カテゴリー

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A 装備とマナーについて

編集部 2022年1月22日

ランディングの際は分厚めのゴム手袋かショートギャフがあれば便利。ゴム手袋はオオニベを砂に上げた際にエラに手を入れるのに適していて、楽にランディングできます。素手では怪我します。必ずゴム手袋使用です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

湯村武広・押川昌弘=写真・文

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A ルアーの使い分けとアプローチについて

編集部 2022年1月22日

ナイトゲームの基本はただ巻きです。ただし、潮流に加えて手前に押してくる波と引く波があります。押してくる流れに乗ったら早巻きしてルアーが泳ぐテンションをしっかり感じること。引き波に乗った場合はスローでアピール。河口で川の流れや左右の潮の流れを強く感じる場合や足元の払い出しは、巻きを抑えて軽くロッドティップを煽るくらいのアクションも有効です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

...

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A  タックルとルアーセレクトについて

編集部 2022年1月22日

オオニベタックルはシーバスロッド9~10ftのMまたはMHクラスで20kgオーバーのオオニベは獲れる。リールは3000~4000でPEラインは最低300m、できれば400m巻ける番手。過去に200mのラインを全部出されて逃した人多数です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

湯村武広・押川昌弘=写真・文

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A 時合と釣行について

編集部 2022年1月22日

ベイトが午後から多く接岸する日。朝から昼前まで接岸する日。これを見切るのは潮の動くタイミングでの判断か、前日はどのタイミングでベイトフィッシュが寄り、周囲でオオニベが釣れたかを参考に、半日に絞るのが多いです。凪続きでベイトが多く接岸するタイミングでは、朝から夕方まで投げ続けます。この絶好のチャンスを仲間内でXデーと言っています。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

...

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A  潮周りと濁り・ウネリの対処について

編集部 2022年1月22日

ウネリで発生した波はかなりの勢いで波打ち際に押し寄せて引きます。特に、引き返しの波には要注意。砂ごと足をすくわれます。ゴロタ浜ではかなり大きめの石や流木が波でスネを直撃したなんてことも。寄せる大波は数分から数十分おきにやってきます。磯と同じで、その日の波を見て高低の感覚をつかむようにしましょう。サーフの釣りではウエーダーは必須ですが、ウエーディングのためではありません。

...

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A 宮崎サーフの特徴とターゲットについて

編集部 2022年1月22日

宮崎県はサーフ天国。しかし、同じサーフでも県北と県央では地形も水深も魚種も異なってくる。そんな宮崎サーフの実態を地元のベテランアングラーに教えてもらった。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

湯村武広・押川昌弘=写真・文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    東北のタチウオ、その実態を紐解く。

    THE WILD...

    THE WILD...