編集部2021年10月12日

キャロライナリグ、名手はこう使う。津久井湖・金井俊介さんの場合

PICKUP ブラックバス Basser バス釣り

各地のフィールドでキャロを駆使している第一人者に、自身のキャロ使いを教えてもらいました。今回は神奈川県・津久井湖のロコアングラー・金井俊介さんのヘビキャロテクニックです。

ベイトフィッシュに絡めたリザーバーのヘビキャロ・テクニック

金井俊介=文と写真

 広範囲をワームで探るのに適したヘビーキャロライナリグ。シンカーのセレクトやリーダーの取り方、ワームセレクトなど多様な選択肢があるだけにアングラーによって無限の可能性が広がるリグです。各地のフィールドでキャロを駆使している第一人者に、自身のキャロ使いを教えてもらいました。今回は神奈川県・津久井湖のロコアングラー・金井俊介さんのヘビキャロテクニックです。

◆関連記事
伊藤巧さんに訊く!ヘビキャロのメリットと有効なシチュエーション
草深幸範のヘビキャロ道場(全5回)

 

金井俊介(かない・しゅんすけ)=解説
1980年東京都出身。津久井湖、相模湖に精通するアングラーで、NBCチャプターでの入賞、優勝多数。トーナメントでもデッキにキャロタックルを必ず積む「キャロマニア」。津久井観光勤務で、ガイドとしても活躍する。
津久井観光 
https://tsukuikankou.com/


こちらの記事は 好評発売中の月刊Basser2021年11月号から抜粋したものです。実釣編や使い方は本誌に掲載されています。迷ったらキャロ!迷わずにご覧ください! ↓↓↓

大き目のベイトが深いレンジでバスに追われているときに

001-Oct-12-2021-09-35-47-19-AM

 私はヘビキャロをリザーバー(おもに津久井湖)で冬以外のオールシーズン使用します。

 フィールドによって異なりますが、10cmを超えるベイトフィッシュが生息するフィールドでは有効です。私のホームである津久井湖で例えるなら、大型のワカサギ、ハス、ウグイ、オイカワ、アユで10cmを超すベイトがミドルからディープでバスに追われていれば、真っ先に投入します。なぜなら、ヘビキャロはボトムでナチュラルな横の動きが出しやすく、ベイトフィッシュを意識しているバスに効果的だからです。また、ウエイトのあるワームを使用でき、さらにシンカーのウエイトも背負えるのでライトリグよりも広範囲をサーチできる点も強みです。

季節ごとのパターン

 ベイトのレンジや種類によって、ねらうレンジや使用するワームが変わってくるので、季節ごとに分けて考えるとわかりやすいでしょう。

■3~4月
 産卵を意識したワカサギが比較的浅場(7~8m)に群れて移動しており、ドライブシャッドの3.5inか4in、HPシャッドテールの3.1inなど、シャッドテール系のワームを使用します。ハスやウグイに絡める場合はサイズを上げ、4inか4.5inを使用します。

■6月
 スポーニングから回復に向かってベイトフィッシュを追っているグッドサイズねらいで、とくに横方向のルアーの動きに反応がよいときに効果的です。また、この時期は甲殻類も捕食しているのでドライブビーバー3.5in、ドライブシュリンプ4inのようなクロー系ワームも使用します。

■8月
 水温が高くディープ(10~15m)にベイトフィッシュが落ちていく時期です。バスもそれと一緒になって落ちていくので、そのレンジのベイトフィッシュに合わせてワームを組み合わせます。

■9~10月
 8月の延長的な釣りになりますが、徐々に水温が低下し、20℃前後になると魚が散り始めるので、だいたい水深7~15mの広範囲を探りたいときに使用します。シンカーも14gなどを使用します。

リグのセッティングとタックルセレクト

004-Oct-12-2021-09-35-51-93-AM

 ロッドは、6ft後半のファストテーパー気味のものがよいでしょう。長いほうが横方向に引きやすく、飛距離も出しやすいためです。リールは、アタリを聞きつつ巻きアワセもしやすいハイギアを使用します。

 ラインは12Lbか14Lbで、リーダーもメインラインをそのまま使用します。

caro01a

 シンカーはいろいろ試しましたが、丸型のタングステンがもっとも感度もよく、岩の間などにスタックしにくく愛用しています。重さは10~14g、使うワームとねらうレンジによってアジャストしていきます。リーダーの長さは60~70cm。短いと思われる方も多いかと思いますが、これはキャストのしやすさを重視しているためです

金井さんのタックル
ロッド:ゴールデンウィング C GW610CMHP+J(フェンウィック)
リール:アルカンセRG-C XS 8.1(ZPI)
ライン:エクスレッド12Lb、14Lb(東レ・モノフィラメント)※リーダーもメインラインをそのまま使用
シンカー:タングステンラウンドショットシンカー3/8oz、1/2oz(スタジオ100)




おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。