カテゴリー

多摩川フィッシングフェスティバル2018ハゼ釣り開催

編集部 2018年9月17日

公益財団法人日本釣振興会主催の「多摩川フィッシングフェスティバル2018」が開催されました。

200名の定員をはるかに上回る申し込みがあり スタッフを含めると300名以上が朝8時に会場に集まりました。

多摩川下流部で彼岸ハゼが入れ食い!

つり人編集部=写真と文

9月17日、多摩川下流部殿町エリアで

2018年はクマの当たり年なのか!?

編集部 2018年6月6日

一部エリアをのぞき、アユ釣りが全国的に解禁になりました。 イワナ釣りも最盛期に突入です。 登山にも沢登りにもキャンプにも、気持ちのいい季節の到来ですが、 特に山間部に行かれる方は、クマにご用心ください。

山間部へ釣行される際はクマにくれぐれもご用心ください!

つり人編集部=写真と文

一部エリアをのぞき、アユ釣りが全国的に解禁になりました。

Hondaが本気になると釣りサイトはこうなります。

編集部 2017年10月29日

東京モーターショー2017でも注目のホンダですが、 ネットで釣り関連の検索をしている際にHonda釣り倶楽部にたどり着くことが少なくありません。

釣り情報満載のウェブサイトHonda釣り倶楽部とは!?

つり人編集部=写真と文

東京モーターショー2017でも注目のホンダですが、

人気釣魚ランキングが面白い!

編集部 2017年1月7日

釣り情報満載のウェブサイトHonda釣り倶楽部の月別釣魚ランキングが面白いです。 前年の同月のアクセス数を元に順位を決めたもので 当たり前といえば当たり前ですが、その月々で順位が変わってきます。

人気釣魚ランキングが面白い!

つり人編集部=写真と文

釣り情報満載のウェブサイト

狩野川で尺上アユ! しかもオヤジが釣る。

編集部 2016年10月28日

11月まで楽しめる東の横綱アユ河川といえば、狩野川ですね。 上の写真は9月下旬に撮った大仁周辺。釣り人は島啓悟さん。 震えるくらい寒い今日あたりは、秋の色どりもだいぶ深まっていると思います。

狩野川で尺上アユ! しかもオヤジが釣る。

つり人編集部=写真と文

11月まで楽しめる東の横綱アユ河川といえば、狩野川ですね。

ヤフーニュースで巨アユが話題の三隈川。釣りで手にした543gもスゴイです!!!!!!!

編集部 2016年10月13日

現在ヤフーのトップニュースで580g、体長33.4cmのアユが話題になっていますが 10月9日にラインとメールで凄まじい重量のアユ情報が入ってきました。

ヤフーニュースで巨アユが話題の三隈川。釣りで手にした543gもスゴイです!!!!!!!

つり人編集部=写真と文

現在ヤフーのトップニュースで580g、体長33.4cmのアユが話題になっていますが

北海道の天然アユが日本一に!

編集部 2016年9月15日

各地の川のアユの味を食べ比べる 利き酒ならぬ「利き鮎」会が今年も高知市で開催されました。 主催は高知県友釣会連盟。 正式名称は清流めぐり利き鮎会。

北海道の天然アユが日本一に!

つり人編集部=写真と文

各地の川のアユの味を食べ比べる

また、熊による凄惨な事故が……

編集部 2016年8月16日

ツキノワグマに襲われる事故が増えています。 深山幽谷の源流釣りなら分かりますが 町中を流れる中流部のアユ釣りをしている際にも ツキノワグマに遭遇することが増えています。

また、熊による凄惨な事故が……

つり人編集部=写真と文

ここ数年、渓流釣りやアユ釣りファンが

釣りはフナに始まりフナに終わる

編集部 2015年12月2日

「釣りはフナに始まりフナに終わる」 という格言があります。 サオ、イト、ウキ、オモリ、ハリ、エサを釣りの六物などと言いますが 昔は、それらを使った最も身近な釣りがフナ釣りだったわけです。

釣りはフナに始まりフナに終わる

つり人編集部=写真と文

「釣りはフナに始まりフナに終わる」

落雷で釣り人死亡

編集部 2013年7月9日

昨日の都内の夕立ちは激しかったですね。 神田神保町では昼過ぎくらいからゴロゴロ鳴り出し ヒョウまで降ってました。 ちょうど、神田にヒョウが降り始めたころ 北区を流れる荒川で、釣り人が落雷に遭い亡くなられたそうです。

落雷で釣り人死亡

つり人編集部=写真と文

昨日の都内の夕立ちは激しかったですね。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!