毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

津波から身を守るために

津波から身を守るために

つり人編集部=写真と文

内閣府が昨日公表した
南海トラフの巨大地震の被害想定は、
これまでの想定を大きく上回りました。

死者は従来想定の13倍で
津波による死者は、なんと23万人に達するとか。

東日本大震災の教訓を生かし、
科学的に起こり得る最悪のケースを反映させたためだそうですが
最も危険な原発とされる
浜岡原発だけは
これまでの推定津波21メートルから
19メートルに引き下げられていましたよ。

ホワイ?

ちなみに、我が家は川崎のゼロメートル地帯にあります。
3メートルの津波が予想されていました。

震災以降、
津波から身を守るために注目されているのが
ライフジャケット。

実際、東日本大震災でも
ライフジャケットで助かった人もいたそうです。



写真は釣り用のライフジャケットで
普段はとってもコンパクトに収納でき
緊急時に手動でヒモを引っ張って膨張させるタイプと
水に濡れると自動的に膨らむタイプがあります。

我が家には、自動膨張タイプが2着
従来タイプが4着
子ども用が2着あります(あり過ぎ?)

ちなみに、私は津波に遭った経験はありませんが
これまで海に落水したことが2度あり
2度ともライフジャケットに救われました。

(山根)





2012/8/30

<< 2012/8 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中