カテゴリー

京都府/亀岡・南丹周辺 里山タナゴ探検 その3(全3回)

編集部 2022年6月8日

田んぼに水が引かれ、カエルの合唱が響くころは、水路の小魚たちも生き生きと泳ぎだす。牧歌的な自然を愛でる、里山のタナゴ探検。その魅力を紹介しよう。

色鮮やかな日本の淡水魚を釣ろう!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年7月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

京都府/亀岡・南丹周辺 里山タナゴ探検 その2(全3回)

編集部 2022年6月8日

田んぼに水が引かれ、カエルの合唱が響くころは、水路の小魚たちも生き生きと泳ぎだす。牧歌的な自然を愛でる、里山のタナゴ探検。その魅力を紹介しよう。

色鮮やかな日本の淡水魚を釣ろう!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年7月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

京都府/亀岡・南丹周辺 里山タナゴ探検 その1(全3回)

編集部 2022年6月8日

田んぼに水が引かれ、カエルの合唱が響くころは、水路の小魚たちも生き生きと泳ぎだす。牧歌的な自然を愛でる、里山のタナゴ探検。その魅力を紹介しよう。

色鮮やかな日本の淡水魚を釣ろう!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年7月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。