毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユ友釣りの歴史

アユ友釣りの歴史

つり人編集部=写真と文

釣りは世界で最も人口の多い趣味といわれ
日本でも一時期よりは減ったとはいえ
800万人以上がいると推測されています。

ひとことで釣りといっても
海釣りもあれば川釣りもあり
エサ釣りもあれば、ルアーやフライ釣りもあります。

ジャンルによって
とっつきにくかったり
手軽に始められたり
ファミリーで安心して楽しめる釣りもあれば
危険と隣り合わせの玄人向けの釣りもあります。

これら、さまざまなジャンルの釣り人から
いつかはやってみたいけど
おいそれと手出しできない
と一目置かれているのが、アユの友釣りです。

エサでもルアーでもフライでも
魚に口を使わせて釣るのが釣りの基本です。

しかし、友釣りは、魚の食性に訴えるのではなく
アユの闘争本能を刺激し
掛けバリを忍ばせたオトリアユに野アユを挑発させ
体当たりしてきたところでハリに掛けるという
世界でも類を見ない釣法です。

釣り愛好家が友釣りになかなか手を出せないのは
その独特の釣法に尻込みしてしまうということもあるかもしれませんが
「一度やったら必ず病みつきになる」
と友釣りファンが異口同音にしているからだと思われます。

それにしても、この世にも奇妙な釣法は
いつ、どうやって生まれたのでしょうか。

これまで、多くの人が、アユ友釣りのルーツを研究してきましたが
今春、その決定版ともいえる書籍が発売になりました。

その名も
鮎友釣りの歴史




江戸から平成まで
友釣りは日々進化する
日本の文化遺産だ。

とキャッチコピーにありますが
この本には友釣りの起源から
変遷、発展までのすべてが解説されています。

ちなみに、表紙に写っている小汚い格好の釣り人は
月刊つり人の創刊者であり
友釣りの魅力を広く世間に知らしめた
随筆家の佐藤垢石。

佐藤垢石は井伏鱒二の釣りの師匠でもあり
井伏作品の中にもしばしば登場します。

同書にも、井伏と垢石のエッセイが収録されています。

アユ釣りファンならずとも必見の一冊です。

(山根)











2014/3/13

<< 2014/3 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中