編集部2020年1月27日

解禁前に読んでおきたい渓流釣りテクニック記事まとめ

月刊つり人ブログ PICKUP

渓流シーズン開幕間近! これから渓流釣りを始める人におすすめの解説記事を集めました

渓流シーズン開幕間近! これから渓流釣りを始める人におすすめの解説記事を集めました

つり人オンライン=まとめ

初めの一歩・渓流釣りスタートガイド

谷の妖精とも称されるヤマメ・アマゴ。繊細で難易度の高い魚と思う人もいるが、釣り方はいたってシンプル。流れに合わせてエサをトレースするだけ。ここでは渓流で初めての1尾を手にするためのプロセスをご案内!


050-055keiryu-nyumon_cs6 (3)_1
記事へはこちら


渓流釣り入門
050-055keiryu-nyumon_cs6 (20)

渓流・アユ釣りの聖地と呼ばれる長良川水系をホームグラウンドにするエキスパートの著者が、渓流釣りに必要なノウハウを基礎からひとつひとつていねいに解説。また「釣れるチカラ」の基礎が身につくDVD では、仕掛け作りに必須となる結び等を収録。初心者がもっとも苦手とする部分を動画収録することで、完全無欠の入門書に仕上がっています。

価格:本体1800 円+ 税
著者:白滝治郎
A5 判並製160 ページ・DVD 付き



早春の里川攻略10の心得

 解禁初期の渓流釣りは平野部の流れ、里川エリアが有望ポイント。特に源流部が低い山で雪代の影響を受けにくい川ほど渓魚の活性が高い。ここでは富士川や大井川水系をホームにする望月竜也さんが早春の谷を攻略する10の心得を説く。


046-049saotgawa-teku2_cs6 (3)
記事へはこちら


渓流のポイントガイドブックの決定版
『「いい川」渓流アマゴ・イワナ釣り場』
kindle版が発売になりました!!
65826484_2338874443026175_4240970859780505600_n秩父・奥多摩・丹沢「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場
山梨・静岡「いい川」渓流アマゴ・イワナ釣り場
栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場
長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場

生態調査から見えてきた尺イワナの居場所と釣り方

 結局、大ものは特別な釣り場でなければ釣れないのでは?
そんな釣り人の思い込みが、ある意味で覆るような調査がある。釣り好きが高じて、渓流魚の生態を実地で調べてきた高木優也さん。
川にいる魚のうち、どれだけの数が実際に釣れるものなのか?
イワナとヤマメで異なる、釣られやすさの違いとは?
思わず目からウロコのデータの数々と、「大イワナ」がこれからも釣れる環境を維持するための提言。


046-049saotgawa-teku2_cs6 (3)
記事へはこちら


尺ヤマメ30尾を1シーズンで釣ったら見えたこと
尺はスタート地点、40cmクラスは現実に手の届く魚、そして究極の目標は50cmを超える大ヤマメ! ノベザオ1本で大ヤマメ、大アマゴ、大イワナを次々に手にしてきた渓流&本流釣りの名手が、1シーズンの釣りを完全ドキュメント形式で大公開。長年培ってきた大もの釣りの極意も惜しみなく解説し、さらに大もの釣り場河川ガイドも収載。



2万円で始める休日の釣り。渓流のルアーフィッシングに挑戦!

「釣りって、どれくらいの予算で始められますか?」
興味のある友人や職場の仲間に、そんな質問を受けたことはないだろうか?
「ずばり、2万円が1つの区切りになると感じています」というのは、海川とわず、日頃からライトルアーの釣りを愛好し、トラウトの管理釣り場のスタッフ経験もある井上尚之さん。
実際に都内在住のOLお二人のトラウトデビューをサポートした体験記をお届け。


06-65759822-A171-418F-A5D8-DE073CB6B67D
記事へはこちら


トラウトルアー釣り超思考法
ルアーメーカー勤務、トラウトルアー釣りの第一人者・飯田重祐が、まさに独自の「超思考」で凝り固まった思考を変え、行動パターンを変え、実技を向上させて、釣果UPにもつなげます。 「経験の積み重ねでしか得られないもの」がある一方で、「経験値がすべてではない」とも説く飯田重祐ならではの自由な超思考法。本書を読めば、トラウトルアー釣りがもっと深く楽しめるようになること間違いナシ!



10分で分かる! テンカラ釣りキャスティング入門

 渓流釣りの中でもすっかり人気を高めているテンカラ。なかでもテクニック面でカギとなっているのが、毛バリを思った場所に振り込むキャスティングだ。「ねらった場所を外さずに」「毛バリを静かに着水させる」ことができれば、どのように投げてもよいが、そこには基本的な考え方や投げ方がある。数多くの入門者に「魚が釣れるまで」をアドバイスしてきた吉田孝さんが、ビギナーにも理解しやすく、明解かつ基本的なキャスティングをレクチャー。


030-033-tenkara-cast_cs6 (1)
記事へはこちら


テンカラ釣り超思考法
「思うほど釣れないのはなぜ?」その悩み、本書が解決します。 釣果を伸ばすための根本的な要素は、最新の釣具でも情報でもなかった!? それはズバリ、「名手の超思考法」にアリ。 「テンカラ釣りは10(テン)カラー」とも呼ばれるこの釣りの核心に迫るため、 本書ではなんと章のテーマごとに1人の名手が上達直結アドバイスを解説! あなたの釣りが明日から変わる43コンテンツを収載しました。




『渓流 2020 春』好評発売中!

2020年は、『渓流』創刊35周年という節目の年。春号と夏号、ともに付録DVDを入れた豪華版として発売します。 春号では『ヌシが潜む滝壺冒険ガイド』と題し、35年の間に『渓流』で取材した滝壺を特集。いかにも大ものが潜んでいそうなあの滝、この釜を、筆者陣が紹介します。滝壺攻略法、大もの目撃譚など、釣り人のロマンをそそる特集です。 また今号の目玉である付録DVDでは、南アルプスの赤石沢完全遡行のようすを収録。南アルプスの秀渓を、臨場感あふれる映像で見ることができます。 そのほか名手による尺ヤマメ釣行、毛バリ釣りなどについても掲載。渓流をとことん遊びつくすために、必読の書です。

cover-2 

価格:本体2,000円+税
A4変型判164ページ+DVD



◆付録DVDトレーラーをアップしました!

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!