編集部2016年12月6日

タチウオ/「甘辛醤油煮」

美味しい鮮魚料理 料理-タチウオ

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

濃いめの煮汁の関東風

葛島一美 写真と文


関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

タチウオの甘辛醤油煮

材料

タチウオ
サヤインゲン
長ネギの白髪ネギ
煮汁
・醤油80㏄
・日本酒100㏄
・水100㏄
・ザラメ大さじ3
・昆布10㎝角1枚
・ショウガの薄切り数枚



 
101 鍋の中に煮汁の調味料を合わせ、昆布を敷いてひと煮立ちさせる


 
102 ここに筒切りにしたタチウオを並べてショウガの薄切りも入れ、弱めの中火で沸騰させる。アクが出たらすくい取る


 
103 適度に煮汁をかけながら弱火で約10分間煮る

4 
104 下茹でしたインゲンを加えてひと煮立ちすればできあがり。器に盛って白髪ネギを飾る

ザラメ 105 一般的にザラメは白ザラ糖と中ザラ糖があり、煮物には薄い茶褐色をした中ザラ糖が多用される。コクのある味に仕上がるのが特徴だ

2016/12/6

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!