編集部2016年12月6日

タチウオ/「炊き込みご飯」

美味しい鮮魚料理 料理-タチウオ

今回はヤマイモの赤ちゃん“むかご”との炊き込みご飯。フレーク状にほぐれるタチウオの身は米の一粒一粒に絡み、しっとりとした食感に仕上がる。初冬ならキノコ類も美味しいし、春になればタケノコといった旬の食材を脇役に抜擢しよう!

米の一粒一粒に身が絡み、しっとりとした食感に

葛島一美 写真と文

今回はヤマイモの赤ちゃん“むかご”との炊き込みご飯。フレーク状にほぐれるタチウオの身は米の一粒一粒に絡み、しっとりとした食感に仕上がる。初冬ならキノコ類も美味しいし、春になればタケノコといった旬の食材を脇役に抜擢しよう!

この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

タチウオの炊き込みご飯


材料 

米3合に対して……
中小型タチウオ1尾
むかごカップ1
炊き込み飯用調味料
・醤油大さじ1
・塩小サジ2
・ショウガの絞り汁大さじ1
・昆布10㎝角1枚
三つ葉


1 
501 研いだ米に調味料を合わせ、指定の水位まで水を注いだら、筒切りのタチウオとむかごを入れて炊飯器のスイッチをオンにする


 
502 炊き上がったらタチウオを取り出す


 
503 中骨から身を外すとともに、残っている小骨も取り除く


 
504 ほぐしたタチウオの身を炊飯器に戻し、ざく切りの三つ葉と加えてざっくりと混ぜ合わせる

むかご 505 ヤマイモ類の葉の付け根にできる球芽で、晩秋から初冬に収穫できる旬の味覚。癖がないので炊き込みご飯のほか、塩ゆでや揚げたり炒ったりしても美味しい。下処理は水洗いだけでもよいが、最初にすり鉢の中で軽くこすり回しておくとより泥臭さが取れる

2016/12/6

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!