編集部2016年12月6日

タチウオ/「竜田揚げ」

美味しい鮮魚料理 料理-タチウオ

ほどよく香味の効いた醤油ダレが食欲を誘う竜田揚げ。酒の肴はもちろん、ご飯のオカズとしても家族受けは人気ナンバーワン!

香味の効いた醤油ダレが味を引き立てる

葛島一美 写真と文


ほどよく香味の効いた醤油ダレが食欲を誘う竜田揚げ。酒の肴はもちろん、ご飯のオカズとしても家族受けは人気ナンバーワン!


この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

タチウオの竜田揚げ


材料

タチウオ
醤油ダレ
・醤油大さじ3
・日本酒大さじ2
・おろしショウガ小さじ1
・おろしニンニク小さじ2分の1
片栗粉
揚げ油
スダチ・カボス・レモンなどの柑橘類


1 
401 タチウオは背ビレと腹ビレに沿って片身をそぎ取り基本どおりの3枚おろしにし、適当な切り身にして漬けダレに約10分浸して味を染み込ませる

2 
402 粉を付ける前に、ペーパータオルにはさんで軽く叩くようにして余分な水分を取り除く


 
403 片栗粉をまぶす。片栗粉はたき落とさずに残しておくと、揚がった時に美味しそうな“粉”を吹かすことができる


 
405 揚げ油は170 ~ 175度に熱し、切り身を手早く入れていく。この際、衣の表面が固まるまでは菜箸などで触らないこと。漬けダレが焦げやすいので注意し、油の表面に切り身が浮かび上がってきたら揚げ上がりの目安。揚げバットで余分な油を切って盛り付ける。中骨付きのまま筒切りの身を揚げてもよい

柑橘類 406 写真左からスダチ、カボス、レモン。柑橘類は香りの演出とともに食欲増進にも欠かせない。今回は竜田揚げにレモン、塩焼きにスダチを選んだが好みでOK。また、酒蒸しに添えた市販ポン酢の中にこれらの柑橘類をひと絞りすると、香りがグッと引き立つ

2016/12/6

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!