編集部2021年10月12日

アジングのNEWスタイル「バチコン」の釣り方詳細解説! 応用編

アジ 魚種別釣りガイド

誰もが一度は手にしてみたい尺アジ&40cm超のギガサイズ。取材当日もギガクラスが飛び出したように、好シーズンの東京湾は日中バチコンでも高確率で大アジがヒットする。

大物ねらいのコツと持ち帰り方

編集部=写真と文

 デイゲームで美味な金アジがバリバリ釣れるし、回遊しだいで40cm超のギガアジだってキャッチ可能! オフショアの魅力を存分に満喫できる人気のバチコンゲーム。痛快に楽しむためのコツはここで!

◆関連記事
アジングロッドおすすめランキング18選
アジング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング14選
アジングルアーおすすめランキング14選

橋詰大輔(はしづめ・だいすけ)=解説
神奈川県在住。アジング、メバリングなど地元・横浜の海を中心に楽しむライトゲーマー。なかでもサクッと楽しめるバチコンゲームは超お手軽なのに奥深さもあるのでお気に入り。ダイワ・フィールドテスター

バチコンの釣り方【応用】 デカアジは上にいる!

 誰もが一度は手にしてみたい尺アジ&40cm超のギガサイズ。取材当日もギガクラスが飛び出したように、好シーズンの東京湾は日中バチコンでも高確率で大アジがヒットする。

「魚のサイズは群れしだいですが、ひとつのコツとしてレギュラーサイズが釣れるタナより少し上層を探ってみることです。東京湾のLTアジのタナは底から2m上が基本。私の仕掛けだとゼロテン状態からシャクリ幅30cm前後で、ほぼ底上2m付近を探ることができますが、大アジをねらう場合はそこからさらに穂先を頭上まで持ち上げてオモリを底から離して中層をねらってみる。うまくハマればビッグサイズがロッドを絞り込みます。また、中層攻略はデカアジだけでなくレギュラーサイズの食い渋り時にも効果的なケースもあるので、ぜひ覚えておきましょう」

aji-baticon (35)
オモリを底から持ち上げ、ロッドを頭上まで誘い上げたらステイ。そこからゆっくりとポーズを入れながら下げて反応をうかがう

aji-baticon (17)
ポンピングより均一テンション! デカアジファイトのコツ

この記事は好評発売中の『アジングAnglers!』に掲載したものをオンライン版として特別公開しています。バチコンに代表されるオフショアアジングも徹底取材!↓↓↓↓


aji-baticon (15)
もう少しでイナダ級のワカシもヒット

aji-baticon (16)
立て続けにギガクラスをキャッチ!

バチコンのアワせ方は?

大アタリより、小アタリを重視!上アゴ掛けが理想のフッキング

 アジは口の両サイドが薄皮になっており、ここに掛かると非常にバレやすい。バレ知らずの理想的フッキングは硬い骨を貫く上アゴ掛け。手感度、目感度をフル活用し「フッ」「コッ」といった感触や穂先のかすかなモタレとして表われる微細な吸い込みバイトで即アワセを入れよう。多くの場合「ガガンッ」「ゴゴンッ」といった大きな衝撃は食い逃げアタリで薄皮掛かりになりがちだ。


aji-baticon (14)
上アゴに掛かっていれば、まずバレることはない。慌てず一定テンションでやり取りを行なおう

 水深が深い他のバチコン釣り場にくらべると浅場で掛かる東京湾の30~40cmのデカアジはかなり引くので驚く人も少なくない。「ポンピングで対応する人もいるようですが、そうするとハリ穴が広がってバレやすくなると感じます。一定テンションを保ちながらロッドの弾力をうまく使ってドラグ調整で対応するほうが無難。フィニッシュは抜き上げず、同船者にお願いしてタモ入れしてもらいましょう」


aji-baticon (12)

アジの持ち帰り方は?

血抜き&潮氷で極上金アジ処理後は洗い流しがマナー

 東京湾湾奥で釣れる居着き系のアジは脂乗りがよく全身黄色っぽいので金アジ、黄アジなどと呼ばれるブランド魚。釣りたての極上の刺身を味わいたいなら何よりも鮮度を落とさず持ち帰ることが大切だ。

①まずはクーラーに海水を入れ潮氷を作っておく。塩水なのでキンキンに冷える。特に夏場は氷だけで魚を充分に冷やすことができないので要注意
aji-baticon (18)

②ある程度バケツにアジが溜まったら弱らないうちにハサミでエラをカット。青もの類はこのひと手間で鮮度劣化を大幅に軽減できる 
aji-baticon (19)

③バケツに入れて放血。なお、船内に付いた血は乾くと落ちにくいので、血が付いた場合は即海水をかけ洗い流しておくことがマナー
aji-baticon (20)

④血が抜けたらクーラーの潮氷の中へ。釣り終了後、適宜海水をすて氷が少ない場合は補充して持ち帰ろう
aji-baticon (21)
アジングのNEWスタイル「バチコン」の釣り方詳細解説! 基本編へGO


おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。