編集部2022年8月2日

【画像解説】うなぎ蒲焼きのレシピをさばき方からご紹介・前編【老舗うなぎ店】

美味しい鮮魚料理 ウナギ ニホンウナギ レシピ

「今日は奮発してウナギだ!」「ウナギをご馳走するよ」文字を見ただけで条件反射でヨダレが出る。そんな魚はウナギをおいてほかにないのではないか。老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼きのレシピをさばき方から聞きました。

老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼のレシピを聞きました

写真・文◎葛島一美
この記事は月刊つり人2021年9月号の記事を再編集しています

「今日は奮発してウナギだ!」「ウナギをご馳走するよ」文字を見ただけで条件反射でヨダレが出る。そんな魚はウナギをおいてほかにないのではないか。

教えてくれたのは

うなぎ柳

105

●住所:東京都江戸川区東小岩6-6-15

●電話:03・3658・2772  

●営業時間:昼の部=11時30分~14時、夜の部=17時~20 時。月曜日定休

●交通:JR総武線・小岩駅から徒歩10 分

●主なメニュー:うな重特上3520円、上3190円、肝焼き1本440円など

主人の大山芳巳さんは初代の亡母が同じ小岩で営んでいたウナギ割烹で修業を重ね、近年になって現在の地に店舗を移し、今は夫婦で切り盛りしている。
 住宅街の一角に佇む隠れ家的な店構えは敷居が高いようにも思えるが値段も手ごろで庶民的。この道50年の大山さんが焼き上げる蒲焼きはふんわり柔らかく、脂分のしつこさがなく風味豊か。味は一級品だ。
 何よりも素晴らしいのは細かな骨を全く感じさせないこと。いくら高級な店に行っても小骨を感じさせる店は少なくありませんが、ここはヒレ切り、骨断ちといった細かな手間をしっかりかけています。
 大山さんの店では供給、味ともに安定している上質な養殖ウナギのみを扱っている。

 

 

102

大山芳巳さん(71)はこの道50 年の熟練。「料理は丁寧に美味しくを心掛けています。ウナギのほかにも焼き鳥、釜飯、刺し身なども提供していますので気軽に足を運んでみてください」

 

関東式背開きの割き方

はじめに

解説してくれた大山さんは左利きです。右利きの方は逆手で逆向きに調理します。

大山さんが愛用する刃渡り24㎝の関東式ウナギ包丁(上)。「ウナギ釣りファンが買い求めるのなら、刃渡り20㎝のウナギ包丁を奨めます」。下はウナギをまな板に固定する目打ちだ。

201

 

捌き方

①首根っこから中骨に当たるまで切れ込みを入れる。ウナギは氷水の中に少しの時間泳がせておくと動きが止まり割きやすい

304

 

②手早くウナギの背を手前に向けたら、目の下の部分に目打ちを突き刺して固定したら胸ビレ付近に切り込みを入れる

305

 

③切り込みから刃先を差し入れ、中骨の上面に沿って胴体を割き始める

306

 

④胴体を支える指の腹でウナギの腹皮越しに切っ先の感触を確かめながら切り進める

307

 

⑤尾の先端部まで切り進める

308

 

⑥背開きに開いたら内臓をつかむ

309

 

⑦引きちぎるように内臓を取り除く

310

 

⑧開いたウナギを真っすぐに伸ばし、首根っこの位置で中骨の下面に切れ込みを入れる

311

 

⑨尾の付け根まで中骨をそぎ落とす

312

 

⑩中骨を引き終え、背開きに下ろしたら頭を胴体から切り離す

313

 

⑪腹部に浅く何本も切れ込みを入れつつ、残り骨を取り除くなど身を均等に整える

314

 

⑫尾の先端近くをつかむ

315

 

⑬ヒレ際に刃を当ててヒレを引っ張りながら頭に向かってそぎ取る

316

 

⑭関東式背開きの完成

317

 

 

串の打ち方

①割いたウナギの身を2 つに割り、串を打つ。本職は、焼き上げた蒲焼きが重箱にきちんと納まるウナギのサイズを必ず使う

322

 

②串は左右と中央の3本が基本

323

 

③串は皮と身の間に打つといわれるが、「皮目すれすれではなく身を1 ~ 2㎜すくうように打つのがコツです

324

 

④天然ウナギは金串を使って身を縫うように巻き通していく

325

 

⑤身が回ってズレないように2本の串を打つ

326

 

⑥肝焼きは天然ウナギと養殖ウナギを半分ずつ打ってくれた

327

 

次のページでは関東式蒲焼きの焼き方蒸し方仕上げ方をご紹介!

 

あわせて読みたい

身近な川のウナギ釣り入門/東京都・荒川 part.1~場所・道具編~

東京近郊・お手軽ウナギ釣り場ガイド

 

 

    • 1
    • 2

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。