カテゴリー

Basser

Basser バス釣り厳選記事

バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門まで、
バス釣りの専門誌バサーのオンライン記事より、バスフィッシングの厳選した記事をお届けします。

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第5回(全6回)

編集部 2016年6月5日

午前中にベイトフィッシュのいるエリアの確認と この状況に合う動かし方の手がかりをつかんだ並木先生とふたりの生徒。 ふたりは釣れるアクションを演出できるのか?

並木先生の1尾からこの日はゆっくりアクションさせるのが有効だというヒントを得た生徒ふたり。ふたりともバスキャッチをめざしキャストを繰り返す

実践で学ぶアクションの使い分け

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年6月4日

田辺哲男先生のスピナーベイト道場!投げやすさ基準のウエイトのローテーションや、田辺先生がトレーラーフックを付けない理由、7ft6inのロングロッドの提案など目からうろこのQ&A

今回はウエイトの選び方と、そのほかのタックルチョイスの考え方を解説してもらう

ウエイト、トレーラーフック、ロッド

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第4回(全5回)

編集部 2016年6月4日

村川先生が煮詰めたタックルの使いやすさを体験したアマノ&アライ。 バスキャッチに意気込みを見せるふたりだったが……。

なかなかバイトを乗せられないアマノ(手前)に正しいアワセの動作を指導する村川先生

ズル引きとアワセの掟とは?

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年6月3日

舞台はクリアウォーターでポッパー&ペンシルにピッタリの河口湖。 でも、このときの気温は6月なのに9℃。 並木先生はどう対応するのか?

実践の場所は6月の河口湖。トップに出やすい時期には早すぎた感があったが、並木敏成先生はバッチリ釣り方を教えてくれた

6月の河口湖で実践! 気温9℃にもアジャスト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年6月2日

田辺哲男先生のスピナーベイト道場!今回はスピナーベイトの心臓部、ブレードについて学ぼう。

コロラド、ウイローリーフ、インディアナ。ブレードが変わればスピナーベイトの性格もがらりと変わる

ブレードについて知っておくべきこと

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第3回(全5回)

編集部 2016年6月2日

生徒ふたりはいよいよ湖上へ。 座学編で身に着けたノウハウを生かしてバスをキャッチできるのか?

いよいよ湖上で実践を学ぶ。アマノ&アライは先生のタックルの使いやすさにびっくり

今回から実践編:ベイトフィネスを煮詰めた尖った釣り

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月1日

前回ネコリグのメリットと合わせるロッドを学んだアマノ&アライ。 今回はワーム、シンカー、フックの組み合わせを勉強する。

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年5月31日

並木敏成先生は釣れる魚がより多くなるという視点で タックルをセレクトしている。 ポッパー&ペンシルベイトで釣果を伸ばすためのタックルはこう選ぶ!

ポッパー&ペンシルベイトにはショートロッドよりも6ft6in前後のモデルを合わせる方が釣れる魚は多くなると並木先生。その理由とは?

タックルセレクトの基本……ロッドから交換用フックまで

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年5月30日

減水傾向にある近年の霞ヶ浦で、 ベイトフィネスで扱うネコリグの有効性が高まっているという。 撃ってよし、ズル引いてよしのネコリグの肝を教わりに 編集部員が村川勇介先生に押しかけ弟子入り!

2011年、W.B.S.アングラー・オブ・ザ・イヤーを獲得した村川先生がシャローねらいの強力なアイテムであるネコリグを解説

ネコリグのメリットと適したロッド

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第2回(全6回)

編集部 2016年5月29日

ポッパーやペンシルベイトは、 得意とするアクションが異なるさまざまなタイプがある。 それぞれの特徴を把握して使い分けよう。

ペンシルベイトやポッパーは浮き姿勢や得意とするアクションの違いでさらに細分化できる。ひとつひとつのルアーの個性を理解して使いこなそう

タイプ別の特徴を覚えよう

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第5回(全6回)

編集部 2016年6月5日

午前中にベイトフィッシュのいるエリアの確認と この状況に合う動かし方の手がかりをつかんだ並木先生とふたりの生徒。 ふたりは釣れるアクションを演出できるのか?

並木先生の1尾からこの日はゆっくりアクションさせるのが有効だというヒントを得た生徒ふたり。ふたりともバスキャッチをめざしキャストを繰り返す

実践で学ぶアクションの使い分け

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年6月4日

田辺哲男先生のスピナーベイト道場!投げやすさ基準のウエイトのローテーションや、田辺先生がトレーラーフックを付けない理由、7ft6inのロングロッドの提案など目からうろこのQ&A

今回はウエイトの選び方と、そのほかのタックルチョイスの考え方を解説してもらう

ウエイト、トレーラーフック、ロッド

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第4回(全5回)

編集部 2016年6月4日

村川先生が煮詰めたタックルの使いやすさを体験したアマノ&アライ。 バスキャッチに意気込みを見せるふたりだったが……。

なかなかバイトを乗せられないアマノ(手前)に正しいアワセの動作を指導する村川先生

ズル引きとアワセの掟とは?

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年6月3日

舞台はクリアウォーターでポッパー&ペンシルにピッタリの河口湖。 でも、このときの気温は6月なのに9℃。 並木先生はどう対応するのか?

実践の場所は6月の河口湖。トップに出やすい時期には早すぎた感があったが、並木敏成先生はバッチリ釣り方を教えてくれた

6月の河口湖で実践! 気温9℃にもアジャスト

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年6月2日

田辺哲男先生のスピナーベイト道場!今回はスピナーベイトの心臓部、ブレードについて学ぼう。

コロラド、ウイローリーフ、インディアナ。ブレードが変わればスピナーベイトの性格もがらりと変わる

ブレードについて知っておくべきこと

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第3回(全5回)

編集部 2016年6月2日

生徒ふたりはいよいよ湖上へ。 座学編で身に着けたノウハウを生かしてバスをキャッチできるのか?

いよいよ湖上で実践を学ぶ。アマノ&アライは先生のタックルの使いやすさにびっくり

今回から実践編:ベイトフィネスを煮詰めた尖った釣り

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第2回(全5回)

編集部 2016年6月1日

前回ネコリグのメリットと合わせるロッドを学んだアマノ&アライ。 今回はワーム、シンカー、フックの組み合わせを勉強する。

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第3回(全6回)

編集部 2016年5月31日

並木敏成先生は釣れる魚がより多くなるという視点で タックルをセレクトしている。 ポッパー&ペンシルベイトで釣果を伸ばすためのタックルはこう選ぶ!

ポッパー&ペンシルベイトにはショートロッドよりも6ft6in前後のモデルを合わせる方が釣れる魚は多くなると並木先生。その理由とは?

タックルセレクトの基本……ロッドから交換用フックまで

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

村川勇介のベイトフィネス・ネコリグ道場 :第1回(全5回)

編集部 2016年5月30日

減水傾向にある近年の霞ヶ浦で、 ベイトフィネスで扱うネコリグの有効性が高まっているという。 撃ってよし、ズル引いてよしのネコリグの肝を教わりに 編集部員が村川勇介先生に押しかけ弟子入り!

2011年、W.B.S.アングラー・オブ・ザ・イヤーを獲得した村川先生がシャローねらいの強力なアイテムであるネコリグを解説

ネコリグのメリットと適したロッド

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第2回(全6回)

編集部 2016年5月29日

ポッパーやペンシルベイトは、 得意とするアクションが異なるさまざまなタイプがある。 それぞれの特徴を把握して使い分けよう。

ペンシルベイトやポッパーは浮き姿勢や得意とするアクションの違いでさらに細分化できる。ひとつひとつのルアーの個性を理解して使いこなそう

タイプ別の特徴を覚えよう

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。