編集部2021年10月15日

最初の1歩をサポート!ワカサギタックルの選び方その2(全3回)~仕掛け&エサ編~

ワカサギ 河川・湖の釣り 全国おすすめ釣り場 PICKUP

これからワカサギ釣りを始めてみたいという人に向けてエキスパートの松田克久さんがタックル選びの勘所をレクチャーします!

仕掛けとエサをたっぷりご紹介します!

松田克久= 協力 落合洋平=まとめ

 これからワカサギ釣りを始めてみたいという人に向けてエキスパートの松田克久さんがタックル選びの勘所をレクチャーします!

 

 

wakasagi-tackle (46)

松田克久さん

群馬県高崎市の釣具店「つりピット!」店主。ワカサギやアユ釣りの名手として知られる

 

こちらの記事は 好評発売中の「なるほど! THE ワカサギ大全 2021-2022」から抜粋したものです。今号はワカサギ釣りの基礎をおさらい。 ボート、氷上、ドーム船の釣り方やそれぞれの道具立てをわかりやすく整理しました。これから始めてみたい人だけでなくステップアップしたい人にもおすすめの一冊です。是非ご覧ください! ↓↓↓

 

 

仕掛け編 ~まずはトラブルレスを重視~

 

 仕掛けもミチイト同様に極端に細いもの、ハリが小さいものなど、繊細にチューンされたものはまず避けるようにしたい。ハリサイズは1・5号を中心に選択。当たり前だが、ハリが大きいほうが、ハリをホールドしやすくエサ付けしやすい。ハリスは0・3号前後。細いハリスを使うとキンクしやすいし、魚を外す時に力が入って切ってしまったりする。ハリ数は5本ほどで、仕掛け全長も60㎝前後の短めを選びたい。とにかくトラブルをおさえることが大事。

 食い渋り対策として、ロングハリスの仕掛けも持っておくと万全。ハリスがナチュラルに動き魚を誘う。逆に秋の高活性時は空バリも有効。エサ付け不要なので、手返しよくねらえるし、エサが苦手な人にもおすすめ。

 オモリはサオの負荷にあわせて4〜6gあたりを用意。ドーム船によっては重いオモリを使うお客さんが大半で、周りに合わせないとオマツリを誘発する時もある。釣行前に船宿に聞いておきたい。

 オモリの形状だが、丸形は安定性があるので、オモリを底に着けて釣るスタイルに向く。棒状は落下が早く、深場で重宝するが、横走りしやすいので、混んでいるドーム船では避けたい。タングステンオモリは高価だが、同重量の鉛オモリと比較するとシルエットが小さい。水中での抵抗が少ないのと、魚に警戒心を与えにくくなる。

 

 

ワカサギ釣り おすすめ仕掛け9連発!

 

時短ワカサギ 5本  / オーナーばり

wakasagi-tackle (13)

 

長軸形状を採用し、ハリが持ちやすくエサ付けや魚が外しやすい。貫通力を高めるマジックフッ素コート加工を採用。ハリ号数は1~3号で、ハリスは0.3号。仕掛け全長66㎝。4ラインナップ。

●価格=320円+税

 

ワカサギ仕掛 ケイムラ金鈎6本 / ささめ針

wakasagi-tackle (14)

ケイムラフックを採用し、集魚力に優れた仕掛け。全長は76 ㎝と取り回しがよい。ハリ号数は0.8 ~ 2 号で、ハリスは0.3号。4ラインナップ。

●価格=300円+税

 

誘々ワカサギショート7本袖 / オーナーばり

wakasagi-tackle (15)

誘いが効くロングハリスの仕掛け。仕掛上部のハリス長を4.5㎝にして中層の魚を食わせ、下部のハリス長を4 ㎝に設定。ハリスは自然な誘いを演出するナイロンで、幹イトは高感度フロロカーボン。ハリ号数は1~1.5号で、ハリス号数は2.5号。仕掛け全長は1.2 m 。2ラインナップ

●価格=360円+税

 

 

ウルトラ パニック / オーナーばり

wakasagi-tackle (17)

秋口の高活性時に効果てきめんの空バリ仕掛け。集魚効果が高いフラッシャー付きのタイプ。ハリ号数は1.5~3号、ハリス号数は0.2~0.3号。仕掛け全長は1.2mで10本バリ。4ラインナップ。

●価格=420円+税

 

 

段々時短ワカサギ6本 1号 / つりピット! オリジナル

wakasagi-tackle (18)

狐と袖のいいとこ取りをした“時短バリ”を採用し、独自のハリス長さと間隔で組んだオリジナル仕掛け。仕掛け上部はハリ間を広くし、広域で魚を捉える。下部はハリ間を狭くし、底近くの魚を逃さない。ハリスの長さは3~2.5㎝、間隔は上から20㎝、15㎝、10㎝。仕掛け全長は110cm。

●価格=280円+税

 

 

究極のワカサギSPECIAL 元祖変則間隔 1.5号 7本バリ / つりピット! オリジナル

wakasagi-tackle (19)

ハリには秋田狐金を使用した変則間隔の仕掛け。ハリ間隔は上から20㎝、15㎝、10㎝になっている。仕掛け全長110㎝。

●価格=294円(税込)

 

 

クリスティア 快適ワカサギ仕掛け 誘惑 段差 6本 / ダイワ(グローブライド)

wakasagi-tackle (16)

渋い時や魚の層がバラついている時に心強い全層対応仕掛け。こだわりのハリス段差とハリス間隔がワカサギを捉える。ハリスの長さが3.7~4.7㎝、ハリ号数が0.5~1.5号。仕掛け全長は89㎝。3ラインナップ。

●価格=オープン

 

ワカサギ時短オモリ / オーナーばり

wakasagi-tackle (20)

下部重心のしずく型形状が垂直落下を実現。横流れの影響を受けにくく、隣どうしの仕掛絡みが減る。3.5~14gのラインナップ。

●価格=320~350円+税

 

 

 鬼楽六面タングステンシンカー / ささめ針

wakasagi-tackle (21)

タングステンを使用した高比重シンカー。六面体構造によりスムーズな沈下&巻き上げ。また、魚探にも映りやすい。3 ~ 7 gの6ラインナップ。

●価格=300~380円+税

 

 

エサ編 ~紅い~エサ編 ~紅なのか、白なのか~

 

 ワカサギ釣りでは白サシ、紅サシがよく使われる。状況による使い分け、というよりも、「あの湖は紅のほうが反応がよい」といったようにフィールドによってどちらの色に反応がよいか傾向が見られるようだ。そのため、釣行予定のフィールドの船宿に事前に聞いておくのがおすすめ。魚の目先を変えるという意味で紅白を用意しておくのも一手。

 また、濁りが入った時はアカムシが効くことも少なくない。サシにチーズを食べさせたチーズサシも匂いが強烈で濁りの中でも効く。虫エサ以外にもワームのような擬似餌もある。虫エサが苦手な人は使ってみるとよいだろう。付けエサではないが、ブドウムシもセットして、切って使うことで集魚効果が期待できる。

 エサに付随して絶対必要なのがよく切れるハサミ。イトを切るのはもちろんだが、ハリに付けたサシをカットするのに使う。ワカサギ釣りでおすすめなのが和バサミだ。一般的に使われているハサミのように丸い輪に指を通さなくてよいので手返しがよい。また和バサミは手元に近い部分で切るので、細かい作業に向くのもワカサギ釣りにぴったりなところ。ハサミは落としやすいのでフロートを付けておこう。虫エサが苦手な人はピンセットを使うとよいだろう。

 

 

ワカサギ釣り おすすめエサ&エサグッズ9連発!

 

紅サシ、白サシ

wakasagi-tackle (22)

ワカサギ釣りでスタンダードなエサ。紅白の使い分けは釣り場の環境に依存することが多いため、船宿にどちらの色が効果的な聞くのがベスト。

 

赤虫

wakasagi-tackle (23)

ニゴリが入った時に効果を発揮する。体液がワカサギを誘う。

 

まゆ無しブドウ虫 ヘリオス

wakasagi-tackle (24)

食わせではなく、集魚効果をねらって使用する。体液がワカサギを誘うため、セットした後はハサミで切れ込みを入れる。

 

チーズサシ白/赤

wakasagi-tackle (25)

チーズを食べさせて育てたサシ。独特の匂いが魚を誘う

 

ステンハサミ / ヤマワ産業

wakasagi-tackle (28)

サシをカットするのに必須アイテム。サビにくいステンレス製のハサミ。

●価格=308円(税込)

 

 ハイパー紅雪 / マルキユー

wakasagi-tackle (26)

生分解性素材を原材料として、人工ならではの使い勝手のよさと、ワカサギの好む成分などを徹底追求。紅、白、グリーンのラインナップ。

●価格=オープン

 

時短ピンセット / オーナーばり

wakasagi-tackle (30)

手を離してもつかんだままの逆採用式で手返しよくエサ付けができる。エサが見やすくハリが刺しやすいヘッド幅。サビに強いステンレス。

●価格=1200円+税

 

木製エサ箱 / つりピット!

wakasagi-tackle (27)

紅サシ等の色落ちが少なく、暗く乾いた箱の中にエサ自ら入るのでエサの逃げ出しが少ない。

●価格=540円+税

 

鬼楽ツールフロート / ささめ針

wakasagi-tackle (29)

水中に落とす危険を防ぐフロートホルダー。ハサミやピンセットに付けておけば安心だ

●価格=520円+税

 

次回はワカサギ釣りを楽しむために必要なアイテムをご紹介します!

最初の1歩をサポート!ワカサギタックルの選び方~ドーム、ボート、氷上アイテム編~

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。