カテゴリー

2022新春・今年はどうなる? ヘラブナ編『ボーバー』編集者が語る

編集部 2022年1月1日

...

2022新春・今年はどうなる? シーバス編『SEABASS Life』編集者が語る

編集部 2022年1月1日

釣果はもちろん大事だが、釣果だけがシーバス釣りの魅力ではない。シーバスのルアーフィッシングをトータルで豊かに楽しむ文化が今、育まれているさなかであることを強く感じている。

2022新春・今年はどうなる? 九州の釣り編『ルアーパラダイス九州』編集者が語る

編集部 2022年1月1日

アマダイは、タイラバやSLJの際にヒットするケースが多く、「釣れて嬉しい大歓迎の外道」という位置づけだったが、2022年には本格的なターゲットとして1本立ちするのが加速すると見ている。

2022新春・今年はどうなる? トラウト編『鱒の森』編集者が語る

編集部 2022年1月1日

そこで2022年は、そうした低活性の魚たちをヒットに導くための、新しい釣り方、戦術、アイデアの発見がますます望まれるところ。なかでも、あらためて「浮力」をキーワードにルアーセレクトを考えてみると、渇水時の弱々しい水勢でも魚が誘えるようになり、面白い結果が得られるのではいかと思っている。

2022新春・今年はどうなる? 北海道の釣り編『NorthAngler’s』編集長が語る

編集部 2022年1月1日

たとえば2022年も猛暑&少雨が続いた場合、私たちは釣行についてより慎重に考える必要が出てくるかもしれない。魚が生き残りやすいリリースの方法を知ることも、未来のために必要なことだ。

2022新春・今年はどうなる? フライフィッシング編『FlyFisher』編集長が語る

編集部 2022年1月1日

釣り業界外からの取材、企画相談、コンテンツ提供などの話が明らかに増えている。全国紙や地上波でフライフィッシングが取り上げられるということは、この釣りが流行し始めている兆しと見られる。

2022新春・今年はどうなる? 釣り業界の動向・トレンド予想を『つり人』編集長が語る

編集部 2022年1月1日

1つ目は都市部の水辺に注目が集まったこと。ハゼ、テナガエビ、ウナギ、シーバスは、コロナ禍でより一層人気が高まったアーバンフィッシングの主役たち。また、都心周辺の河川や運河に急増中のクロダイ・キビレも人気者になりつつある。特にチニングと呼ばれるルアー釣りが盛り上がりを見せる。チニングは10年ほど前から西日本を中心に人気を博していたのだが、今後は東京湾周辺でさらに加熱しそうな勢いがある。

2022新春・今年はどうなる?バスフィッシング編『Basser』編集長が語る

編集部 2022年1月1日

トーナメントシーンでは昨年、藤田京弥さんが破竹の勢いで勝ちまくり、勢力図を一新。また青木唯さんら若手の台頭も目立つ1年となった。そんな彼らの躍進の一翼を担ったのは間違いなくライブスコープによるデジタルサイト。この最新機器をどう使いこなしていくかが、今年もトーナメントシーンを大きく左右することは間違いないだろう。

別冊『鮎釣り2022』読者投稿企画 思い出の「美アユ」投稿大募集!

編集部 2021年12月29日

思い出のアユの写真を別冊『鮎釣り』に投稿してみませんか。いつ(月日)、どこで(河川・ポイント)、どんなシチュエーションで掛けたのか文章を添えて下記宛先まで投稿してください。

北大祐DVD『SPINNER BAIT MANIA』 好評発売中!

編集部 2021年12月24日

スピナーベイトとはヘッド、アーム、ブレード、スカート、フックというパーツの集合体だと話す北。それぞれのパーツの特徴と役割を知ることで「どんな場面で、どんなスピナーベイトを選べばよいか」がより明確になる。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。