毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

「怪物魚を追え!」座談会再び

「怪物魚を追え!」座談会再び

つり人編集部=写真と文

怪物魚を追え!
という番組をご存知でしょうか。

ディスカバリーチャンネルで世界209か国に放送中の
淡水大魚釣りドキュメンタリー番組で
釣り好きならつい見入ってしまいます。

昨年、月刊つり人誌上で同番組の座談会記事を載せたところ
これが、なかなか好評だったようで
今月から始まったシーズン4でも
編集部員による座談会の依頼がきました。

シーズン4は全7話からなりますが
なにがいいって
放送前の番組も全部見られること。
しかも、仕事中に堂々と。

そういえば昔
ファミコンとかセガの釣りゲームの新製品紹介を連載していたときも
仕事と称して編集部で一日中、釣りゲームやっていたっけ。。。

それはさておき
2月21日放送予定の第7話
「ザンペジ川のモンスター」の番組の中で
ホスト役を務める生物学者のジェレミー・ウェイドが、
興味深いことを言っていました。

ザンベジ川はジンバブエとザンビアの国境を流れるアフリカの大河で
上流部にカリバダムという世界有数の大規模ダムがあります。

周辺はダムができたことにより気候が変わってしまったと
ジェレミーは言うのですが
大規模ダム建設により気候が変わるという話は私も聞いたことがあります。

世界最大のダムとして知られる中国の三峡ダムができてから
周辺の気候は様変わりし
その影響が九州などにも及んでいるのではという説を唱える人もいます。

東シナ海~日本海にかけてのエチゼンクラゲの異常発生も
三峡ダムの影響を疑っている研究者もいます。

何しろ地震を誘発する可能性がある
といわれるくらい巨大なダムですから
それが地球環境にどのような影響を及ぼすかは
まったくもって未知数。

ダム工事で立ち退きを迫られた人の数は
150万人にものぼるといわれ
長江哀歌なんて映画にもなりました。
(もちろん映画館で観ました!)

総貯水量の393億立方メートルは
日本のダムの総貯水量の2倍もあるとか。

それこそ、とんでもない巨大魚を育む可能性だって……。

ちなみに、ザンベジ川はアフリカ第4の大河ですが
ナイル川に次ぐアフリカ第2の大河、コンゴ川には
この三峡ダムの倍近い規模のダムの建設が計画中らしいです。
もう、こうなるとダムというより海といったほうがいいような。

カリバダムの巨大魚の話をしたいところですが
ネタバレになってしまいそうなので。。。

(山根)




2013/1/17

<< 2013/1 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中