編集部2022年3月30日

熊本県/天草上島&下島 リグと明暗撃ちのタックル戦術 後編

メバル 全国おすすめ釣り場 熊本

『SEABASS Life NO.12 春号』の特集は「もう迷わない!ショアゲームプランに役立つ年間アドバイス」。 近年釣り禁止エリアが増えてきている。これ以上増えないように するためにも今一度マナーについて見直そう。 東京湾奥を中心に全国で活躍している高橋優介さんに話を聞いた。

春告魚のメバルを釣るならオールインワンタックルがおすすめ

田町一歩=写真・文

 『ルアーパラダイスKyushu 2022年春号(NO.47)』の特集は「もう迷わない!ショアゲームプランに役立つ年間アドバイス」。今号の特集記事の中からイチオシ記事を特別公開!

春を告げる魚、それがメバルだ。そのとおり春からは絶好のシーズン。初夏まで続く。キーワードは『ライン・タックル・ジグ単』の3つだ。

◆関連記事
メバルのルアー釣りおすすめタックル23選|仕掛け・釣り方も解説!
海釣り超入門 メバル・ルアー釣り編【道具&釣り方解説】
釣り用防寒着おすすめランキング17選|コスパ最強の人気アイテム

常岡紘次

ショアのヘビーゲームに精通。プロショップ・ブルーウォーターハウススタッフ。福岡県在住。

ボリュームのあるワームとスリムなワームで探る

メバルにも軽量ジグ単を使い、おまけにラインはPEということから、成田さんはジグ単に使うジグヘッドはタングステン製を好んで使う。

16_DSC5414

ジグヘッドはタングステン製をメインにし、掛かり方などで鉛ヘッドも使用

 

「PEとタングステンは相性がいいですよ」

それは、水に浮くラインと高比重で沈みやすいタングステンとで「スムーズな探りとフォールでメバルの食いを誘いやすくなるから」だった。

沈下を速めたいときは重めにし、ゆっくり誘いたいときは軽くする。PEが水に浮いてくれることで「ジグ単をメバルの上からフォールさせやすくなる」という。エステルやフロロといった沈むラインは斜めにラインが入りやすくなるため、それとは異なるアプローチができるのだ。

13-4_DSC5286

リーダーは長めに取って1 ヒロ強。スナップは使わず、メバルの口でザラついたらすぐにカットする

 

そして「メバルが上から落ちてくるものに反応するかをたしかめたあとは、必ず逆コースも探ってみる」という。ボトムからスタトする上層への誘いだ。着底させることもあればカウントダウンでやることもある。

18_DSC5391

厳寒期の取材ではすべて波止際のシェードにTG ファインヘッド+カップリング2inを入れてフォールでキャッチ

 

12_DSC0179

成田さんが愛用するジグ単アイテム。ジグヘッドはTG ファインヘッド(上)とカケガミ(下)、ワームはカットして使うこともできるカップリング2in(上)とナチュラルなモモアジ1.8in(下)

 

また、釣行日の風によってワームも2種類を使い分ける。

ひとつは「ボリューム感があって、状況に応じて釣り場でカットして短く使うこともできるカップリング2in」。

もうひとつは「スリムでナチュラルなモモアジ1.8in」だ。

風があって海面がざわざわしているときは「存在感を出せる前者、凪なら後者」を目安にする。もちろん2種類だからすぐに切り替えられ、どちらも試せる。

これからの季節はメバルの好物のシラスも入ってくるのでモモアジ1.8inの出番も増える。

11_DSC5362

風が強い日でもジグヘッドは重くして1.6g までにしている

 

メバル釣り場の探し方

3月になって完全に暖かくなればメバルが釣れるエリアは拡大し、初夏まで続く後期シーズンに突入する

 

08_DSC5395

暗闇にポツンとある外灯は魚を寄せやすいためとりあえずチェック

 

10_DSC5305

PE はジグ単を遠投することはできる。だが、感度の点で難度は上がる。そのため感度の影響が出ない近距離で勝負する

 

ただし、春の早い段階は場所ムラが多い。そんなとき成田さんは、ためらわずにエリアを大きく変える。「上天草にいたら下まで移動」する。

天草は東西南北、天草上島、天草下島の全域にメバルがいる。

「傾向的には東の八代海のほうが多い気はしますが、島原湾側にも全然いるので、東か西かは風向きで考えることが多いです。そのときはメバルがいるかいないかよりも釣りやすいか釣りづらいかが判断の元ですね。そして、メバルがいるかいないかというシビアな状況では南北の移動をします

04_DSC5290

釣り始めは天草の玄関口、三角からスタート

 

現に成田さんは、三角で釣り始めたあと、下島の太多尾まで移動してメバルをキャッチした。

「メバルにここまで大移動してしまいました」

自嘲しながらも、成田さんはどこか安堵した表情で春という弾ける季節の到来を待っていた。

01_DSC5354

春を告げる魚、それがメバルだ。そのとおり春からは絶好のシーズン。初夏まで続く

 

  • 1
  • 2

こちらの記事は好評発売中の『ルアーパラダイスKyushu 2022年春号(NO.47)』に掲載したものをオンライン版として特別公開しています!↓↓↓↓



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。