カテゴリー

Basser

Basser バス釣り厳選記事

バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門まで、
バス釣りの専門誌バサーのオンライン記事より、バスフィッシングの厳選した記事をお届けします。

鈴木美津男のスモールクランク道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月15日

スモールクランクでないと釣れない。 そんな状況が確かにあると美津男先生。 スモールボディーでフローティングの 特徴が生きるタイミングを美津男先生が解説!

スモールクランクがもっとも効果を発揮する状況とは?

スモールボディー+フローティングの特性が生きるのはいつ?

編集部=写真・文、 もりなをこ=イラスト

川島勉×亀山湖 ギル型ルアーを叩き込め! :第1回(全4回)

編集部 2016年6月14日

ベイトフィッシュを活発に捕食し始めるこれからの季節に活躍するルアーのひとつがギル型ビッグベイトだ。 亀山湖のスーパーロコ・川島勉さんはギル型ビッグベイトをいかに使いこなしているのか? 初夏の亀山湖で披露してくれたのは、臆せずカバーの奥の奥をねらう川島さんらしい”いつもの”釣りだった。

「着水直後が超重要です。この1尾はそれが上手くいった結果」と川島さん

...

草深幸範のヘビキャロ道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月13日

リーダー付きのリグをキャストしやすく、 ヘビーシンカーを操作しやすいロッド。 バックラッシュしにくく、キャストしやすいリール。 草深先生のヘビキャロタックルを公開!

ヘビキャロを快適に扱うためのタックルセレクトを解説!

ヘビキャロタックルは投げやすさ、操作しやすさ、感度のよさを重視!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第6回(最終回)

編集部 2016年6月12日

バックシートでひとり連発し、絶好調のS。 田辺先生はその理由を冷静に分析しこの日の答えを導き出した。 ひと口にスピナーベイトといってもタイプが違えばこんなに差が出る!

先生、僕も早く釣りたいです!

生徒ササキがバックシートで連発した理由

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

吉田幸二が片手でキャストする理由 :第2回(全4回)

編集部 2016年6月11日

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。

10m離れたところに置いたペットボトル(太さ7㎝)に見事命中

シングルハンドキャストならではのアキュラシーのよさ

Basser編集部=写真と文

吉田幸二が片手でキャストする理由 :第1回(全4回)

編集部 2016年6月11日

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。

吉田幸二さんがクランクを投げるときはいつもシングルハンドキャスト。ダブルで投げていたときもあったというが、今のスタイルに落ち着いている理由とは?

草深幸範のヘビキャロ道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年6月10日

各地のフィールドでスーパーロコの最終奥義的リグになっているというヘビキャロ。 霞ヶ浦で現代版ヘビキャロを駆使する「沖のスナイパー」こと 草深幸範先生にいろいろ教えてもらいたい!

「沖のスナイパー」こと草深幸範先生にヘビーキャロライナリグを教えてもらいたい!

ヘビキャロのメリットと効果的なシチュエーション

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

鈴木美津男のスモールクランク道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年6月9日

2012年のTBCクラシックで鈴木美津男先生がクラッチDRを投げ倒して優勝。 〝スモール〞でなければならない理由は? ホントにただ巻いているだけなの? 教えて美津男先生!

スモールクランクのメリット、使い時、使い方を教わりに編集部員が鈴木美津男先生に1日弟子入り!

小さなボディーでバイトに持ち込みやすいクランクベイト

編集部=写真・文、 もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第5回(全6回)

編集部 2016年6月8日

V6マリンサービスでランチングを終え、3人は利根川へ。 「今日はふたりともスッパーになってもらう。 エリアの特徴やコンディションを踏まえて、 自分の頭で考えながらゲームを組み立ててくれ」と田辺先生。 Q&Aで得た知識を活かし、一人前のスッパーになることはできるのか?

スピナーベイトをフックアップに持ち込むために必要なアワセ方とは?

バラシの原因は間違ったアワセ

編集部=写真・文、もりなをこ

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第6回(最終回)

編集部 2016年6月7日

次第に精神が崩壊していくSが見たものは アクションの違いで釣果に決定的な差がつくという残酷な現実だった。

並一歩出遅れてしまったSを救済するため、熱血コーチする並木先生。先生の期待に応えようと頑張るが気持ちだけがはやってしまうS……

アクションで差がつくポッパー&ペンシルベイト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

鈴木美津男のスモールクランク道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月15日

スモールクランクでないと釣れない。 そんな状況が確かにあると美津男先生。 スモールボディーでフローティングの 特徴が生きるタイミングを美津男先生が解説!

スモールクランクがもっとも効果を発揮する状況とは?

スモールボディー+フローティングの特性が生きるのはいつ?

編集部=写真・文、 もりなをこ=イラスト

川島勉×亀山湖 ギル型ルアーを叩き込め! :第1回(全4回)

編集部 2016年6月14日

ベイトフィッシュを活発に捕食し始めるこれからの季節に活躍するルアーのひとつがギル型ビッグベイトだ。 亀山湖のスーパーロコ・川島勉さんはギル型ビッグベイトをいかに使いこなしているのか? 初夏の亀山湖で披露してくれたのは、臆せずカバーの奥の奥をねらう川島さんらしい”いつもの”釣りだった。

「着水直後が超重要です。この1尾はそれが上手くいった結果」と川島さん

...

草深幸範のヘビキャロ道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月13日

リーダー付きのリグをキャストしやすく、 ヘビーシンカーを操作しやすいロッド。 バックラッシュしにくく、キャストしやすいリール。 草深先生のヘビキャロタックルを公開!

ヘビキャロを快適に扱うためのタックルセレクトを解説!

ヘビキャロタックルは投げやすさ、操作しやすさ、感度のよさを重視!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第6回(最終回)

編集部 2016年6月12日

バックシートでひとり連発し、絶好調のS。 田辺先生はその理由を冷静に分析しこの日の答えを導き出した。 ひと口にスピナーベイトといってもタイプが違えばこんなに差が出る!

先生、僕も早く釣りたいです!

生徒ササキがバックシートで連発した理由

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

吉田幸二が片手でキャストする理由 :第2回(全4回)

編集部 2016年6月11日

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。

10m離れたところに置いたペットボトル(太さ7㎝)に見事命中

シングルハンドキャストならではのアキュラシーのよさ

Basser編集部=写真と文

吉田幸二が片手でキャストする理由 :第1回(全4回)

編集部 2016年6月11日

巻き物を得意とするアングラーは例外なくキャストが上手い。今日ではダブルハンドでキャストする人が大勢を占めているが、頑なにシングルハンドキャストを貫く人もいる。彼らはなぜ片手で投げ続けるのか、その疑問を解決するため霞ヶ浦湖畔に吉田幸二さんを訪ねた。

吉田幸二さんがクランクを投げるときはいつもシングルハンドキャスト。ダブルで投げていたときもあったというが、今のスタイルに落ち着いている理由とは?

草深幸範のヘビキャロ道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年6月10日

各地のフィールドでスーパーロコの最終奥義的リグになっているというヘビキャロ。 霞ヶ浦で現代版ヘビキャロを駆使する「沖のスナイパー」こと 草深幸範先生にいろいろ教えてもらいたい!

「沖のスナイパー」こと草深幸範先生にヘビーキャロライナリグを教えてもらいたい!

ヘビキャロのメリットと効果的なシチュエーション

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

鈴木美津男のスモールクランク道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年6月9日

2012年のTBCクラシックで鈴木美津男先生がクラッチDRを投げ倒して優勝。 〝スモール〞でなければならない理由は? ホントにただ巻いているだけなの? 教えて美津男先生!

スモールクランクのメリット、使い時、使い方を教わりに編集部員が鈴木美津男先生に1日弟子入り!

小さなボディーでバイトに持ち込みやすいクランクベイト

編集部=写真・文、 もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第5回(全6回)

編集部 2016年6月8日

V6マリンサービスでランチングを終え、3人は利根川へ。 「今日はふたりともスッパーになってもらう。 エリアの特徴やコンディションを踏まえて、 自分の頭で考えながらゲームを組み立ててくれ」と田辺先生。 Q&Aで得た知識を活かし、一人前のスッパーになることはできるのか?

スピナーベイトをフックアップに持ち込むために必要なアワセ方とは?

バラシの原因は間違ったアワセ

編集部=写真・文、もりなをこ

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第6回(最終回)

編集部 2016年6月7日

次第に精神が崩壊していくSが見たものは アクションの違いで釣果に決定的な差がつくという残酷な現実だった。

並一歩出遅れてしまったSを救済するため、熱血コーチする並木先生。先生の期待に応えようと頑張るが気持ちだけがはやってしまうS……

アクションで差がつくポッパー&ペンシルベイト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。