浅利和弘さんの技

親子3代友釣りマンを育む美味アユが躍る水の都

028-033sumi-yoshida_cs6 (14)
長良川支流・吉田川。親子3代で友釣りを楽しむ鷲見冬彦さんのアユ釣り

 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。












2019/6/14

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年8月号

特集は「今、都市河川が熱い! 夏は「川」クロダイ」。ピンと立った背ビレは、ライオンのタテガミのごとし。鉛のような銀鱗は武士の甲冑のようでもある。そんな風格漂う磯・堤防釣りの王様、クロダイが身近な都市河川で釣れている。それも手軽な釣法で、キャッチ率も高いというから驚きだ。なぜクロダイは川に入るのか? いかなる時がチャンスなのか? 各地のデータを集め、多角的に調査したところ、盛期は「夏」。憧れの1尾に出会える熱い川は、すぐそこを流れている!
そのほか、アユ解禁1ヵ月後の釣果倍増計画、ライトなアユ釣りの提案、鬼怒川の解禁速報、全国アユ河川解禁情報パート3など旬な情報をお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中