川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答 :第4回

トーナメントに出場する際のアドバイス

解説◎瀬田匡志
QA_ph_04-11
瀬田さんはアユ釣り競技会屈指のアスリートである。高い身体能力と勝負強いメンタル。計算された試合運びは盤石の強さを誇る。一方で気さくでアユ釣りが大好きな趣味人でもあり、どんな質問でも明快に答えてくれる。


第1回:今さら聞けない基本と、解禁初期の対策
第2回:瀬釣りの対策。オモリの打ち方やねらうべきポイントについて
第3回:キャスティングと引き抜きについて

Q:下見をする時に最も注意して見るべきは何か?


A: 私の場合は瀬が正当に釣れるかです。さらには大、中、小どの底石がよいか、水深は浅場か深場か、チャラ、トロ、段々瀬、瀬落ちと細かくポイントを見ていきます。あとは自分の好きなスタイルの釣りの真逆の釣りの釣果も気にしてはいます。

Q:地区予選で勝ち抜くために最も注意すべきことは何か?


A: 仕上がっていない若アユの時期です。私がダイワ鮎マスターズで初めて全国大会に進出した2009年、地区予選は広島県太田川から参加しました。この時はナイロンを使用し、1歩も動かず泳がせて釣りました。いわゆる群れアユの釣りです。今一番その河川で釣れる釣り方に対応できるかがポイントです。予選決勝のボーダーライン(下のカットライン)尾数が自分の予想と合ってきたら、状況判断が的確になってきたと思ってよいでしょう。

Q:見切りの判断基準は何か?


A: アユが高活性な状況であればアユの反応を重視します。「音」、「前アタリ」というやつです。オトリが野アユに追われた時の反応がなくなれば、追うアユ=釣れる魚がいないと判断します。低活性になると魚は見えるけど追わないケースが多々あります。周りが釣れていなければ見える魚を何とか釣ろうとそこで粘ります。が、結果が出ない場合は見切って動きます。同じ群れでも水深などで変わる場合も多く、小場所や水深の異なるポイントを捜します。

Q:マンツーマン対決で最も注意していることは何か?


A: エリアが短く1時間で全部探りきれるようなエリアなら、すべてのポイントにテンポよくオトリを通します。特に好場所は釣り切って、飛び付くアユは必ず掛けます。広いエリアだと探り切る時間はありません。時間が迫ってきたところで飛び付きが釣れそうな場所は必ずオトリを通し、エリア交代後に相手選手がすぐに釣れない状況をつくっておきます。

QA_ph_04-9 昨夏のダイワ鮎マスターズ全国決勝大会。最後の大一番は長良川の雄、加藤達士さんとの一戦だった

Q:限られた時間内にエリアをどのように探っていくのが効果的か?


A: 基本的に前半はセンター旗からなるべく離れ、遠くから探って徐々にセンター旗の近くにきます。このほうがエリア交代の時間にロスがありません。後半戦はセンターまで戻らなくてもよいケースが多く、自由に動けます。基本は対戦相手がサオをだしていなかった場所からスタートし、釣れない場合はよく釣れていた場所にスッと入ります。

Q:テンポよく速く探ったほうがよいシチュエーションは?


A: アユが多い河川はテンポを早くします。さらに高活性な時はもちろん、ポイントが全く分からない時も同様です。

Q:ゆっくり探ったほうがよいシチュエーションは?


A: 低活性でじっくりオトリを見せないと追わない場合や、1尾目のオトリを替えるまではスローテンポに探ります。特に群れアユであれば、群れた魚を釣ってオトリにすると馴染みがよく掛かり出す場合が多々あります。1尾取るまでは時間をかけてもよいです。朝一番の日が昇るまでの時間もゆっくりと探ります

QA_ph_04-6 日が高くなるまでは我慢の時間も必要

Q:朝一番の川でねらうべきポイントは?


A: 基本は瀬肩か瀬尻だと思います。川底に変化があり水当たりと水通しがよい場所です。

Q:周りの選手が釣りまくっている時にすべきことは?


A: どの水深でどのような石組で釣れているのか。近くに同じような場所が空いていないかを見ています。同じような場所が見つかると「ここも釣れる♪」と落ち着けます。

Q:アユ釣り上達の秘訣は?


A: 何事も決めつけず、疑問に思ったらやってみることです。たとえば朝一番はドギツイ急流の瀬は必ず空いています。思い切ってそのド芯にオモリを付けたオトリを入れてみるのもよいでしょう。一番は自分が楽しく好きな釣りを続けることだと思います。アユ釣りはあくまで趣味ですからね。

QA_ph_04-11 自分の好きな趣味のアユ釣りをいつまでも続けたいとマスターズ優勝時のインタビューでも瀬田さんは語っていた



※この記事は、月刊『つり人』2018年7月号でも読むことができます。


◆関連記事
今さら聞けない要点を解説! オトリ篇ポイント選び篇足取りとサオさばき篇


 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。



2019/5/31

つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年11月号

「これで分かる! 秋の素朴な釣り 始め方Q&A」。暑さが一段落し、どこかほっとすると、心癒される身近な釣りに出かけたくなる。タナゴ、マブナ、オイカワ、ワカサギ、コイ、ハゼ。今号の特集は、行きたい水辺がきっと見つかるシンプルで奥深い釣りのベーシック集。その釣りの基本的な知識、道具選び、仕掛け作り、釣り方、生態などを幅広く紹介。 そのほか、秋シーズンを迎えたカワハギ釣り、タチウオ入門、キハダマグロ挑戦記、秋磯入門などをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中