カテゴリー

Basser

Basser バス釣り厳選記事

バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門まで、
バス釣りの専門誌バサーのオンライン記事より、バスフィッシングの厳選した記事をお届けします。

ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論:後編

編集部 2016年7月25日

バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

なぜバイトしてきたのだろう? と自分なりの解釈をしていくことがトップウォーターの上達につながるとヒロ内藤さん

競争心によるバイト、威嚇によるバイトを引き出すには?

Basser編集部=写真と文

ルアー別フッキング実例集① 奥村哲史×ライトテキサス

編集部 2016年7月23日

ウイードエリアで使うロングワームのライトテキサスリグのアワセ方を奥村哲史さんが解説。上手な人はどうやってアワせているのか。それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

琵琶湖・ウィードエリアのライトテキサスリグ

Basser編集部=写真と文

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第4回(全5回)

編集部 2016年7月22日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

レッグワームリグの操作法はおもに4種類。状況に合わせて使い分けよう

こだわりのフック、シンカー、リーダー長とタックルセレクト

...

ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論:前編

編集部 2016年7月21日

ヒロ内藤さんが実践している、バスが口を使いたくなる心理状態を想像し、ルアーでその状況を演出する「攻めの釣り」。トップウォーター上達の近道である威嚇と焦りによるバイトを引き出す方法を解説してもらいました。 

ルアーならではのバイトの引きだし方を解説。「ルアーの操作法はいかにおいしそうなエサを演出するかということだけではない」とヒロ内藤さん。

着水音をあえて大きくするという選択肢

...

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第3回(全5回)

編集部 2016年7月20日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

レッグワームリグの操作法はおもに4種類。状況に合わせて使い分けよう

操作法と状況別アクションバリエーション

 Basser編集部=写真と文

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第5回(最終回)

編集部 2016年7月18日

テキサスリグでバイトを引き出すためには、 ラインテンションを張りすぎない操作法を覚えることが重要だと赤羽先生。 苦戦中の生徒Sは、先生の指導でこの操作を覚えるが……

赤羽修弥先生の愛のムチ。生徒Sは期待に応えられるのか?

バイトを引き出すキモはラインテンションを張りすぎない操作法

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

川村光大郎のバックスライド道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年7月18日

カバー撃ちの定番、ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング。タックルセレクトを誤るとフッキングですっぽ抜けるなどミスの原因となってしまう。正しいタックル&フックセッティングを覚えよう。

「バスがカバーの中で浮きやすい時期がバックスライドの好機」と川村先生

バックスライドで撃ちたいカバー、撃ちたい季節

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

川島勉×亀山湖 ギル型ルアーを叩き込め! :第4回(全4回)(最終回)

編集部 2016年7月16日

亀山湖のスーパーロコ・川島勉さんはギル型ビッグベイトをいかに使いこなしているのか? 川島さんが愛用するガンタレルには、バスとギルを観察した経験から生まれた釣るためのこだわりが詰まっている。

川島さんがプロデュースしたギル型ビッグベイト、ガンタレルに込められたこだわりとは?

川島さんが語る、ガンタレルに込めたこだわり

Basser編集部=写真と文

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第4回(全5回)

編集部 2016年7月14日

今回はアタリからアワセまでのタイミングの取り方や バスが横走りしたときの対処などをレクチャー。

赤羽先生がテキサスリグでのアワセの極意を解説!

フッキングの基本を霞ヶ浦でレクチャー!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第3回(全5回)

編集部 2016年7月11日

「テキサスリグに合わせるロッド、リール、ライン。 赤羽修弥先生が基本から解説!

「ロッドはシャープで適度にティップが入ってくれるモデルがいい」と赤羽修弥先生

テキサスリグのミスを減らすタックルセレクト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論:後編

編集部 2016年7月25日

バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

なぜバイトしてきたのだろう? と自分なりの解釈をしていくことがトップウォーターの上達につながるとヒロ内藤さん

競争心によるバイト、威嚇によるバイトを引き出すには?

Basser編集部=写真と文

ルアー別フッキング実例集① 奥村哲史×ライトテキサス

編集部 2016年7月23日

ウイードエリアで使うロングワームのライトテキサスリグのアワセ方を奥村哲史さんが解説。上手な人はどうやってアワせているのか。それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

琵琶湖・ウィードエリアのライトテキサスリグ

Basser編集部=写真と文

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第4回(全5回)

編集部 2016年7月22日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

レッグワームリグの操作法はおもに4種類。状況に合わせて使い分けよう

こだわりのフック、シンカー、リーダー長とタックルセレクト

...

ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論:前編

編集部 2016年7月21日

ヒロ内藤さんが実践している、バスが口を使いたくなる心理状態を想像し、ルアーでその状況を演出する「攻めの釣り」。トップウォーター上達の近道である威嚇と焦りによるバイトを引き出す方法を解説してもらいました。 

ルアーならではのバイトの引きだし方を解説。「ルアーの操作法はいかにおいしそうなエサを演出するかということだけではない」とヒロ内藤さん。

着水音をあえて大きくするという選択肢

...

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第3回(全5回)

編集部 2016年7月20日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

レッグワームリグの操作法はおもに4種類。状況に合わせて使い分けよう

操作法と状況別アクションバリエーション

 Basser編集部=写真と文

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第5回(最終回)

編集部 2016年7月18日

テキサスリグでバイトを引き出すためには、 ラインテンションを張りすぎない操作法を覚えることが重要だと赤羽先生。 苦戦中の生徒Sは、先生の指導でこの操作を覚えるが……

赤羽修弥先生の愛のムチ。生徒Sは期待に応えられるのか?

バイトを引き出すキモはラインテンションを張りすぎない操作法

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

川村光大郎のバックスライド道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年7月18日

カバー撃ちの定番、ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング。タックルセレクトを誤るとフッキングですっぽ抜けるなどミスの原因となってしまう。正しいタックル&フックセッティングを覚えよう。

「バスがカバーの中で浮きやすい時期がバックスライドの好機」と川村先生

バックスライドで撃ちたいカバー、撃ちたい季節

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

川島勉×亀山湖 ギル型ルアーを叩き込め! :第4回(全4回)(最終回)

編集部 2016年7月16日

亀山湖のスーパーロコ・川島勉さんはギル型ビッグベイトをいかに使いこなしているのか? 川島さんが愛用するガンタレルには、バスとギルを観察した経験から生まれた釣るためのこだわりが詰まっている。

川島さんがプロデュースしたギル型ビッグベイト、ガンタレルに込められたこだわりとは?

川島さんが語る、ガンタレルに込めたこだわり

Basser編集部=写真と文

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第4回(全5回)

編集部 2016年7月14日

今回はアタリからアワセまでのタイミングの取り方や バスが横走りしたときの対処などをレクチャー。

赤羽先生がテキサスリグでのアワセの極意を解説!

フッキングの基本を霞ヶ浦でレクチャー!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第3回(全5回)

編集部 2016年7月11日

「テキサスリグに合わせるロッド、リール、ライン。 赤羽修弥先生が基本から解説!

「ロッドはシャープで適度にティップが入ってくれるモデルがいい」と赤羽修弥先生

テキサスリグのミスを減らすタックルセレクト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。